カテゴリー「1/20 Williams FW14B」の16件の記事

2012年2月19日 (日)

1/20 Williams FW14B 完成

アンテナとミラーをゼリー瞬着、窓ガラスを水性アクリルクリアーで固定してとりあえず完成。
今回はラクダの自作デカールをソフト99のクリアでぶよぶよにしてしまい台無しに。クリアを厚くすれば段差を消せるかと思ったら、逆にシンナーを吸って膨れあがってしまったようだ。

よく考えたらフジミのF1はいくつか積んでるけど組み立てたのは今回が初めてだった。キット自体はカウルもばっちり合うし、特に難しいところもない。しいて言えば、ポリキャップがかたくてピンがなかなか入らなかったくらい。配線をちょっと追加したくらいで特にディテールアップしなくてもリアルに見えるので、価格は高いけどその分楽しめた。塗りわけの指示がもっと丁寧ならもっと良かった。マシンもかっこいいし残した成績も抜群なんだけど、これが好きなマシンだったらもっと最高だったのに。
Img_0097 Img_0105

Img_0106 Img_0103

1/20 Williams FW14B モノコックとシャーシの組み立て

時間がかかったが、ようやく完成の一歩手前まで到達した。転写シールで自作したデカールが、おそらくソフト99のクリアーのシンナー成分にやられてぶよぶよになってしまったことがモチベーションダウンの原因。ここまでひどいのは初めて。
Img_0068_camel

モノコックをシャーシに接着した。
Img_0062 Img_0063

リアウィングを取り付けてシャーシはほぼ完成。
Img_0074 Img_0077

肝心のカウルの研ぎ出しがまだ途中のままだけど、ほぼ完成。
Img_0081 Img_0088

あとは、細かめのコンパウンドでみがいて、ミラーと窓ガラスを取り付けたら完成。
Img_0085

2012年2月18日 (土)

1/20 Williams FW14B ラジエターダクトの塗りわけ

パイピングがもう面倒になってきた。φ0.3mmのドリルも折ってしまったので、ここら辺であきらめる。
Img_0060

サーモラベルのデカールがたくさんついている。実物との大きさ比較。温度レンジの異なるA~Eまでが手元にある。もう古いので使えないかもしれない。
Img_0056 Img_0054

2012年2月17日 (金)

1/20 Williams FW14B カーボンデカール貼り

ウェブで作例をググッたらバルクヘッドの塗りわけが間違っているようなので修正。インストには塗りわけの細かい指示がないのは手抜きじゃないのか?アクティブサスの配管を伸ばしランナーで作って一部追加。伸ばしランナーって意外と折れたりしないのでパイピングに使えるかもしれない。現時点で、一応カウルとは干渉していない。
Img_0050 Img_0051

電装部品が細かく再現されているけど、全部一体成型。2日かけてカーボンデカールを細かく切って貼った。つかれた。
Img_0048

2012年2月16日 (木)

1/20 Williams FW14B アップライトとサスペンションの組み立て

やっぱりディスクとキャリパーが別部品になっていると塗り分けが楽でいい。どうせタイヤをつけたら見えないので、ベンチレーテッドディスクの穴は筆で手塗り。
Img_0015 Img_0019

別売りのエッチングパーツを使うことを考慮してあるためか、エッチングパーツを使わないとディスクが薄くてキャリパーがスカスカ。タイヤをつけてみると、わずかに見えるキャリパーがかっこいい。
Img_0026 Img_0027

フロントとリアのアップライトを取り付け。インストではマスターシリンダー(?)の指定色が赤(H12)だけど、きっと誤植に違いない。常識的なつや消し白にした。
Img_0042 Img_0033

インダクションポッドのところの部品にパイプを追加。あとはサイドポンツーン内の電装部品の塗りわけが残っているけど、これがめんどくさそう。
Img_0046

2012年2月15日 (水)

1/20 Williams FW14B モノコックとシートベルトの組み立て

某掲示板の情報によれば新潟で週刊マクラーレンMP4/4が先行発売になるらしい。絶対無いと思っていたホンダF1、ほしい。でもたぶん財務大臣の許可が下りない。まあ、今回のMP4-23はデカイだけがとりえで、細部の再現はプラモデルの方がリアルなくらいの出来だったので、次も同じだと思ってあきらめる。でもエンジンだけでも欲しい。

FW14Bにはシートベルトが付属するので組み立てた。別に買うと500円もするので付属するのはありがたい。
Img_9994

エッチングパーツを取り付けた。缶サフを吹いたらせっかくのエッチングパーツが埋もれてしまったので、シンナーにドボン。インストに色の指示がほとんどないので適当に塗り分けた。
Img_9996 Img_0008

塗りわけがはみ出したけど完成後は隠れるのでそのまま。
Img_0001 Img_0003

メーターとシートを後はめできるようにダボを切り取り済み。
Img_0011 Img_0013

2012年2月14日 (火)

1/20 Williams FW14B インダクションポッドの組み立て

熱はないけど咳が出て、とにかくだるい。インフルエンザではないと思うが風邪をひいてしまったのかもしれない。

エンジンに空気を送り込む部分(インダクションポッドのエアインテーク?)にカーボンデカールを貼った。せっかくファンネルがきれいに塗りわけできたと思っていたのに隠れてしまう。あと、デカールで提供されているサーモラベルをいくつか貼った。
フロントのリアクティブサスの塗りわけを8割がたインスト通りに塗り分けた。このサイズだとパイピングは無理。
Img_9991 Img_9987

2012年2月13日 (月)

1/20 Williams FW14B リアサスの組み立て

インストの指示によれば、リアサスはセミグロスブラック一色なのでらくちん。このころはまだスチール製なんだろうか。リアクティブサスなのでスプリングがない。エンジンの分割は少なくパーツが非常に少ない。あとは自分でパイピングしろってことなのかもしれないけど、まあ無理。

ラジエータパイプをどう接着していいか分からないのでラジエータと仮組み。
どこがずれているのか、エキパイがエンジンとシャーシの穴で合わない。この程度のことは良くある、というかぴったり合ったためしがない(涙
Img_9977 Img_9979

サスのところのカウルのダボを折ってしまったり、塗装面に指紋をつけてしまったりで、モチベーションがダウン。もう投げ出して次のキットに手をつけたいくらい。いっそのこと、カウルは接着してしまった方がいいかもしれない。
Img_9981 Img_9980

2012年2月12日 (日)

1/20 Williams FW14B エンジンの組み立て

銀塗装の前の黒下塗りを夏の湿度が高いときにやってあったようで、かぶってざらざらになっていた。そのまま銀を塗装したらウェザリングしなくても汚い感じになった。
Img_9971 Img_9973

ファンネルの塗りわけはいつもどうしたらよいか迷う。ウェブの作例を見ていたらエナメルでふき取りをやっている人がいたので真似してみたら、結構うまくいった。完成時にはまったく見えないけど。エキパイの塗装は実写画像を参考にせずに、雰囲気重視で適当に。
Img_9962 Img_9960

Img_9975

2012年2月11日 (土)

1/20 Williams FW14B ウィングの組み立て

クリアが乾燥したので組み立てた。そろそろエンジンの組み立てに取りかかりたい。
Img_9944 Img_9947

Img_9952

その他のカテゴリー

1/100 リックドム MS-09RS 1/12 Fairlady240ZG 1/12 Ferrari 312T4 1/12 Honda NSR250 2001 1/12 Honda RC211V No.26 2006 1/12 Honda RC213V 2014 1/12 ITALERI RENAULT RE20 1/12 Porsche 935 1/12 Williams FW14B 1/12 YAMAHA YZR-M1 '04 No.17 1/12 YAMAHA YZR-M1 '05 No.46 1/12 YAMAHA YZR500 OW48 1/12 タイレルP34 1/20 Beneton Ford B192 1/20 Brabham BT46 1/20 Brabham BT46B 1/20 Brabham BT52 1/20 Ferrari 312T2 1/20 Ferrari F10 1/20 Ferrari F2001 Full View 1/20 Ferrari F2003 GA 1/20 Ferrari F2012 1/20 Honda RA272 1/20 Lotus 25 1/20 Lotus78 1/20 McLaren Honda MP4-30 1/20 McLaren Honda MP4-31 1/20 McLaren M23 1/20 McLaren MP4-13 1/20 McLaren MP4-27 1/20 McLaren MP4/4 1/20 McLaren MP4/5 1/20 McLaren MP4/5B 1/20 McLaren MP4/6 1/20 Porsche 928s 1/20 Red Bull RB6 1/20 Renault RE30B 1/20 Sauber C30 1/20 Sauber C31 1/20 Tyrell Honda 020 1/20 Tyrrell 003 1971 1/20 Williams FW11 Honda 1/20 Williams FW14B 1/20 Williams FW14B 2nd 1/20 Williams FW16 1/20 Williams FW24 1/20 タイレルP34 1976 1/20 タイレルP34 1977 1/20 タイレルP34 1977 US GP 1/24 BMW Z4 GT3 2011 1/24 Castrol Tom's Supra GT 1/24 Celica GT-Four 1/24 Countach LP400 1/24 Dome-0(Zero) 1/24 Fairlady S30Z 1/24 Fairlady Z31 300ZX 1/24 Ferrari 288GTO 1/24 Ferrari 328GTB 1/24 Ferrari 512BB 1/24 Ferrari Enzo 1/24 Ferrari F10 1/24 Ferrari Testarossa 1/24 Ford GT Le Mans 2017 1/24 Honda DAD Step WGN RF3 1/24 Honda New NSX 1/24 Honda NSX Type R 1/24 Honda Prelude 1/24 Honda Prelude XX 1/24 Honda S800 Racing 1/24 Jordan Mugen HONDA EJ10 1/24 Lancia Stratos 1/24 Lancia Stratos Turbo 1/24 Lexus LFA 1/24 Lexus LFA Full View 1/24 Mazda 787B No.55 1/24 Mazda Savanna RX-7 1/24 McLaren MP4-25 1/24 Nissan R390 GT1 1/24 Porsche 911 turbo'85 1/24 Porsche 935-78 1/24 Porsche 936-78 1/24 Porsche935 1/24 Subaru 360 1/24 Subaru BRZ 1/24 Subaru Impreza WRC2001 1/24 Suzuki Jimny JA71-JCU 1/24 TOYOTA Celica LB Turbo 1/24 TOYOTA GT-ONE TS020 1/24 Toyota TE71 カローラ 1/24 Wolf Countach 1/24 ギャラン ラムダ 1/24 マッハ号 1/35 King Tyger Ardennes front 1/35 M106A1 モーターランチャー 1/35 Tyger I Late Version 1/35 戦車 1/350 H-II B ロケット 1/48 ドールズハウス 1/48 飛行機 1/6 Suzuki GSX1100S KATANA 3Dプリンター RaspberryPi TDF-MRI マグマライザー その他 カブトムシ クワガタカブトムシのモデリング ゲーム ジャンクパーツ パソコン・インターネット ラジコン 世界の昆虫 DATA BOOK 和風ドールズハウス 家を買う 携帯・デジカメ 日記・コラム・つぶやき 育児 資格 赤毛のアンの家 週刊マイ3Dプリンター 週刊マクラーレンMP4-23 電子工作 音楽

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ