« イカバルーン | トップページ | idbox! z軸の調整 »

2017年8月 3日 (木)

フィラメント吐出不良解決か?

idbox!が我が家で稼働し始めてすぐにヒートベッドを導入したにもかかわらず、ABSは積層割れでまともに造形できなかった。保温が必要ということで、自作ボックスで保温したら脱調した。モーター外出しや、ドライバーチップの空冷ファン追加、ガントリー固定にスプリングワッシャーを使ったりと熱対策することで、保温しても脱調せずにABSを造形できるようになった。

最後に残った課題は、フィラメントの吐出不良によるスカ積層。普通、フィラメント送りが悪いとエクストルーダーの不良かノズル詰まりを疑う。最初はエクストルーダーの不良を疑ってドライブロールを交換したり、アームを交換したりして、治ったように見えても、しばらくするとやっぱりスカ積層になる。また、ノズルの掃除後は調子が良いが、やっぱりそのうちフィラメントが出なくなる。

ネットで情報を集めた結果、これらの原因がどうやらバレルの冷却不良によるフィラメント詰まりらしい。

https://deagostini.jp/community/mtp_bbs/detail.php?id=4582

パワーアップ編の改良型ヒートシンクに交換してみたけど効果なし。次に、マスキングテープでヒートシンク側面をふさいで、ヒートシンクの穴からバレルに当たる風を増やしてみた。(正面から見て左側のみ)たぶん、解決したっぽい。これまでのスカスカ、ざらざらが改善している。

Dsc03260

Dsc03258

idbox!が我が家で動き出して以来、ABSでこんなに大きな造形物がインフィル100%でも積層割れせずに、しかも最後まできっちりとフィラメントが出続けたのは初めてかも知れない。ようやく強度のある部品をABSで造形できるようになった。うまくいかないときはフィラメントが悪いのかと思って、他のメーカーのフィラメントを試したくなるけど、フィラメント無罪だった。

追記:

調子に乗って、ヒートシンクの右側と、上面にもマスキングテープを貼ってみた。これで風ストッパーも含めて、ヒートシンクの4辺をぐるりとふさいだ形になる。

すっかすか。バレルが詰まった orz

Dsc03286

ヒートシンクがすごい熱を持っていて、放熱できていないみたい。エアフローって難しい。

マスキングテープでふさぐのは、正面から見て左側の1辺に戻したらちゃんと造形できた。最適条件がピンポイントすぎる。白色ABSでバレル詰まりは記憶にないので、クリアーABSの条件がピンポイントなのかもしれないけど。

« イカバルーン | トップページ | idbox! z軸の調整 »

3Dプリンター」カテゴリの記事

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ