« ホコリセンサーケースの印刷 | トップページ | PLAでほこりセンサーのケースを印刷 »

2016年3月 2日 (水)

ABSギブアップ

ほこりセンサーのケースをABSで印刷すると、どうしても変形と積層割れが生じてしまう。

ノズル230℃、ヒートベッド70℃。

Dsc02391

ノズル温度を240℃、ヒートベッドを80℃にしたら、少しよくなったけど、やっぱり積層割れが起こった。ポリイミドテープにはがっつりくいついているのに、変形がすごくてポリイミドテープがアルミ板からはがれた。

Dsc02394

小さいものなら問題なかったのに、ちょっと大きくなると途端に難しくなる。
Dsc02395

ギブアップ

追記:

ネットの情報によると、フィラメントにも依存するけど270℃以上にすれば改善するらしい。でもidboxはそんな高温に耐えられるのか?

« ホコリセンサーケースの印刷 | トップページ | PLAでほこりセンサーのケースを印刷 »

3Dプリンター」カテゴリの記事

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ