« RPiでRAMディスクを使う | トップページ | RPiで起動中のシステムをusbメモリにバックアップ »

2015年8月 9日 (日)

RPiでUSBメモリを使う

Raspberry PiのデータはRAMディスクに保存するようにしたので、データのバックアップ用にUSBメモリを接続することにした。Windows PCとデータのやり取りはSambaでネットワーク上で行うので、USBメモリはext4でフォーマットする。

Dsc01646


●パーティションを作成
sudo fdisk /dev/sda
d,p,n,p,1,enter,enter,p,w

●ext4でフォーマット
sudo mkfs.ext4 /dev/sda1

●デバイスをマウントするためのディレクリを作成。
sudo mkdir /media/usb0
sudo chmod 777 /media/usb0

●fstabに追加。
/dev/sda1 /media/usb0 ext4 defaults 0 0

●追記:
最初ネットの記述をそのままコピペしていたら、fstabの6番目のオプションでfsckがオンになっていたので、USBメモリを抜いたら起動しなかった。これだと、USBメモリが壊れたらOSが起動しなくなるので危険。fsckは手動でやれば十分なので0でよい。あと、デバイスの増設でデバイス名が変わる可能性があるので、UUIDで書くのが正しいやり方らしいけど、これ以上増やす予定は今のところない。

« RPiでRAMディスクを使う | トップページ | RPiで起動中のシステムをusbメモリにバックアップ »

RaspberryPi」カテゴリの記事

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ