« RasPiのwebサーバーの起動 | トップページ | AM2321で屋根裏の湿度測定 »

2015年6月 1日 (月)

C言語でADT7410を読んでみる

参考にしたURLはtool-lab.com/2013/12/raspi-gpio-controlling-command-2/

まずは、必要なライブラリをインストール


sudo apt-get install libi2c-dev
git clone git://git.drogon.net/wiringPi
cd wiringPi
./build

シンプルなサンプルプログラム


/* sample2.c
 * ADT7410
 * gcc sample2.c -o sample2 -lwiringPi
 * ./sample2
 */
#inclued <stdio.h>
#include <wringPi.h>
#include <stdlib.h>
#include <string.h>
double get_temp(int rtc){     char buf[4];     if (read(rtc, buf, 4) != 4) {buf[0] = 0x00; buf[1] = 0x00;}     return ((double)((int)buf[0] << 8) + (int)buf[1]) / 128; } int main(){     int ID = 0x48;     int rtc;     rtc = wiringPiI2CSetup(ID);     printf("Temperature %g\n", get_temp(rtc));     return 0; }
 

TeraTermで接続してると、時々接続を切られてしまう。/etc/ssh/sshd_configに以下の行を加えるとよいらしい。いろいろと設定が必要だ。

ClientAliveInterval 60
ClientAliveCountMax 3

« RasPiのwebサーバーの起動 | トップページ | AM2321で屋根裏の湿度測定 »

RaspberryPi」カテゴリの記事

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ