« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

メッシュホース

ダイソーにいったらたまたま目にとまったのでいつ使うかわからないけど買ってきた。サイズはφ1mmなので1/24にちょうどよさそう。
Img_1688 Img_1691

さすがにゴールドはういてしまいそうなので黒で着色して使ってみた。
Img_1693b

2012年6月28日 (木)

1/24 Ferrari 512BB 足回りの組み立て

スプリングはセオリー通りのエナメル塗料のふき取りで。ただし、モールドが浅いため綿棒だと全部ふき取ってしまうので、厚い紙に溶剤をつけてふき取った。
ディスクとキャリパーはどうせ完成時にはほとんど見えないので手抜き。キャリパーに何か文字が書いてあるけどつぶれてて読めない。たぶんFerrariと書いてある。ここはデカールをつけてくれるとありがたいんだけど。
Img_1680_2 Img_1681

シャーシ裏とサスはインストではつや消し黒一色の指定。今回はサスは塗装しないでも良いかな。
Img_1686 Img_1685

ウェブ上で大きすぎるとうわさのホイール。個人的にはインチアップは嫌いじゃないし、言われなければまったく問題があるとはわからない。でも、タイヤ内径よりホイールの直径が4mmも大きく、ホイールを無理やり押し込まないとタイヤに入らないので、ゴムが劣化したら切れないかちょっと心配。
自分の車には必ず5本スポークのアルミホイールをつけているのは、子供のころみていたフェラーリの影響かもしれない。
Img_1687

2012年6月27日 (水)

1/24 Ferrari 512BB エンジンの組み立て その3

少ないパーツと大胆な省略でリアリティーより組みやすさ重視のエンジンだけど、プラグコードを追加することで見栄えがかなりよくなる。カウンタックも同様だけどプラグコードがないと寂しすぎる。ただし、エンジンの裏側はやっぱり物足りないけど、あまり裏返して見ることもないので問題ないかな。2台目を組み立てるとしたらエアクリーナーのかわりにハトメを12個使ってファンネルにしたい。
Img_1677 Img_1678_2

2012年6月26日 (火)

1/24 Ferrari 512BB エンジンの組み立て つづき

残り半分のプラグコードを取り付けた。アドラーズネストのリード線が途中でなくなったのでMFHのも使った。2mあったコードがもうなくなってしまったのでまとめ買いしておいてもよいかもしれない。
イグニッションコイルをランナーから適当に作ってみた。エンジンルームの枠のパーツを取り付けて、カウルと干渉しない位置を確認してから接着するのでなくさないように保管。
Img_1670 Img_1673

2012年6月25日 (月)

1/24 Ferrari 512BB エンジンの組み立て

クリアーを乾燥させる間にエンジンを組み立てる。パーツが少ないのであっという間に完成。ヘッドカバーががっつり省略されてのっぺらぼう。
エキパイの指定色はゴールドだけど、金色に見えるだけで金は使ってないはず。焼けた感じを出すのはなかなか難しい。シルバーに塗ってから、クリアーオレンジとフラットブラックを吹いて、つや消しクリアーを吹いた。接着剤のついたところを触ってしまって塗装がはげたので、ドライブラシでごまかした。
Img_1652 Img_1655

エアクリーナーにほとんど隠れてしまうけど自己満足でプラグコードを追加してみた。アドラーズネストの超極細リード線φ0.4mmをつかったけど適度なやわらかさで使いやすい。半分だけ終わったところでドリルを折ってしまったし、もう時間も遅くなり寝なきゃいけないので、今日はここで終了。
Img_1666

2012年6月24日 (日)

1/24 Ferrari 512BB ボディー塗装

天気は悪くないけど湿度は高いので油断できない。
お決まりのピンク下地、モンザレッド、スパクリIII、中とぎ、ソフト99ボデーペンの塗装まで終了。ガイアのEXクリアーを切らしてしまったので今回はスパクリIIIを使ったが、濃すぎたのか粒が飛んだ。少し希釈して塗り重ねると結構つやが出たので、スパクリIIIも悪くないかも。一方、ソフト99ボデーペンは希釈が不適切だったのか、なかなかつやが出てくれなかった。
Img_1646 Img_1649

2012年6月23日 (土)

1/20 Ferrari 512BB テールランプの修正

テールランプはオレンジとクリアのコンビネーションでなければいけないのに、残念ながらオレンジ色のパーツが提供されるので、自分で塗りわけができない。いつ、もはインスト通りに組み立ててディテールアップはあまりしない(できない)派だけど、このテールランプはどうしても修正したい。色つきのクリアパーツはありがたいけど、こういう中途半端なことをされるくらいなら、透明パーツを自分で塗りわけのほうがありがたい。

オレンジのパーツに穴を開けて透明な棒を挿すだけのことだけど、穴が中心からずれたり、修正しているうちにどんどん穴が大きくなっていったりと、一時はどうなるかと心配したけど、最終的になんとかなった。(なってないか?)
透明部分はランナーを削って直径を調節して、断面を斜めに整形した。
Img_1642 Img_1643

2012年6月21日 (木)

1/24 Ferrari 512BB 組み立て開始

組み立てたかったキットのひとつがこの512BB。約30年前の子供のころにもメーカーは不明だけど無塗装で組み立てたことがある。麦球を入れてライトを点灯させたことをおぼえている。実物は見たことないけど、365GT4BBなら見たことがある。カウンタックよりスペック上の最高速がちょっとだけ速いということで512BBが一番のスーパーカーだと信じてた子供のころ。ちなみにポルシェはリトラじゃないから各下扱いだった
Img_1313

ボディーのいたるところがヒケてるけど気にしない。サフを吹くところまで終了。
Img_1314 Img_1637

2012年6月20日 (水)

1/20 Sauber C30 完成

エンジンとか見えないところはばっさり省略されているはずなのに時間がかかったけどようやく完成した。塗りわけのミスとかもあったけど修正してごまかせたかな?
Img_1613 Img_1621_2

Img_1623 Img_1617

Img_1618 Img_1619

Img_1625 Img_1628

Img_1632 Img_1630

追記:
ノーズコーンのデカールが間違っていて、連絡した人には修正デカールが送られるらしい。もう完成してしまったし、指摘されなければ気付かなかったし、細かいことは気にしない。

2012年6月19日 (火)

1/20 Sauber C30 フロントウィングとリアウィングの組み立て

フロントウィングの組み立てがこのキットの最大の難関かもしれない。小さなパーツの接着面積が小さいのできれいに、しかも強度を確保して組み立てるのは簡単ではない。結局裏側から瞬着を流し込んでやったのでの、裏は汚い。
Img_1597 Img_1608

リアウィングは特に問題なく、ぴったりと取り付けられた。
Img_1589 Img_1595

ここが空っぽ。なにか隠しアイテムでも仕込んでおきたくなる。
Img_1609

ちょっと高すぎるかとおもった車高も、フロントウィングをつけるとあまり気にならない。実車写真と同様にちゃんとモノコックの先端部がもっとも地上高が低くなっている。
Img_1610 Img_1612

あとは、アンテナをつけたら完成。アンテナは虫ピンにしたほうがいいか?

2012年6月18日 (月)

1/20 Sauber C30 タイヤの取り付け

たくさんある空力パーツをいちいちクリア塗装して中研ぎして、またクリア塗装してとやっているのでなかなか完成しない。その合間に少しでも進めるつもりでオンボードカメラを取り付た。
Img_1579

タイヤも取り付けてみる。車高が高いように感じたので実車写真を見てみると、実車もリアは意外と車高が高いようで、リアが高くフロントが低く傾斜がついているようにも見える。F1って車高がべったりと低いというのは思い込みだったのかもしれない。以前組み立てたドイツレベルのMP4-25やF10もスケールが違うけどアンダートレイのサイドは結構地上高がある。
Img_1577 Img_1587

2012年6月16日 (土)

1/20 Sauber C30 カーボンデカール貼り

時間がかかったけど、ようやくカーボンデカールを貼りおえた。もう少し湿度が下がったら保護用クリアを吹きたい。明日は晴れるかな?
Img_1573

2012年6月15日 (金)

1/20 Sauber C30 モノコックの取り付け

ケースに入れる予定はないけどナットを取り付けておく。
ミッション&リアサスをアンダートレーにとりつけ、モノコックも接着。
Img_1571 Img_1555

かなり全体像が明らかになってきたけど、フロントウィングのパーツが細かいので時間がかかり、一気に完成とはいかない。
Img_1553 Img_1558 

2012年6月13日 (水)

1/20 Sauber C30 フロントウィングとリアウィング

リアウィングの裏はセミグロスブラックで塗装するよう指示されている。だまされないぞ。裏も白だから。
ほかのパーツは裏表を確認して、裏を黒で塗装。
Img_1549 Img_1552

カーボンデカールを細く切って貼りつけ。今日はここまで。いつになったら完成するのやら。
Img_1548 Img_1551

2012年6月12日 (火)

1/20 Sauber C30 ノーズコーンの取り付け

まだフロントウィングにはまったく手をつけていないが、インストの指示通りノーズコーンをモノコック(ボディー?)に接着した。ノーズコーンにドリルで穴を開ける指示があるのを見落としていたが、なんとか穴を開けてパーツを取り付けることができた。
Img_1527 Img_1531

細かい空力パーツを取り付けたらあと残りはフロントウィングとリアウィングのみとなる。これらの塗装をしないといけないが、あいにく梅雨入りで毎日雨。
Img_1540 Img_1542

2012年6月11日 (月)

1/20 Sauber C30 アンダーパネルの塗りわけ

地味だけど意外と手間がかかったアンダーパネル。カーボンデカールは目立つところだけ貼って、あとは勿体なのでセミグロスブラックの塗装で済ませた。Img_1518 Img_1521

PC電源故障

朝、tsファイルのエンコをスタートしてから出勤して、帰宅したらPCの電源がおちていた。停電でもあったかと思ったが電源ボタンを押しても起動しない。また電源の故障かと思ったらやっぱりそうだった。現在のマザーボード(p5k-e)にしてから3回目の電源故障なのでひょっとして故障の原因がマザーボードにあるんだったら電源をいくら交換してもだめなのか?

電源をあけてみると、コンデンサが焼けていた。これだと音と煙が出たはず。コンデンサを取りはずして容量を計測してみると表示どおりの2.1μFあるので、焼けてはいるけどコンデンサの役目は失われていない。故障の原因はほかにあるということなので、コンデンサが焼けた理由がわからない限りこれを交換しても問題は解決とはなりそうもない。
Img_1523 Img_1526

追記
手持ちのコンデンサで大きさがちょっと違うけど耐圧と容量が同じものがあったので取り付けてみた。おそるおそる電源を入れると予想外に起動した。焼けた理由がわからないと焼けた部品だけ交換しても使い続けるのは怖いけど、予備としては十分。埃だらけだったのが故障の原因だとしたら定期的な掃除をすればいいけど、PCって普段机の下に押し込んでいるのでなかなか掃除をするのが億劫になってしまう。
Img_1533 Img_1535

2012年6月10日 (日)

1/20 Sauber C30 フロントサスの組み立て

週末の土日は子供の相手をしたり昼寝をしたりと、意外とプラモの組み立ては進まない。おまけに土曜日は梅雨入りして一日中ずっと雨。小学校の運動会も日曜に順延。今年からこの時期に変更になった運動会は、涼しくて負担が大幅に軽減された。

ということで、フロントの足回りが完成。バルクヘッドはまったく再現なし。ブレーキは前後で同じ。F1のプラモの新作が出るだけでありがたいので文句は言えない。ドイツレベルだってその辺は全く再現されてないんだから、タミヤを基準にしちゃいけないかな。キャリパーはシルバーが正解だけど、どうせ本物と似てないので修正せずにそのまま。
Img_1513 Img_1517

2012年6月 9日 (土)

1/24 Fairlady Z31 300ZX ヘッドライトの修正

やっぱり気になっていたヘッドライトの修正をした。

まずは間違えて接着したパーツを取り外さないといけないが、がっちり接着されているので、エッチングノコを使ってみた。
Img_1504 Img_1505

たったこれだけのことがなかなかできなかった。無理やりはがそうとすると塗装にダメージを与えてしまうが、のこぎりを使えばきれいに分離できる。こんな便利なツールがあるんだったら最初から使うべきだった。
Img_1506

修正前と修正後のBefore After
左のヘッドライトが明らかに隙間が開きすぎだったのが直った。
Img_1382 Img_1567

Img_1566

プレリュードのほうがエンジンが小さいためか、ボンネットが非常に低い。Img_1568

2012年6月 8日 (金)

1/20 Sauber C30 クリア塗装と研ぎ出し

デカールの上はガイアのEXで、中研ぎしてからソフト99のクリアを吹いた。
一部塗りわけを修正したところは昨日クリア塗装したばっかりなので、研ぎ出しはまだ早すぎるかもしれない。
Img_1494 Img_1501

塗りわけの失敗をあーでもないこーでもないといじっているときが一番楽しかったりして。
Img_1496 Img_1498

フロント&リアウィングはまだ全く手をつけていない。もたもたしているうちにモチベーションが切れそう。

2012年6月 7日 (木)

1/20 Sauber C30 ボディー塗りわけの修正

半分あきらめていたけど、やっぱりボディー塗りわけの失敗を修正することにした。
マスキングして白で間違った黒意部分を消した。
Img_1478 Img_1480

次にメタルブラックで塗装。細かいことを気にしたらきりがないが、やっぱり修正してよかった。
Img_1482 Img_1483

2012年6月 6日 (水)

1/20 Sauber C30 ステアリングとシートベルトの組み立て

F1 Modelingの写真で確認したけど、ステアリングのボタン類はほぼ正しく再現されている。ただし文字類はさすがにバッサリ省略。白黒のインストよりもカラー写真が手元にあると作業がはかどる。
ステアリングのボタンは筆塗りの方が簡単だけど、デカールのほうが仕上がりがきれいなので、せっかくキットに付属するので極小のデカールをなんとか貼った。各色、予備が1個ずつあるので助かる。へとへとに疲れた。
ステアリングの上部のURLは肉眼では全く見えないので、上下の向きをルーペで確認して貼った。
Img_1453

コクピットはシートベルトもコースマップも車検証?もなくさみしいかぎり。
そこでシートベルトに使えそうな材料をダイソーで探してきた。クリアグリーンで着色すれば緑色になるので使えないことはなさそう。
Img_1468 Img_1472

でも結局これらは使わず、タミヤのシートベルトをスキャンして色を緑に変換してシールに印刷したものを使った。エッチングのバックルはすでにほかのキットに使ってしまったので、余りものを適当に使った。
Img_1474 Img_1488

ベルトの材料はシールでもリボンでも何とでもなりそうだけど、バックルは今のところどうにもならない。プラ板か何かでなんとか自作できないものか。あるいは、タミヤのシートベルトキットを10個くらい大人買いしてみたい。

2012年6月 5日 (火)

1/20 Sauber C30 ボディー塗り分け修正

デカールの赤のラインを間違えたのが気になってしょうがない。F1のプラモはいつもデカールがらみのミスかトラブルが生じる。
キットをもうひとつ買ってやり直すことも考えたが、スキルアップのつもりでダメもとで修正を試みた。

すでにクリアを吹いてあるデカールの上に白を吹いてラインを消す。
Img_1454_arrows Img_1459

0.9mmの隙間にハーマンレッドを吹いた。
Img_1462 Img_1463

赤を修正したら今度は黒の部分が気になりだす。黒のラインを赤にもっと近づけたいが、ここはあきらめる。
Img_1465 Img_1466

こんな2度手間をかけるくらいなら、最初からインストを鵜呑みにせず実車の資料を準備すればよかった。

2012年6月 4日 (月)

1/20 Sauber C30 タイヤとホイールの組み立て

4つのうち1つのタイヤがかなり変形していた。
タイヤデカールは難しい。失敗した面を裏側にしてごまかした。
Img_1446_2 Img_1449

2012年6月 3日 (日)

1/20 Sauber C30 アップライトの組み立て

F1 Modelingを買ったのをすっかり忘れてた。やっぱりインストのラインは微妙に違ってるようなきがする。11番のデカールの位置も違う。もう少し早く思い出せばよかった。
Img_1439b Img_1438

アップライトを黒鉄色で塗ったら、なんだかやたらとムラだらけで何か変。クリアーを希釈しているときに、リターダーで希釈していることに気がついた。希釈した分はもったいないけど廃棄。

なにも考えずキャリパーをチタンゴールドで塗ったけど、シルバーが正解だった。インストもちゃんと8番が指定されていた。キャリパーは低重心化のために下についているらしいが、それが再現されていない。どうせ完成時には見えないけどこの辺はあまり忠実に再現されていないみたい。いや、似てないを通り越して別物だこれは。もしやと思って積んであるF10の箱を開けてみた。そういうことか。
Img_1434 Img_1436

F1 modelingを買ったときは、読んでもあまりピンとこなかったけど、模型を作りながら間違い探しするととても楽しめる。

2012年6月 2日 (土)

1/20 Sauber C30 リアサス カーボンデカール貼り

フジミのカーボンデカールを貼った。カーボンデカール貼りは結構疲れる。
Img_1427 Img_1426

仮組みしてみた。いろいろ向きを変えてみたけど、どうやってもカウルがプッシュロッドと干渉してはまらない。これは精度の問題ではなく組み立ての順序の問題。カウルの干渉する部分をバッサリ切り取ってしまったけど、組み立ててしまえばほとんど目立たない。
Img_1430 Img_1431

2012年6月 1日 (金)

1/20 Sauber C30 クリア塗装1回目

クリア塗装の1回目。ガイアのEXクリア。
Img_1424 Img_1422

全体にクリアを吹いて、ふと何かが目に留まった。ウィングステーの根元に何かついている。アチャー
Img_1418

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ