« ようやく基板が届いた | トップページ | 導通チェッカ »

2017年5月24日 (水)

RPi テンポラリフォルダが100%

エディタnanoが起動に失敗するので、おかしいと思ったら/tmpフォルダが100%になっている。

中を覗いてみると、libdhcpd-wpaなんとかというファイルが大量にある。なぜか削除できない。固定IPでDHCPは使っていないのに、初回起動時にネットワークがつながっているとdhcpdが起動してしまうらしい。

dhcpデーモンが起動しないように設定する。

sudo insserv -r dhcpcd
sudo insserv dhcpcd,stop=2,3,4,5
再起動。

とりあえず、大量のファイルはなくなった。ところが、まだどんどん大きくなっていくファイルがある。

-rw------- 1 root root 978983 May 23 21:36 fileteJLMa drwx------ 2 root root     60 May 23 21:31 ssh-xogAQbkJfcXK lrwxrwxrwx 1 root root     15 May 23 21:31 xsession-root -> /tmp/fileteJLMa

中身をのぞいてみたところ、lxpanelのエラーなので、起動時にデスクトップ環境を使う設定になっているのかな?raspi-configで起動時テキストコンソールに変更しておいたけど変化なし。

nullにリンクしちゃえ。

sudo rm /tmp/xsession-root
sudo ln -s /dev/null /tmp/xsession-root

ところが、/tmpはラムディスクのため、再起動するとリンクがきえてゴミが復活する。

/etc/rc.local に追加。

sudo rm /tmp/xsession-root
sudo ln -s /dev/null /tmp/xsession-root
sudo rm /tmp/file*

やっぱりなぜか/tmpの空き容量がなくなってしまう。それならエラーの原因であるlxpanelをアンインストールしてみるか。

sudo apt-get autoremove lxpanel

ようやく空き容量が減らなくなった。

まとめ:
dhcpdを起動しないようにする。固定IPなので。
lxpanelをアンインストール。sshでしか使わない。

« ようやく基板が届いた | トップページ | 導通チェッカ »

RaspberryPi」カテゴリの記事

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ