« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月25日 (水)

1/20 McLaren Honda MP4-30 フロントサスの組み立て

トラックアームというやつ、インストではアップライトに取り付けるようになっているけど、接着しろがなくて、どうやってつけるのかと思っていたら、JP GP仕様ではアッパーアームに取り付けるように変更(?)になっていた。最後に点付けすることにして今は保留とした。別に取り付けなくてもいいけど。

ちなみに、JP GP仕様のインストでは、リアウィングの間違いも修正されている。Mid Verでは、しっかり逆につけてしまった。

Dsc02575

2016年5月23日 (月)

掃除機の吸い込み改善

最近ほとんどごみを吸い込まなくなった掃除機。アマゾンのレビューでは吸引力が強いとの評判なのに、なぜ吸わないか原因を調べてみた。フィルターの目詰まりだろうと思って、フィルターの掃除をしてみても吸引力は回復しない。

Dsc02570

黄色いカバーを外して電源を入れてみたところ、吸引力が強すぎてフィルターがつぶれて空気の通路をふさいでいた。

Dsc02568

フィルターがつぶれないようにサポートを印刷してみた。

Dsc02572

フィルターのじゃばらにサポートを挿入してつぶれるのを防いだところ、吸引力が回復して、ねじとかランナーの切れ端も吸い込んでくれるようになった。

Dsc02573

吸引力は回復したけど、フィルターをこまめに掃除しないといけないので、紙パックの掃除機を買った方が面倒がなくてよいかもしれない。

2016年5月21日 (土)

1/20 McLaren Honda MP4-30 リアセクション完成

Mid seasonがまだ完成していないけど、アマゾンからMP4-30 JP GPの発送の連絡がきた。

1週間くらいブランクがあったけど、ようやくリアセクションが完成。次からフロント。

Dsc02566

2016年5月 9日 (月)

今日の3Dプリント 7C

Thingiverseでマウスピースのデータを見つけたので、PLA 積層0.1mm infil 100%で5時間かけて印刷してみた。上になるほど積層の乱れが見られる。

アマゾンだと500円くらいで買えるので、わざわざ3Dプリンターで印刷しても価格的なメリットはないかな。

Dsc02561

Dsc02559

2016年5月 8日 (日)

1/20 McLaren Honda MP4-30 マフラーエンド取り付け

PLAを削っていたらぽきっと折れた。

Dsc02553

カウルに隠れてほとんど見えないけどマフラーエンドを塗装して取りつけ。

Dsc02556

2016年5月 7日 (土)

1/20 McLaren Honda MP4-30 リアサスの組み立て

3Dプリンターが面白すぎてしばらく休止中だったプラモを久しぶりに組み立てた。合わせ目の処理とか一切やってない。素組でいいから早く仕上げたい。

Dsc02552

郵便受けの取り付け

家の不満はいくつかあるが、そのうちの1つが郵便受けが小さいこと。家の設計段階で、設計士さんから提示された選択肢で一番大きいものを選んだけど、同時に建てた隣の家はちゃんと大きな郵便受けが取り付けられているのは、同じ会社でも設計士さんが違えば調達する部材も異なるんだろうか。

Dsc_0145s

ホームセンターで良さそうな郵便受け(\11000)を見つけたので自分で取り付けることにした。

しかし、コンクリートやレンガに取り付けるのはやったことがないので、自分でできるか不安だった。とりあえず、レンガ用のドリルとねじを買ってみた。レンガにタップを切るわけにいかないので、樹脂製の治具を押し込んで、ねじ込んで固定するらしい。品名がアリゲータだけど、ネットでググっても一般的な名称でないみたい。

Dsc02548

やってみたら、予想以上に簡単にレンガに穴が開いた。郵便受けには最初からいくつか穴が開いているけど、レンガの配置と合わないので、追加で穴をあけて、背面と底面にねじ合計4本で固定して完成。あとは、雨が侵入しないように背面の穴をシール材でふさがないといけない。

Dsc_0149

これでようやく、月2回の町内会の回覧物を郵便受けで、雨の日でも濡れることなく受け取ることができる。こんなに簡単なんだったら、もっと早くやればよかった。

Dsc_0148s

2016年5月 1日 (日)

吐出不良が解決か?

ワンタッチ継手が壊れて、ノズルの空焚き運転をしてしまったのがいけなかったのか。吐出不良の原因は、ドライブロールの摩耗ということで、解決したかと思っていた。予備に2つバックナンバーまで購入したのに、やっぱり吐出不良が発生して、長男に強度が足りないと指摘される。

Dsc02540

最後の手段として、ノズルを加熱して、穴にφ0.3mm、φ0.4mmのドリルを通してみた。

Dsc02543

今までのスカスカが嘘に思えるくらい圧倒的に改善した。色が全然違う。スカスカだと白っぽいけど、これほど青くなったのは初めて。

結局吐出量の原因は、ノズルの穴が詰まっていたということだった。これは、パージキットによる洗浄では解決しなった。
Dsc02542

2枚目を印刷したら、こんどはまたスカスカに orz

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ