« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月30日 (日)

娘の依頼分完成

娘に依頼された分完成。

以下、自分用の手順覚書。

まずはタンクをインクの色で塗る。クリアーで塗装して乾燥したらタンクをマスキング。軽く白サフを吹いてから黄緑色で全体を塗装。マスキングして緑の部分を塗装。赤の部分はタミヤエナメルの筆塗り。タンクはマスキングしたままで、全体をフラットクリアーで艶を調整。最後にタンクのマスキングテープをはがして完成。

Dsc03251

他にもシャープマーカーとイカバルーンを作製中。どちらもデータはシンギバで入手。シャープマーカーは塗り分けが面倒そう。

Dsc03254

Dsc03253

2017年7月29日 (土)

idbox! ヒートシンク交換

しばらく調子が良くても、突然吐出不良によるスカ積層になることがある。最初は問題なくても途中から吐出不良になる場合はバレルの冷却不足によるフィラメント詰まりが考えられるらしい。

パワーアップ編の94号に、対策品のヒートシンクが出ていたので買ってみた。マニュアルによるとバレルの冷却と、直接風を当てて冷却することによる品質改善が期待できるらしい。後者については、ABSは風を当てると割れるので、風ストッパーを使うため効果は期待できないが、バレルの冷却が改善されたのであればありがたい。

しかし、届いたヒートシンクを見てみると同じじゃね?色は違うけどそれ以外に旧ヒートシンクとの違いがわからない。あとは、造形物に風を当てるパーツ(PLA用)が追加と、風ストッパーがばねになった点が旧式と違う。

Dsc03249

取り外したヒートシンク。掃除したけど、結構埃がついていた。

Dsc03250

試しにABSで印刷してみたけど、違いはよく分からない。ABSで風ストップを使っているせいか、糸ひきがすごい。これでスカ積層が改善してくれるといいけど、しばらく様子見とする。

Dsc03248

追記:

ABSでしばらく使ってみたところ、最初はよさそうにみえたけど、バレルが詰まったのかやっぱりスカ積層になった。パワーアップ編のやつは、ヒートシンク自体は同じで、風を造形物にあてるパーツが追加されたのと、風ストップがばねになったのが改善だとしたら、ABSで効果がないのは当然かもしれない。

Dsc03255

追記:

結論として、パワーアップ編のヒートシンクは、最初についていたものとほとんど同じものと推測。アルミ製のファンダクトと風ストッパーが金属になったことが違うだけ。そのアルミ製のファンダクトは、PLA印刷の1発目でワークにゴツンとぶつかって印刷失敗。ワークを冷却することでオーバーハングをうまく造形できることを期待したのに、そのオーバーハングのそりにぶつかってしまうとは、効果がいまいちってこと。他の人は交換した効果に満足しているんだろうか?

大した金額じゃないけど無駄な投資だった。お金よりも期待した効果がなかったことへのがっかりの方が大きい。

2017年7月26日 (水)

武器にデカールを貼ってみた

武器のデカールを作ってみた。

まずは、紙に印刷して大きさを確認。

Dsc03242

ミラクルデカールに印刷。乾燥させてからインク保護用にクリアーを吹く。このクリアーの量が難しい。少ないと水につけた時にじむし、多いと貼った後に反る。今回は気持ち多め。

Dsc03243

マークフィットとソフターを使って貼った。この後、乾燥したらクリアーをさらに吹く予定。これを見て娘も欲しいという。タンク(インク)の色は水色を希望。友達の分も。寝る前にスプラシューターを2個印刷開始する。追加したファンが爆音だけど気にしないで寝られる。完成は3時間後。ABSは臭いのでいかにも健康に悪そうだけど、今晩は涼しいので窓を開けて換気できる。

Dsc03244

余ったデカールを、LED照明に貼った。

Dsc03246

ダイヤモンドやすりをポチったら、クロネコ早すぎ

某宅配業者がさんざんサビ残やってたらしいとか、あとから未払いの残業代を払ったら利益がなくなったらしいとか、アマゾンの荷物さばききれないから値上げ交渉しているとか、連日のようにいろいろ話題になっている。最近はまとめて発注するようにしているけど、アマゾンマケプレはともかくとして、アマゾン本体でまとめて発注しても倉庫が違うと別々に発送されるのはしょうがないのかな。簡易宅配ボックスも買ったし、配達時に不在にならないようにクロネコメンバーズに登録して配達時間を変更したりもしている。

さぞかし、クロネコさんもお疲れかなと思っていたら、アマゾンのプライム会員でもないのにクリックした翌日に届くことが最近続いている。日中は妻が買い物に出かける時間帯もあるので、夕方に配達時間を変更したけど間に合わず、すでに配達に出発済みだった。クリックして24時間もかかってないとか早すぎ。そんなに急いで配達してくれなくてもいいのに、意地を見せているのかな。

で、まとめて発注して先に届いたのがこちら。同じ会社の先っぽの形状がすこし違うやつは、なぜか別の倉庫から発送され明日以降に到着予定。他の人のブログで紹介されていたので購入してみた。ダイソーのダイヤモンドヤスリでも意外とABSを削るのに十分使えるけど、この先端形状は便利そうだと思った。

Dsc03240

実際に使ってみて、丸いものの内側をやするのにとても便利。最強。

Dsc03247

2017年7月24日 (月)

武器追加

武器を追加。このゲームをやったことがないけど、ペイントローラーは使用頻度が高いかもしれない。

https://www.thingiverse.com/thing:833253

https://www.thingiverse.com/thing:1079711

筒状のものは2つにひらいて、造形後に貼りつけ。ローラーも2つにひらきたかったけどデータに不具合があるようで加工できなかった。

Sliced_paint_roller

Sliced

ノヴァブラスターは#5ブルーと、ピンク下地にマルーンを塗ってみた。ブルーはもう少し紫っぽい方がよかったかも。マルーンはクリアー並みに隠ぺい力が低い。

ペイントローラーのタンクは普通のオレンジで、ローラー部分はマルボロマクラーレンと同じように、ガイアノーツのスカーレットを下地にクレオスの蛍光レッドを使った。

Dsc03237

自宅の廊下に展示。

Dsc03238

Dsc03239

2017年7月22日 (土)

つぎは、武器

やっぱり武器も欲しい。まずはベーシックなやつ。シンギバからstlファイルをダウンロードして、Freecadでstpファイルに変換し、123d designでサイズを調節して、造形しやすいように2枚に開いた。

https://www.thingiverse.com/thing:884723

Splitedgun

透明ABSでプリント。苦労して追加した4cmFANの電源を入れ忘れたけど脱調しなかった。ということは、ドライバーやモーターの熱が原因ではなかったということになりそう。

Dsc03224

サフを吹くと結構積層痕や糸がわかる。

Dsc03225

表面をやすって塗り分けしたら完成。

でも我慢は3日しかできなかった。結局アマゾンでポチった。全8種、フルコンプ。

Dsc03227

左が3Dプリンタ。台も採寸してコピーして3Dプリンタで出力した。残念ながらクオリティーにかなり差がある。

Dsc03235

2017年7月20日 (木)

ガチホコ

4日続いた高熱は、病院で検査の結果、免疫力低下によるウィルス性のもの、つまりただの夏風邪だった。免疫力が低下した原因には心当たりがある。以前は消化器系がやられたが今回は発熱だった。メンタルが弱いからこれ以上の出世(昇進)は無理だ。どうせ少しくらい給料が増えても税金と社会保険料がエグイので手取りはほとんど変わらんし。

昨年息子が夏休みの宿題もせずに夢中だったゲームSplatoonの武器コレクション2がほしくてイオンに行ってみたけど売ってなかった。フルコンプをアマゾンで大人買いしようと思えばできたが、物欲のままに買い物していたらきりがないのでぐっと我慢した。その代わりにシンギバで何かないか探してみたところ、武器もあることにはあったが、rainmakerというキャラのほうが造形が簡単そう。

https://www.thingiverse.com/thing:2425814

オリジナルデータの造形サイズは米粒なので5cmに拡大して、meshmixiserでサポートを付けた。Prasil ABS クリア 0.2mm積層。ひれの付け根が細いので、造形後にアセトンで溶かしたフィラメントを塗って補強した。

Dsc03220

表面をアセトン雰囲気処理2時間後、黒サフ、ラッカークリア(ガイアEXクリア)、金(ガイア)塗装。塗り分けがないのでらく。

Dsc03223

ちなみに、鉄筋コンクリートのてっぺんにあるやつ。

Dsc_0100

Dsc_0104

2017年7月17日 (月)

1/20 McLaren Honda MP4-31 足回り完成

連休の最終日、体調が悪い中一日中寝ていたけど、時々起きあがって、足回りまで完成させた。

カーボン風塗装は、黒鉄色にストッキングをかぶせてシルバー塗装後、スモークグレーでトーンを落とした。リアの塗装に失敗した部分には上からカーボンデカールを貼ってごまかした。目の細かさが違うけど、塗装とデカールの色合いはほぼ同じになっている。

Dsc03206


Dsc03209

MP4-30では取り付けをギブアップしたサスペンショントラックロッドは、MP4-31はちゃんとダボがきいていて取り付け可能だった。ちなみに、サスの裏側は塗装してないし、押しピンあともそのまま。

Dsc03213

しばらく放置プレーのMP4-31だったけど、やればできるじゃない。カウルの研ぎ出しまでは終了しているので 、完成まであと少し。

Dsc03214

P34 再販が届いた

せっかくの連休なのに、一時下がったと思った熱がまた復活してずっと寝ているところに、ようやくアマゾンからP34が届いた。ネットで近所の病院の予約を取ったら最短で明日の21:30だった。

前回組んだ時はGoodYearはとりあえずあきらめたが、今回の再販ではGoodYearが付いている。前回組んだ時は、何年振りかのプラモでエッチングパーツはきつかったが、今回箱に上級者向けキットと追記された。夏休みに帰省した時に店舗で見つけたら確保したい。

Dsc03203

エブロの003はデカールが劣化する前に組みたい。

Dsc03205

2017年7月15日 (土)

1/20 McLaren Honda MP4-31 と再販のP34

しばらく放置のMP4-31を久しぶりに少しいじった。モールドとデカールが一致してない部分もあるようだけど、どうせ老眼では見えない。

たったこれだけの作業でずいぶん疲れたと思ったら、翌日39度の熱が出た。熱が出たときは布団をかぶって汗をかくことにしている。この暑い真夏に長袖で一日、悪寒や筋肉の痛みをがまんしてなんとか熱が下がった。でもなぜこの暑い時期に風邪をひく?

Dsc03197

アマゾンに予約していたタイレルP34が、価格設定が間違っていたとかいって発売直前で一方的にキャンセルされた。アマゾンには在庫がないようなので、プレミア価格ばかりのマケプレの中で唯一割引価格があったので注文したら、発売日に届いた。どうせ積むのだから発売日に届かなくてもいいけど、やっぱり早くほしい。一方で、1/20の方も今日が発売日なのにアマゾンからまだ届かない。

Dsc03199_2

前回作ったときは、GoodYearのデカールを探しに秋葉原まで出かけたけど、今回はちゃんとついてるのでありがたい。

Dsc03201

子供のころ欲しくてもなかなか手にいれられなかったおもちゃを、今になって手に入れることに意義がある。もったいなくて作れずに積んでしまう。

Dsc03200

2017年7月 4日 (火)

FusionPCBに発注してみた。

Elecrowが人気みたいだけど、FusionPCBに発注してみた。23日にデータをアップロードして、4日に届いたので11日かかったことになる。スイッチサイエンスが大体21日なので、約半分の納期で、値段はほぼ同じ。

金曜には製造が終了して発送作業まで完了していたけど、集荷されたのは月曜日。ステータスが2日間更新されずにプチ放置プレーされたけど、$20もするだけのことはあって、いったん集荷されるとDHLは早い。深圳から香港、成田経由で、次の日には届いていた。ウェブのステータスはなぜかPCよりスマホの方が情報量が多い。香港を出て、成田に着いて、税関をクリアしてという情報をワクテカしながらリロードして配達を待っていた。

Dsc03193s

配線ミスはパターンカットとジャンパーで修正(基板裏面)。USBの向きの間違いは、ゲタをはかせて干渉を回避。必ずミスをしてしまう。これが仕事でなくてよかったかもしれない。

Dsc03195

USBがのっている基板の向きを間違えて逆にさしてしまったせいか、RS232Cの受信が全く反応しない。送信はできている。予備のパーツがないので秋月電子でまた購入しないといけいない。動作確認はしばらくお預け。

追記:
RS232Cの受信ができない問題は、配線ミスだった。修正して動作確認できた。
P_20170714_100653_vhdr_on

2017年7月 2日 (日)

idbox! ドライバチップ冷却用ファン

ドライバチップを空冷するためのファンをidbox!に追加したい。

アマゾンに発注していた4cmファンが2週間たってようやく中国から届いた。激安なので時間がかかるのはしょうがないけど、到着予定日に幅を持たせて早く届くかもしれないと期待をもたせるのはやめてほしい。マケプレの場合は到着が最短で何日というのは全くあてにならない。(近所のK's電気だと1000円するのに、送料込みで1個167円なら文句は言えない。)

ファンをidbox!に固定するための治具を作製。オリジナルの仕切り板をデジカメで撮って、InkScapeでトレースしてファンを固定する治具を作製。

朝起きたら、フィラメントが途中で絡まったのかスパゲッティになっていた。これでノズルがつまったようで、今度はスカ積層。なかなかクオリティーが安定しない。棒でノズルのフィラメントを押し出してノズル掃除をしてまた造形やり直し。

Dsc03190

セットしてみると干渉があったりして、サイズを何度か調整したりもあり、5枚目でようやく完成。

Dsc03189

こんなに小さいファンなのに爆音。軸がぶれているようで振動がすごい。やっぱりちゃんとしたファンを購入する必要があるかもしれない。

Dsc03191

ファンの電源は、分岐ボックスを作製。

Dsc03265

配線を隠す板をプリントして取り付けた。

Dsc03266

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ