« 屋根裏の温度測定 | トップページ | RasPiのwebサーバーの起動 »

2015年5月31日 (日)

RasPiの無線LANの設定

まずは、ネットでRasPiで使える無線子機アダプタを調査してから電気店へ行った。よく売れているらしい某社のやつは個体差があるのか発熱が激しく不安定との情報があったので、ちょっとだけ高いけど別のメーカーのものを選んだ。Dsc01400


設定はファイルを書き換えてリブート

/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
network={
    ssid="MyNetwork"
    psk="MyPassPhrase"
}

思ったよりあっさりつながったと思ったら、時々接続が切れる。いくつか異なる原因が判明。

一つは、WiFiルータを再起動すると自動的に再接続してくれない。RPiのUSB子機をいったん抜いてやるか、リブートする必要がある。屋根裏に設置したRPiは面倒なことになる。親機の設定を変更するたびに、家じゅうのRPiを再起動して回る羽目に。なんとかならんものか。バッファローの親機は無線ランの設定を変更すると接続が切れるので、わざわざリブートしないといけないし、隣の家のAPより電波が弱いことがあるから他社製に買い替えた方が良いのかな。

つぎに、WiFiがスリープすること。リモートからしか操作できない場合、いったんスリープしてしまったらもう起こせないということ?

sudo nano /etc/modprobe.d/8192cu.conf
# Disable power management
options 8192cu rtw_power_mgnt=0

/etc/network/interfaces は以下の通り。

auto lo
iface lo inet loopback

auto eth0
iface eth0 inet manual

allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet static
address 192.168.0.201
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.0.1
dns-nameservers 192.168.0.1
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

« 屋根裏の温度測定 | トップページ | RasPiのwebサーバーの起動 »

RaspberryPi」カテゴリの記事

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ