2020年3月22日 (日)

警察署の鍵のプリント

 Blenderのレンダリングで本物みたいなきれいな画像が簡単に得られると、わざわざプリントして、サポートを除去して、表面処理して、塗装する手間を考えてしまう。

先週末は子供の都合で仕事を休んで時間があったので、そうはいっても試しに横にしてプリントしてみた。

Setting_20200319170601

なぜかサポートが消えた。これってひょっとしてPhotonのファームウェアのバグじゃないのかと疑っている。また、ちゃんとプリントできたものでも、2次硬化で変形して曲がってしまった。横にしてプリントしたのがいけなかったかな。

Dsc05310

時間はかかるけど、縦にしてプリントしてみた。

Settingvertical

Dsc05311

これだと2次硬化でも曲がることはない。

塗分け用にマスキングゾルを買ってみたけど、カッターでの切り出しはできませんとビンに書いてある。あの付属の太い刷毛で細かい塗り分けは不可能なので、マスキングゾルの使い道が謎。買ってみたけど、結局使い道が思い当たらない。

ガンダムマーカーのようなペンタイプでシルバーを塗ってみた。老眼だとよく見えないけど、写真にとると雑なのがわかる。

Dsc05318r

Dsc05319r

Dsc05317r

Dsc05316r

セリアの写真たては、ガラス入りで100円は安すぎる。

Dsc05315r

データをThingiversにアップロードしたけど、リニューアルされてから重すぎてまともにアクセスできなくなってしまった。

追記:

Thingiversはとうとうオワッタと思ったけど、速度は改善された。でもまだVIEWがゼロとかバグっている。軽量化のためかライクやダウンロードといったいろんな統計値が表示されなくなっているのは残念。

2020年3月17日 (火)

ちょっと息抜きに警察署の鍵

カーモデルのモデリングは難しい。まずは、簡単なものから練習する。

Screenshot01_20200317200601

レンダリングしたら本物っぽくてかっこいい。レンダリングは時間がかかる。Blenderはマルチスレッドに対応しているみたいで、久しぶりに高性能なPCが欲しくなった。

Renderingclover01

Renderspade01

Renderingheart01

Renderingdiamond03

エメラルド、サファイア、ルビー風のマテリアルにしてみた。実際の設定とはちょっと違うかも。

 

2020年3月16日 (月)

オロチつづき

ライト周りとか、ドアとか、サイドのエアインテークとか、細部の処理をどうやったらいいかよくわからない。だんだん苦痛になってきた。

Screenshot04

2020年3月13日 (金)

オロチのモデリング開始

高岡で実物を見たことがある。初心者にはハードルが高すぎるかも。メッシュが細かくなりすぎないように注意して面を貼っていく。

Screenshot01_20200313204501

2020年3月11日 (水)

Honda RA106のタイヤ

一度は挫折して使うのをあきらめたBlenderだけど、バージョン2.8になってインタフェースが少し使いやすくなり、ようやくBlenderの使い方に慣れてきた。作りたいものが少しだけ作れるようになってきた。

Honda RA106のタイヤとホイールはFerrari GA2003 と同じに見えるので、フジミのキットから流用しても良いけど、今はプレミア価格でしか入手できない。

CAD画面上ではどこが悪いのか修正点がわかりにくいので、まずはプリントしてみた。そうすると修正点がたくさんわかるから不思議。

Dsc05299r

修正してThingiversにアップロードした。今度時間があるときにプリントしてみる。

Screenshot05

フロントタイヤ ドライ レイン(インター)

リアタイヤ   レイン(インター)

フロントとリアの直径は同じということを今回初めて知った。てっきりリアの方が直径が大きいと思ってた。

追記:

プリント後に修正すると思わなかったので無駄にプリントしてしまった。最初ホイールナットを6角形にしたけど、プリント後にギザギザに変更した。

Dsc05309

2020年3月10日 (火)

Honda RA106 フロントノーズのプリント

翼端板を修正。

Render02

試しにプリントしたのは修正前のモデル。ウィングステーがウィングとつながってなかった。

Dsc05296

すべてのパーツをモデル化するのは大変そうだから、元になるプラモデルをアマゾンに発注したら、同じモデルのクリアボディーをすでに組んでた。本当は2006年の248が良いかと思ったけど価格がすごく高いので、安くはないけど248の半額のF2001を注文した。

Dsc05297r

2020年3月 7日 (土)

F1のモデリングの続き

Honda RA106っぽいものをモデリング開始。デアゴの冊子ではキューブからスタートしてループカットしてエッジを増やして変形していく方法を学んだが、YouTubeを見るとカーモデルのボディーは、エッジをエクスクルードして面を貼っていく方法が主流のようなので、やり方を変えた。目標は1/20スケールのRA106を組み上げること。完成までいつまでかかるか?

この年代の別のキットを買ってシャシーは流用するのも良いかなと思って248の値段を調べたらプレミア価格で買えない。安い時に買っておけばよかったけど、フェラーリに興味がなかったのでしょうがない。

Screenshot01_20200307185601

いろいろ修正中。

Screenshot02_20200309074901

STLファイルに変換してみた。

Screenshot03_20200309102501

同時に、この手法でCherry F-11もモデリングしなおしている。

Screenshot01_20200307190301

«初めてのF1モデリング

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ