« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月31日 (水)

1/20 Brabham BT52 シートベルト

一番厄介なシートベルトを取り付けた。でも何度もやっているうちにだいぶん慣れてきた。雑誌の作例と組み方やバックルの色が違うけど、細かいことは気にしない。

Dsc03548

2018年1月29日 (月)

1/20 Brabham BT52 ようやくエンジン完成

先日の土日の進捗はほとんどなし。1週間あいて、ラジエーターを取り付けてようやくエンジン完成。エッチングパーツは難しくて、半分も使ってない。

プラグコードはムリそうだけど、ちょっとだけパイピングしてみた。

Dsc03546

Dsc03544

2018年1月22日 (月)

1/20 Brabham BT52 ホースバンド取り付け

関東は午後から大雪。早めに帰宅して、大混乱のニュースを見ていた。妻がインフルエンザB型であることも判明し、自分が発症するのも時間の問題か。

Screenshot_20180122204206_3

BT52はほとんど進捗ないけどラジエーター組み立て中。ホースバンドは良いアクセントになるけど、エッチングパーツ超むずい。

Dsc03542

2018年1月16日 (火)

1/20 Brabham BT52 ラジエータの組み立て

最近仕事が忙しくて、疲れてすぐ寝てしまうのであんまり進んでないけど、ラジエータをちょっとだけ組み立てて塗り分けした。ナンバーの色は、青にシアンを追加したけど、マゼンダも入れた方が良かった。でも面倒なので修正はしない。ホワイトの部分はデカールが付属するけど塗装にした。

久しぶりにクレオスのメッキシルバーNEXTを使ったら、塗膜が弱くてマスキングテープに簡単に持ってかれたorz。触っただけでも塗膜が簡単に剥げたので、ガイアのシルバーで部分的に修正した。面倒なので下地の黒を塗装せずにプラに直接吹いたのかいけなかったのかもしれない。

Dsc03541

2018年1月12日 (金)

1/20 Brabham BT52 エンジン完成

エンジンがほぼ完成。雑誌の作例の真似はとてもできないけど、インスト通りに組んだだけでも悪くないかもしれない。

Dsc03538

アンダーパネルに接着。使用するかどうかわからないけど固定用のナットも取り付けた。

Dsc03539

4気筒とコンパクトな割には重心が高そうに見える。

Dsc03540

まだラジエーター等の補器類が残っているけど、エッチングパーツがあるので難しそう。

2018年1月 9日 (火)

今日の3Dプリント 窓際の棚

お風呂に入るときに、洗濯機の上の小窓のスペースに洗剤を置く棚を作ることを思いついた。さっそくCADでデザインして、Curaでスライスし、idbox!でABSでプリント。idbox!は造形物がちょっと小さいので、スタートコードにStep per unit を変更するコマンド M92 X71.70 Y71.70 を追加した。

Cura

手持ちの切れ端は小さいのしかなかったので、ちょうど洗剤を置くくらいのスペースしかない。

Dsc03533

2018年1月 8日 (月)

1/20 Brabham BT52 エンジンとエキパイの組み立て

3連休の最終日。タイレルのFord DFVのエキパイもムズかったけど、このエキパイも結構ムズかった。まだシャシーとエンジンに組み付けるまでは安心できないけど。たぶん、インストの部品番号と矢印の位置が間違っている。

塗装は、下地がシルバーで、インスト通り焼き鉄色で塗装し、墨入れエナメルを軽く部分的に吹いておいた。もう少し変化をつけてもよかったかもしれない。

Dsc03530

直4エンジン。

Dsc03527

シャシーとエンジンを仮組してみる。ちょっとずれてるけど気にしなければいいか。

Dsc03531

2018年1月 7日 (日)

ウレタンクリアの上に塗装

ウレタンクリアの上からラッカー塗装してみた。溶剤がガイアのメタリックマスターのせいもあるかもしれないけど、特に問題はないみたい。

左がクリアABSでアセトン雰囲気40分処理あり、右が黒PLA。下地の色の違いがでた。

Dsc03524

1/20 Brabham BT52 研ぎ出し

ラプロス6000番と、タミヤコンパウンド3種で研ぎ出し完了。

Dsc03521

Dsc03523

Dsc03522

2018年1月 6日 (土)

1/24 TOYOTA TS020 完成

完成したと思っていたら、天井のマルボロシェブロンの塗り分けの間違いを発見。ウレタンクリアの上からラッカー塗装してもよいかどうかわからないので、念のためアクリル水性塗料で塗装しておいた。

Dsc03519

修正完了。リアカウルの台は3Dプリンターで作製した。

Dsc03520

修正前に撮った写真。

Dsc03511

Dsc03512

Dsc03513

Dsc03514

今回組み立てたのは、デカールが劣化していた中古キットだけど、新品で買ったキットも積んでいる。練習のつもりだったけど、もう一つの方はたぶん一生組み立てることはないかもしれない。

2018年1月 5日 (金)

1/20 Brabham BT52

デカールの上に定着用の薄めのラッカーを吹いて、その後濃いめのラッカークリアを吹いてからスポンジやすりでザクザク中研ぎした。

帰省している間にラッカークリアを乾燥させて、ウレタンクリアを吹いた。いつもはシンナー30%で希釈しているところ、間違えて40%と多めに希釈してしまったので、たれやすかった。

Dsc03509

2018年1月 4日 (木)

VC++でつまずき

ボーランドC++ビルダーからVisualStudioのC++に移行したい。でも、同じC++でなんでこんなに違うのか?

C++の外部の関数からフォームに配置したリストボックスにデータを書き込みたかった。

ボーランドC++ビルダーだと、

Form1->ListBox1->Items->Add("Hellow world.");

となる。クラスとかインスタンスとか理解してなくてもコードは書けた。

VisualStudio C++だと、ある程度自分で世話してやらないといけない。MyForm.hでグローバル変数に保存しておいて、C++の関数で参照してやる。わかってしまえば簡単なことが初心者には難しい。

MyForm::spThis->listBox1->Items->Add("Hellow world.");

Dsc03507

ネットで調べ物をすると、知りたい情報よりもゴミ情報の方が多くて、自分の求める回答にたどり着くまでに非常に時間がかかる。ネットでの回答は義務じゃないんだから、自分で勉強しろともったいぶるくらいなら回答しなければいいのに。

役に立つURL:

https://teratail.com/questions/59793

役に立たないURL:

http://bbs.wankuma.com/index.cgi?mode=al2&namber=64199&KLOG=108

2018年1月 2日 (火)

Tronxy X5 故障?

ひと月ほど前から押し入れで稼働中だったTronxy X5の調子がおかしい。

Dsc03503

カツンカツン音がするし、1層目のスカートが脱調したようにずれるし、Octoprintで印刷すると通信が途中で切れる。ねじの緩みをチェックしたり、電源の電圧をチェックしたりしたけど原因がわからない。

Dsc03501

スライサーのバージョンを変えてみたり、データを変えてみたりしてもやっぱりうまく印刷できない。ダメもとで、ファームウェアをダウンロードして書き換えてみた。異音が出なくなったので、治ったかと思ってみてみてガックシ。なんで楕円orz

Dsc03504

Calibration Cube を印刷してみたら、YとZは20mmだったけど、Xがなんと25mm。たぶん、ファームウェアの設定が間違っている。X軸のデータを20/25=80%に縮小してやれば使えないことはないけど、さすがに25%もずれてるとフィラメントが足りなくて隙間がスカスカになる。

Dsc03505

見つけたファームウェアはバイナリで、ソースがないので数値を変更できない。
Gコードでの修正を試みる。
M503コマンドで、Step per unit がX100.0、Y80.00であることが判明。Xを80.00に変更してみる。
M92 X80.00 で変更
M503で確認
M500でEEPROMに書き込み
なぜか電源を切ると元に戻ってしまう。しょうがないので、スライサーの設定でスタートコードにM92 X80.00を追加してやる。
結局、1か月くらい悩んだ不具合の原因は、ファームウェアが壊れてたみたい。ダウンロードしたファームウェアはなぜかStep per unitがX100.0 Y80.0となっているので、X80.00に変更してようやく修理完了となった。
 
Dsc03506

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ