« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月29日 (木)

1/24 Ferrari 328GTB ボディー塗装

普通にMrColorの3番の赤で塗装。明日は窓枠とか黒塗装できるかな。Dsc02034

2015年10月28日 (水)

1/24 Ferrari 328GTB 下地塗装

今日はグレーサフを吹いて、手抜きで白は省略して、直接ピンクの下地塗装した。
Dsc02031

Dsc02032

2015年10月27日 (火)

1/24 Ferrari 328GTB

小学生のころ作った308GTBが入手できないかネットで探してみたものの見つからない。デザインが似ている288GTOでもいいんだけど、それは308GTBとは全く別物のモンスターマシン。たまたま中古屋で328GTBを見つけたのでとりあえず確保した。ネットでも見つからないものを中古屋で見つけるのが楽しい。

当時は、4灯ヘッドライトの512BBが格上で、2灯の308は格下と思っていた。実際エンジンも小さいので格下で間違いではないけど。
Dsc02029

金型の都合なのか、それとも塗り分けしやすいように配慮なのか、ボディーがやたらと分割されているけど、接着しろが少ないうえに、古いせいか反っているので、塗装前に接着してしまったほうが後の作業が無難だと判断した。
Dsc02028

2015年10月25日 (日)

1/12 Ferrari 312T4 完成

ようやく完成。ビッグスケールは作りごたえがあった。まだ保管場所が確保できていない。机の上に置いておくと次の作業ができない。
Dsc02023

Dsc02024

Dsc02025

Dsc02019s

2015年10月24日 (土)

1/12 Ferrari 312T4 研ぎ出し

1000,1500,2000番のペーパーで水研ぎのあと、超臭いソフト99の細めと、タミヤの3種類を使用。
Dsc02003

フロントウィングはメッキパーツの上にデカールを貼って、プライマーを少し吹いてから定着用にラッカークリアのあとにウレタンクリアを吹いて、研ぎ出しはせずそのまま。
Dsc02008

Dsc02007

ウィンドシールド(?)を取り付けて完成。
Dsc02006

Dsc02010s

2015年10月21日 (水)

1/12 Ferrari 312T4 No.33 サイドスカートのとりつけ

番号が戻って、サイドポンツーンにスカートを取り付け。接着剤がはみ出してきたなくなったので、あとでタッチアップでごまかすか。Dsc01987s

サイドポンツーンとエキパイが干渉したけど、無理やり取り付けた。
Dsc01992s

Dsc01993s

2015年10月19日 (月)

1/12 Ferrari 312T4 ウレタンクリア塗装

ウレタンクリアは、今回は主剤を12.5gで調合した。2日が経過したのでそろそろ研ぎ出ししてもよいかもしれない。

Dsc01986s

ウレタンクリアを吹いているときは、埃センサーが激しく反応して、上限レベルをオーバーしていた。塗装ブースを使っているけど、パワーが弱すぎてほとんど役に立っていない。目に見えないけど、防塵マスクは必須であることがよくわかる。塗装終了後30分くらいは防毒マスクをつけていた。

Dust

2015年10月16日 (金)

1/12 Ferrari 312T4 No.36 ホイルのとりつけ

温度計は26℃なのに長袖でも寒く感じるのが不思議。

カウルのない状態でタイヤを取り付けることは実際はないかもしれない。
Dsc01982

Dsc01983

Dsc01984

2015年10月15日 (木)

1/12 Ferrari 312T4 No.35 ホイールのくみたて

カウルのクリア塗装が終わっていないので、途中をとばしてホイールを組み立てた。小学生のころ、ホイールとタイヤでお風呂で遊んだり、道路で転がしたりしてた。
Dsc01979

Dsc01980

Dsc01981

2015年10月14日 (水)

1/12 Ferrari 312T4 No.30 ラジエターのとりつけ

1日すこしずつでもと思っていても連休中PCの更新でスケモは何もできなかった。とはいえ、これでほとんどのパーツは取り付けた。
Dsc01977_2

Dsc01978



2015年10月13日 (火)

不眠症のWin10

連休は、Win10のセットアップに明け暮れた。

特にてこずったのが、スリープしても数分ですぐに起きてしまうこと。まずは原因を調査するために、イベントビューアーにカスタムビューを作成して、フィルターを設定する。スリープを起こす原因を調べたら、ネットワークカード、電源ボタン、不明の3つがそれぞれ同じくらいの比率だった。
Event

ネットワークカードは、電源オプションでスリープからの復帰を許可しない設定にした。不明というのは、テレビ録画だったりソフトウェアのアップデートチェックだったりとソフトウェアが原因のようなので不要なものはタククスケジューラーから削除してやった。厄介なのは、電源ボタンというやつ。電源ボタンを押したおぼえはないので、小人さんかPCの中の人が勝手に押しているんだろうか。

ネットで調べたところ、スリープ解除タイマーの許可を無効にすればよいらしいので、試してみたら今のところ勝手にスリープから起きることはなくなったみたい。連休中は全く寝なかったWin10が、今日は仕事から帰宅したらちゃんと寝てた。でもこれ、radikaとか、ちゃんとスリープから復帰して録音くれるかどうかが心配。
Power_option

太陽光発電の営業

フットプリントが長方形の犬小屋みたいな単純な家で、設計打ち合わせの時、もうちょっとおしゃれな設計ができないのかと内心思ったけど、お金もないので贅沢はできないと納得して何も言わなかった。屋根は南と北の2面しかない単純な構造だけど、それが逆に太陽光パネルを設置するには最適かもしれない。そのせいかどうかわからないけど、太陽光パネルの営業がよくピンポンしてくる。

今回も全くそのつもりはないと言っているのに、電力だけ見積もらせてくださいと、相当しつこいので、高々月1万円くらいの電気代を節約するのに200万円も借金するとか冗談じゃないと言ったらようやく退散してくれた。反原発でお金に余裕のある人が太陽光パネルを設置すればいい。買い取り価格が40円の時に設置した人が少しうらやましく、金持ちがさらに得をする社会が恨めしくもある。

2015年10月11日 (日)

Core i5 6600

2008年から7年ぶりにマザーボードを交換。CPUはQ8400からCore i5 6600に変更。どちらも価格は3万円で同じくらい。性能2倍がCPU交換の目安だけど、7年もかかったことになる。

Cpuz

Super Piの104万桁が20秒から11秒になったのでほぼ2倍の性能向上。消費電力は、65~106Wと、こちらは4割くらい下がった。CPUに100%の負荷をかけても温度が36℃にしか上がらない。

Super_pi_2

ウィンドウズエクスペリエンスの値は、同じグラボを使っているのに下がってしまった。オンボードビデオ(CPU内蔵?)は試してない。
Winexp

スペック上の性能は2倍になっても使用した体感はまったく変わらない。3D関係のソフトは動作がかなり改善されたが、それでもまだ重いのはしょうがないか?古いマザーボードとQ8400は、まだまだ現役で問題なく使えるので、お金に余裕があればケースと電源を用意してもう1台サブマシンとして組みたい。

あとは、Win10を使ってみて、今までできたことができなくなるとすごく不便に感じる。「最近使用した場所」が便利だっのに、「よく利用するフォルダ」に微妙に変わってしまって、似て非なるものになってしまった。なぜ使いにくいものに変える必要があったのか意味不明。

Win8 偽物

昨年末ごろ購入して未開封だったWin8.1をインストールしたら、ブロックしてるから認証できないよーといわれてしまった。封を切ったばかりなのになぜ?と思いながら、ネットで調べたら、偽物のDVDにはホログラムのシールが貼ってあって、本物にある外周のホログラムが偽物にはないらしい。手元にあるのはもう完全に偽物確定。なんじゃそりゃ。
販売店は偽物と知っていて販売したわけではないと思うけど、怪しいところから安いものを仕入れてきたんだろう。
Dsc01975

しょうがないのでパソコン○○でWin10を買ってきた。めちゃクチャ態度の悪い店員だったけど、必死に我慢した。こちらは、ちゃんと外周にもホログラムがあり一安心。
Dsc01976s

2015年10月10日 (土)

久々のCPU更新

今までCore2Quad Q8400 で全く不満はなかったのに、最近、3Dデータを扱い始めてから、もっとCPUパワーが欲しくなってしまった。本当は、PCケースも新調したかったけど、そちらはまた今後検討するとして、CPUとマザボを近所のPCショップで買ってきた。アマゾンの税込価格よりも、税抜店頭価格がほぼ同じかすこし高いくらいだった。

Dsc01969

CPUクーラーも買ってきた。純正品はずいぶん小さいけど、こんなに大きいCPUクーラーが必要なんだろうか?と思いつつ、いつもこのサイズのを取り付けている。
Dsc01972s

CPUを取り付け。
Dsc01973s

金具を取り付けるときに、マザボを保護する樹脂のワッシャーを入れ忘れて、またばらして最初からやり直した。マザボのパターンに傷がついていなければいいけど。
Dsc01974s

近所のPCショップにはDDR4のメモリが4Gしか売っていなかったので、アマゾンから届くのを待つしかない。価格はリーズナブルだったけど、8Gx2枚が欲しいので、動作チェックはしばらくお預け。

2015年10月 8日 (木)

1/12 Ferrari 312T4 No.28 ラジエター、オイルタンクのくみたて

インストが半分を超えたところで、もう残りパーツが少なくなってきてラストスパートっぽくなってきた。まだボディーのクリア塗装が終わっていないけど。
Dsc01968s

2015年10月 7日 (水)

1/12 Ferrari 312T4 No.27 フロントサスペンションのくみたて

シャーシに固定用のナットを埋め込んでおけばよかった。いまさら気づいても遅い。

アップライトとサスの組み立てまで終了。と思ったら、キャリパーを取り付けるのを忘れていた。
Dsc01963

Dsc01965

2015年10月 6日 (火)

1/12 Ferrari 312T4 No.25 フロントロッキングアームのとりつけ

エンジンが終了して、フロントサス。リアサスとまとめて塗装済みだったので、組み立てただけ。
Dsc01961

2015年10月 5日 (月)

1/12 Ferrari 312T4 No.23 エンジンのとりつけ

ロールバーの組み立て。

Dsc01958

いよいよ巨大なエンジンを取り付け。インストではまだ半分だけど、ランナーのパーツも少なくなってきた。
Dsc01957

2015年10月 4日 (日)

1/12 Ferrari 312T4 No.22 リアバルクヘッドのとりつけ

1日インストの1ステップを目標にしていたのに、全然進んでいない。まだインストの半分。

Dsc01956s

2015年10月 2日 (金)

タイレルのブレーキエアーダクトの拡大コピー

タミヤ 1/12 1976年仕様のP34を、1977年モナコ仕様で作りたい。

デカールが死んでいる1/12の1976年仕様のTyrell P34があるので、1977年モナコ仕様で作りたいと思っているけど、それだとパーツがいくつか異なる。1/20の1977年仕様のパーツを3Dプリンタで1/12に拡大コピーできたらいいのになあと考えて、データ作成をやってみた。

デジカメで1/20のパーツの写真を撮って、Inkscapeで外形をトレースして、123d designで厚みをつけて、1/12に拡大したら準備完了。あとは、デアゴの3Dプリンタの完成を待つのみか?

Inkscape

こんな小さなパーツをプラバンからスクラッチする技量はないので、もし3Dプリンタできれいに出力できたらとても画期的。
Brake_duct

他にもスタビライザーとか、ロールバーとか、リアウィングの翼端板も必要になるので、まだまだ手間がかかりそう。
20151002b_tyrel_p34_air_duct

翼端板とかは素直にプラバンから切り出した方がきれいにできそう。
20151002_tyrel_p34_air_duct2

ロールバーとか3Dプリンタできれいに出力できるんだろうか?
20151002c_tyrell_p34_roll_bar

2015年10月 1日 (木)

タイヤで3Dの練習

タイヤを123d designで描いてみた。トレッドパターンをどうやって刻んだらよいかわからなかったけど、キューブにトレッドパターンを描いて、これを切り抜いてタイヤとくっつけてサークルコピーをして、最後に引き算した。

Tyre2

少しだけ縮小したタイヤを重ねて完成。
Tyre3

ホイールはInkscapeで下絵をトレースしたものを123d designにインポートして厚みをつけた。少しずつ操作に慣れてきた。Rim4_tyre_wide

もっと上手に描けるようになったらF1のレインタイヤとかも自分で作ってみたい。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ