« PLAでほこりセンサーのケースを印刷 | トップページ | ヒーター修理完了 »

2016年3月 5日 (土)

idbox! ヒーター断線

ゼロ工房のクワガタを、だめもとで印刷してみたらやっぱり足がうまく印刷できていない。

https://modelabo.itmedia.co.jp/4234/

Dsc02403

サポートと足の区別がつかないので、足は取ってしまった。
Dsc02404

足は裏返した方がきれいに印刷できるんじゃないかと思って試してみたら、半分しか印刷されてない。温度のグラフを見ると加熱されていないのでヒーターの抵抗値を測ったら100kオームもある。12V40Wとしたら、3.6オームでないといけない。

ほぼ毎日使っていたけど、たった1月で切れるものなのか、単に運が悪かったのか。

Dsc02407

せっかくの休日に3Dプリンターが使えないのはさみしい。デアゴにバックナンバーを発注してもいいんだけど、早くほしかったのでアマゾンで納期が早そうなのを選んで注文した。サイズが書いてなかったけどだいじょうぶかな?

自分で組み立てたので、こうしたトラブルシューティングや修理はやりやすいと思うけどど、スパイラルチューブを巻き直すのはとても面倒そうで、できればやりたくない。

<追記>

セラミックヒーターが届くまでに交換の準備をしておこうと思って、配線を外してスパイラルチューブをばらして、念のためヒーターの抵抗値を測ってみたら20オームくらい。なおったかと思ったけど、何度か測定をすると抵抗値がだんだん大きくなって、100kオーム近くになったり30オームだったり、やっぱり何かおかしい。でも試しに通電してみたら温度が上昇した。

1

せっかくばらしたのに、また配線をして印刷してみたら、やっぱり10分で温度が下がり始めた。やっぱり交換が必要。またばらさないといけない。

« PLAでほこりセンサーのケースを印刷 | トップページ | ヒーター修理完了 »

3Dプリンター」カテゴリの記事

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ