« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月30日 (木)

1/24 Porsche 936-78 研ぎ出し

他人のブログで良いと書かれてたツール系は試したくなるので、これまでもいろんな研ぎ出しのツールを使ってきた。でも、結局、2000番のペーパーとタミヤの3種類のコンパウンドに最終的には落ち着いた。ところが、ここにきてYouTubeのActOnTVで、模型用としては切削力が強いソフト99のコンパウンド荒目が紹介されていたので試してみた。あと、粘度が低くて経年で変色しにくいらしいエポキシも買ってみた。こちらはまだ使う機会がないが、クリアパーツに使ってみたい。

Dsc01639

今回はコンプレッサの圧力が強すぎたこともあって、いつもより梨地がひどいが、2000番で大まかに削ってから、ソフト99コンパウンド荒目で研ぎ出しをしてみた。粘度がちょうどよいので使いやすいし、切削力も十分ありそう。力を入れずに粒子の切削力でシャリシャリと研ぎ出しする感じ。強いて欠点をあげるとすれば、強烈に臭い。ピカールと同様、石油系溶剤なので、機械油系の独特のにおいがする。油性なので水洗いでは落ちにくいのも注意点か。この長時間嗅ぐと頭が痛くなるような強烈な匂いさえ我慢できれば悪くないかも。
Dsc01640s

2015年7月28日 (火)

1/12 Ferrari 312T4 エンジンも同時進行

写真では大きさが伝わりづらいけど、巨大なエンジンも同時進行で組み立て開始。ボディーの塗装をしたいけど、塗料が足りないことが判明。
Dsc01633s

2015年7月27日 (月)

1/12 Ferrari 312T4 組み立て開始

少しずつ組み立てを開始。古いキットの割には、目立ったパーティングラインやヒケはみられない。どこまで接着するかとか、塗り分けをどうするかを考える。他の人の作例で気づいたんだけど、エアインテークの穴はふさいだ方が良いんだろうか?

Dsc01632s

2015年7月26日 (日)

1/12 Ferrari 312T4 中古キット

一度は我慢したけど、買わずにする後悔より、買ってする後悔を選択。レジで、中身を確認させてもらったとき、デカールがインストに貼りついていて、黄ばみもあったけど、ここで買わない選択肢はなかった。いざとなったらミラクルデカールで自作する。

ビッグスケールの在庫は4台になるけど、これは積まずにPorsche936が終わったら組み立てる予定。

Dsc01614s

定価は5000円。Amazoneでは高値がついているけど、最近、再販されているし、それほどのプレミアム価格でもない。
Dsc01612s

いちおう、中古の扱いだけど、古いだけで別に使用されたわけではない。スケモの中古屋さんは宝の宝庫。まだ欲しいものがいくつかある。
Dsc01615s

インストに貼りついていてインクが移ってしまったデカール。水につければ汚れは取れるかもしれない。
Dsc01616

中のチラシが1999年なので、このキットは16年前のものらしい。
Dsc01622s

312T4だけ定価が安い。
Dsc01618s

2015年7月25日 (土)

1/24 Porsche 936-78 ウレタンクリア

色指定はシルバー。網目がわかるようにドライブラシにしてみたが、このあとウレタンクリアを上に吹いたら、ただの黒になってしまった。
Dsc01630

いつもより圧が高めだったせいか、ウレタンの主剤6.1gで準備したけど、少し足りなかった。ウレンタンクリアを吹いた後は、エアコンを止めて部屋の換気をしないといけないので、電気代が気になる。6月は1日あたり10kWhが目標だったけど、今日は20kWhを超えた。
Dsc01631

積み確保

久しぶりに近所のリユースショップへ行って、ルノーFW13Bがあると思ってよく見たら、まさかのFW11だった。秋葉原で箱が変色した中古が5千円を超えていたのに980円とかびっくり。このリユースショップの値段のつけ方は、市場価格を調査しているわけではなく、定価が基準で、新しいものが高くて、古いものが安い。スケモに関しては、ほとんどはアマゾンで新品を買った方が安いので、いつ行っても同じ商品が売れ残っている。新しいものはお買い得感が全くないけど、反対に入手困難な古いものが安いので、めったにないけどまれに掘り出し物がある。
Dsc01626

もったいなくて作れない。
Dsc01625

フジミのロータスヨーロッパが発売延期を繰り返したうえでようやく届いた。数年前にタミヤのをヤマダ電機で見つけた時に買っておけばよかったとずっと後悔していたのでうれしい。でもたぶん、組み立てる時間がない。
Dsc01624

2015年7月23日 (木)

1/24 Porsche 936-78 ラッカークリア

デカール定着用にラッカークリアを吹いた。わずかにひび割れしたところでやめた。リアウィングはもう少し濃い青の方が良いのかな?
Dsc01610

2015年7月22日 (水)

スケモの中古屋で我慢

仕事で、初めて早稲田大学に行った。大隈講堂の実物を初めて見た。学生がたくさんいて、活気がある街に感じた。歩いている若者がかしこそうに見える。本当は大久保の西早稲田キャンパスに行かなきゃいけなかったのに、GoogleMapで西早稲田キャンパスを検索すると戸塚が第一候補に現れるから、暑い中、結構歩くことになった。

帰りに、秋葉原のレオナルドによったら、前回見落としていたF1コーナーで欲しい中古がいくつかあったけど、家計が苦しいので我慢した。FW11Bは以前から欲しいけど5千円は出せない。
Dsc_0116_m

2015年7月21日 (火)

エアコン選び失敗

あまりの暑さに各部屋で一斉にエアコンを使い始めたけど、自分の部屋だけ同じ28℃の設定なのに、やたらと蒸し暑い。湿度が80%もあるから当然なんだけど、ほかの部屋の湿度はもっと低い。ほかの部屋のエアコンは東芝製なんだけど、自分の部屋だけエアコンのメーカーが違う。どうやら、自分の部屋のエアコンは冷房のときは除湿機能が全くないようで、冷房をすればするほど湿度が上昇して、不快になる。温度が高い廊下の方がむしろ快適に感じる。冷房とは別に除湿切替というボタンがあるから、それを使えってことかもしれないけど、あまり違いがわからない。消費電力を低く見せるために実用的でない設定がデフォになっているように感じる。

ナノイーとか臭くて使えないし、ブランド名に騙された。失敗した。もう、買い替えたい。

Screenshot_20150721213625

2015年7月18日 (土)

1/24 Porsche 936-78 デカール貼り

いつごろの再販のキットなのかわからないけど、ペラペラの薄いデカールだったけどひどい劣化はないようで、ひび割れることなく順調に貼れた。突起のモールドのところでタッチアップが必要なところはあるけど。

Dsc01609

2015年7月16日 (木)

1/24 Porsche 936-78 ボディー塗装

これまでエアコンを我慢してきたけど、湿度が80%もあるので、塗装のためにエアコンを使った。10分ほどで湿度が65%まで下がったけど、この程度が限界のよう。

まずは、つなぎ目とひけを簡単に処理しておく。
Dsc01602

グレーサフ、ホワイトサフ、白、ガイアクリアーでボディー塗装完了。
Dsc01605

電気代が気になるので、乾燥機は30分だけ使用。

2015年7月13日 (月)

在庫確保

出張でしばらくぶりに帰ってきたらまた出張。出張先で久しぶりに会った知り合いにFacebookの友達申請をもらい、これの連鎖で友達が2ケタに増えてようやく10人を超えた。でもまだ1度も「いいね」を押していない。

帰りに秋葉原のレオナルドで手に入らないと思っていたマルティニの昔のポルシェをゲット。3つあったうち一番安いのを確保してきた。モーターライズが省略された再販もののようでパーツは少ない。デカールが劣化しているであろうことは想定内。

レオナルドで見つけた328GTBは箱に1987年と書いてある。本当は子供のころ作った308GTBが欲しいんだけど、今ではなかなか手に入らない。プレミア価格で買うほどでもないし。箱を開けると独特のにおいがする。エンジン付きで、フジミのエンスーほどではないけどパーツが多くて、エッチングパーツも付属する気合が入ったキット。

プラモデルを買う理由は、子供のころ作ったものをまた作りたいというなつかしさと、子供のころ欲しくても買えなかったものを今買うというリベンジの2点なので、タミヤがせっかく気合の入った新作のキットを出してくれているのに最近買ってない。最近はカーモデルは全く売れないらしいので、買わないとそのうちみんな撤退してしまいそう。20年後くらいにあの時買っておけばと後悔するかもしれない。

梅雨明け宣言は出ていないけど、実質梅雨明けだと思う。梅雨の間80%あった湿度は、下がったといってもまだ70%もあって、ボディー塗装はまだ危険。

Dsc01597

2015年7月 2日 (木)

LPS331で気圧測定

LPS331は値段が安くて、較正済みのデジタル出力でRPiを使えば簡単に気圧が測定できる。台風のとき、接近しているか遠ざかっているかが気圧変化である程度わかる。それ以外は、気圧ってほとんど変化しないし、気象に興味があるわけでもないので気圧を知ったところで何の役にも立たない。

ブレッドボードでの仮配線で、ケースも暫定のつもりが、これが最終形になりそう。屋根裏って埃だらけのイメージがあったけど、意外と埃が少ないようでふたがなくても埃が積もらないのでこれで十分な気がする。
Dsc01480

プルアップ抵抗はRPiに内蔵されているらしいので省略。I2Cの選択と、アドレスの設定が必要。青色LEDがまぶしいくらいに光っているけど、光が当たると誤差になるのでLEDはカットしないといけないらしい。でも出力された気圧の値はウェザーレポートの値とほぼ同じだし、きれいだからこのまま使っている。
Dsc01482

デフォルトのアドレスはAM2321とぶつかったので、ジャンパ線で5dに変更した。
I2cdetect_3

屋根裏のRPiに接続して3週間測定してみた。台風は来てほしくないけど、普段はほとんど気圧は変化しないのでつまらない。LPS331には温度計も付いているので、これでAM7410とAM2321と温度計が3つになった。毎日曇り空の梅雨時というのに、屋根裏の温度は1日で15℃も変化する。屋根裏は温度が高く湿度が低く、埃が少ないので、塗装には好都合なんだけど、問題は換気。屋根裏の熱い空気を排気してやると室温が下がり省エネになるという話も聞くので、いつか換気設備をつけたいと考えている。
Pressure30

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ