« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月30日 (月)

1/24 Savanna RX-7 内装の組み立て

26番の部品が見つからないと思ったら、こんなところに隠れてた。

Dsc03979

内装はかなりやっつけ。黒とタンの2色。

Dsc03980

2018年7月28日 (土)

無線LANがぶちぶち切れる

無線ランが切れる。

Dsc03973

切れるというより、たまにつながる感じ。夏に多発するような気がするので、熱の問題かな?

それより、Wifiのアクセスポイント多すぎ。ちなみに戸建て。下手したら、隣の家のアクセスポイントのほうが電波が強いこともあり得る。集合住宅にいた時と変わらない。

Screenshot_20180728094835_3

ボディーを開けてみたところ、中の部品はかなり熱くなるのに放熱のことが考えられているとは思えない。絶対設計ミスだと思う。バッファローじゃないけど、10年以上前にカバーを開けて扇風機で冷やしながら運用してたこともある。

雑だけど、気流を確保するために上面と底面に穴をあけた。

Dsc03970

Dsc03972

台もピラニアソでカット。

Dsc03969

効果のほどは、しばらく様子見。加工前は、ボディー本体が熱を持っていたが、少し温度が下がったような気がしないでもないけど、たぶん気のせい。

2018年7月25日 (水)

深い緑色

子供のころ実家にあったCherryのような深い緑色の塗料を探していたけどなかなか見つからない。

メタリックグリーンにシアンを混ぜたら深い緑になるかと思ったら、逆に明るい緑になってしまった。

Dsc03968

黒鉄色のような暗い色の上にクリアグリーンを吹いてみた。ちゃんと発色するのかと思ったら、意外といい感じになった。子供のころ見た記憶に近いかも。この色で何か組みたい。

Dsc03967

2018年7月23日 (月)

買い物

久しぶりに腕時計を購入。アマゾンで買ったので、大きさは予想していたけど、やっぱりでかくて重い。安っぽいというか、安い(9千円)。枠のブルーの部分は塗装なので、ぶつけて塗装がすぐに剥げそう。可能であれば腕時計は店頭で実物を見て買ったほうがよい。

ストップウォッチは10分までしか測定しない。10分で勝手にリセットされる。安物だからしょうがないし、実際にストップウォッチはほとんど使いわない。

Dsc03957_2

あと、子供のころ実家にあった(というか記憶にない)スバル360。

Dsc03961

ボディーがすごく小さくて、パーツも少ない。

Dsc03963

実家にあったのは初代ジムニーだけど、それよりずっと新しいモデルのジムニーも購入

Dsc03960

こちらもボディーは小さいけどパーツ数はそれなりにありそう。

Dsc03964

1/24 Savanna RX-7 窓枠塗装

地味だけど結構面倒な窓枠塗装。

Dsc03954

Dsc03955

2018年7月22日 (日)

1/24 Savanna RX-7 ウレタンクリア塗装また失敗

前回、湿度70%越えでウレタンクリア塗装してピンホールだらけになったので、今回はエアコンの除湿で湿度を63%まで下げてウレタンクリア塗装した。

またピンホールだらけ。

1000番のペーパーでピンホールを削りまくってつぶして、1500番、2000番、ラプロス6000番、8000番と番手を上げていき、タミヤコンパウンド3種類とミスターコンパウンド極細と、持ってるツールをすべて動員してリカバリーした。

ステップワゴンの黒ほどは効果が分かりづらいけど、てっかてかになった。

あと、今回初めて0.5mmのエアブラシでウレタンクリアを吹いてみたけど、相当加圧しないといけなかったので、いつも通りベーコンピースで低圧で吹いた。

Dsc03948

Dsc03949

Dsc03951

ホビーゾーンに行ってみたけど残念ながらセラミックコンパウンドは売ってなかったのでまだ試せない。

2018年7月21日 (土)

1/24 Honda ステップワゴン ほぼ完成

まだワイパーとかつけてないし、ドアノブとかメッキシルバーがはがれたので再塗装が必要。

ウレタンクリアにピンホールができたときはどうなるかと思ったけど、なんとか最後まで仕上げることができた。YouTube見てたら、セラミックコンパウンドがすごい良いらしいので、今週末に買って仕上げようと思ってたけど、さすがウレタンというかもうこのくらいのツヤでいいや。

Dsc03934

Dsc03939

Dsc03935

Dsc03936

Dsc03937

リアランプの塗分けはノーマル仕様にした。レッドが薄すぎた。

Dsc03938

はげたドアノブ等は写真を撮った後に再塗装した。

Dsc03942

Dsc03945

Dsc03946

2018年7月20日 (金)

1/24 Honda ステップワゴン 内装の組み立て

どうせガラスが真っ黒で中は見えないだろうと手を抜いたら、前席のひじ掛けの肉抜きが丸見え。組み立て塗装後にラッカーパテで穴を埋めた。

Dsc03930_3

エクステリアの組み立て。こんな車に実際に出会ったら近づきたくないかも。

Dsc03931

Dsc03932

2018年7月19日 (木)

1/24 Honda ステップワゴン リアゲートの組み立て

エアコンの除湿でも到達湿度は65%が限界。久しぶりにメッキシルバーNEXTを使ってみたら、悪くない。

Dsc03922

Dsc03924

ナンバープレートのデカールを貼り忘れたので、ギャランラムダのアルミプレートを流用。

Dsc03925

キットに付属のシルバーのシールは、ハセガワのミラーフィニッシュより分厚くて貼りにくいけど、もったいないので使う。

Dsc03926

今回、クリアパーツや外装部品の接着には、ハイグレード模型用セメダインを使ってみた。とても使いやすいけどゴム系なので経年で黄変しそう。

Dsc03928

2018年7月18日 (水)

1/24 Honda ステップワゴン フロントグリルの組み立て

暑さのせいか、だるくて体調がよくないと思って体温計ったら38℃くらいあった。明日出勤時に解熱剤を忘れないようにしないと。

フロントグリルとか、ドアノブとかシルバー塗装したいけど、湿度が高すぎて塗装できる状態じゃない。しょうがないので、ミラーフィニッシュを貼ってみた。 ゴミを噛んで凸凹だけど良しとする。

Dsc03919

あとは、ボディーに組み付け。

Dsc03921

2018年7月16日 (月)

1/24 Honda ステップワゴン 窓ガラスの取り付け

ウレタンクリア塗装に失敗したときは、捨てたいと思ったけど、研ぎ出しでなんとかごまかせた。

気を取り直して窓を取り付けた。

サイドのガラスは、スモークというよりほぼ真っ黒なので、黒いものに黒で塗装する意味が分からない。

Dsc03915

Dsc03916

2018年7月15日 (日)

1/24 Honda ステップワゴン 研ぎ出し

下地が出てもいいやくらいの覚悟で、ピンホールが消えるまで1000番のペーパーでがしがし研磨してやった。その後、1500,2000番と、6000、8000番のラプロスとタミヤ3種のコンパウンドで研ぎ出し。粗目のコンパウンドはモーターツールで研ぎ出しした。

Dsc03908

リカバリーできたとは言えないけど、少しはましになったかも。ただ1000番の傷が至る所に残っている。

Dsc03909

Dsc03910

Dsc03912_2

2018年7月14日 (土)

1/24 Savanna RX-7

これをアマゾンにぽちった時点では、ステップワゴンがまだ失敗すると思ってなかったので、来週くらいに組み立て開始の予定だった。ウレタンクリアに失敗した今日ちょうど届いた。くやしいので、そく組み立て開始。

Dsc03903

捨てサフ黒。600番で一皮むいてからグレーサフを吹いた。

Dsc03904

子供のころ初めてみたRX-7が黄緑色だったので、箱絵を参考に調色した。箱絵よりよっと緑がまだ濃い目かな。

Dsc03905

朝失敗したばかりなのに、懲りずにエアコンの除湿を強めにして湿度63%で塗装強行。塗料は多めに作ったつもりだったのに、タッチアップ用に少し残してギリギリだった。あぶね。

Dsc03906

1/24 Honda ステップワゴン ウレタンクリア失敗

いつもと同じようにやっているだけなのに、なぜかたくさんの穴が開く。ネットで調べたらピンホールというらしい。湿度が70%もあったのがいけなかったのか、こんなにひどいのは初めて。確かにコンプレッサーの水抜きに水がたっぷり溜まってた。エアコンを除湿にしても湿度が60%を下回ることはないので、湿度が原因だとしたらしばらくは塗装できないことになる。ネットで調べたら、ウレタン塗料が冷たくてもだめらしい。ボディーを直前まで乾燥機で加熱してたのもいけなかったのかもしれない。

もう捨てたい。

Dsc03899

今回は下地処理を丁寧にやったのに、どうせこんなにゆず肌になるんだたら下地処理はいらないんじゃないかな。

Dsc03902

2018年7月13日 (金)

1/24 TOYOTA TS020 リアウィングのデカール

YouTubeの動画を見ていたら、リアウィングのデカールを貼ってないことにいまさらながら気づいた。

残りのデカールを探してみたら、修復用に切り取られてた。しょうがないので、白のデカールを赤に塗装して三角形に切り出した。

Dsc03896

Dsc03897

乾燥させたらクリアで保護したいところ。

Dsc03898

2018年7月12日 (木)

1/24 Honda ステップワゴン ボディー塗装とラッカークリア

グレーの捨てサフを1000番で研いで、黒サフのあと2000番まで研いで、黒塗装した。そのあとガイアのEXクリアを吹いたらすごいゆず肌。

Dsc03895

このあと、1000番で中研ぎして、薄めた黒でメタリックの粒子を隠してみる。

1/24 Honda ステップワゴン シャシーの組み立て

シャシーは一体成型なので、黒サフ一色でもいいんだけど、欲を出してシルバーをエアブラシを吹いたら、そのあとボディーにクリアを吹いて、きらきらボディーになってしまった orz

学習しないやつ。

Dsc03890

ハの字シャコタンで引っ張りタイヤとか、実車だったら絶対に乗る機会のない足回り。

Dsc03891

2018年7月 8日 (日)

1/24 Honda ステップワゴン

以前は、シャコタンとか改造車には興味がなかったんだけど、YouTubeの動画の影響で、青島のシャコタンキットを組みたくなった。最近のキットはディテールが細かいのはいいんだけど、値段が5000くらい当たり前になってきている中、2000前後で買えるのが良い。

予約した14,000円のイタレリ 1/12 アルファロメオ 179/179Cキットが今月末に届く予定だけど、そのお金でアオシマのキットが6~7個も買えることを考えると、キャンセルしようか悩んでしまう。悩んだ末に、キャンセルしてしまった。

Dsc03887

内装パーツが大きいせいか、バーツは多いように感じる。その分、ちょっと定価が高くて2600円+消費税だった。やめときゃいいのに、アマゾンでいくらか調べたら税込み2055円。うーん。イタレリのキットキャンセルしたし、14,000分、青島のキットまとめ買いしたい。

Dsc03888

1/24 ギャランラムダ 完成

1週間で完成は、自分では最短記録かもしれないけど、塗膜がちゃんと硬化しているか心配。

塗装が思ったような色にならなくて何度も重ね塗りしたり、研ぎ出しで角を出して修復しようとしてムラになったりと、完全に失敗作とわかったとたんに、次に何を組もうか考えてたので、モチベーションの維持に苦労した。ちな、次に組むDAD ステップワゴンを買ってきた。

なんか、ワイパーのオーバースケール感はんぱない。でも失敗作にエッチングパーツは使いたくない。

Dsc03881

Dsc03882

Dsc03883

確かに、子供のころみたギャランラムダはこんな感じだったと思う。実家の車より大きい印象を受けた。

Dsc03884

Dsc03885

Dsc03886

やっぱり、つやはウレタンクリアにはかなり劣る。

2018年7月 7日 (土)

1/24 ギャランラムダ 内装と外装の組み立て

モチベーションが下がってきたので内装はかなりてきとー。エアバッグががまだ一般的ではない時代らしく、ハンドルのスポークが1本なのは特徴的かな。

車高はいじってないけど、トレッドは前後とも広げた。

Dsc03877

面倒になってきたとはいえ、見える部分は手抜きをせずに塗り分けしないと。

Dsc03876

Dsc03878

リアテールランプのマスキングは面倒だけど、モールドが深いので、難しくはなかった。

Dsc03879

あとは、後回しになったサイドミラーやマフラーなどで、完成までもうちょっと。

Dsc03880

2018年7月 6日 (金)

1/24 ギャランラムダ 研ぎ出し完了

久しぶりにウレタンクリアは使わないことにした。exクリアを吹いて、1000番のペーパーで中研ぎして、薄いクリアを吹いて、6000番と8000番のラプロスと3種類のコンパウンドで研ぎ出しした。ウレタンよりラッカークリアの方がやわらかいのか、研ぎ出しが楽だったけど、角を出してしまって、上からクリアオレンジを吹いたらムラになった orz

研ぎ出しが終わったら、窓枠の塗装。面倒だけどしっかりマスキング。

Dsc03869

Dsc03871

蛍光灯が反射するがほどゆず肌はとれたけど、細かい磨き傷がたくさん残っている。

Dsc03874

2018年7月 3日 (火)

1/24 ギャランラムダ タイヤとホイール

ボディーの方は、削り取ったエンブレムのところにデカールを貼って、クリア塗装して乾燥中。その間にホイールの処理を済ませた。箱絵を見るとホイールは落ち着いた色に見えるので、きらきらメッキをハイターで除去して、EXシルバーを吹いておいた。前後で幅が違うけど、そんなはずないよな。

Dsc03867


2018年7月 2日 (月)

1/24 ギャランラムダ ボディー塗装

仕事帰りにホームセンターによって7番ブラウンを買ってきた。湿度がようやく60%くらいに下がったのでボディーに、インスト通り7番ブラウンと8番銀を混ぜて塗ってみた。

銀8の量が多すぎたのか、箱絵の作例と全然違う。カッパーというかオレンジというか、期待したより明るすぎる。

Dsc03856

箱絵の作例はいい感じの焦げ茶色だけど、何を塗ったんだろうか。戦車用に買ったつや消し塗料しか持ってないけど、マホガニに銀8を混ぜて塗り直し。

Dsc03858

シルバー入れすぎたせいかもしれないけど、マホガニーもなんか違う。あとで考えたらこれはこれで悪くなかったんだけど。

Dsc03859

クリアブラウンをクリアに混ぜてレベリングシンナーで薄めて吹いてみた。

Dsc03860

写真に撮ると実物より明るく見えるけど、なかなか箱絵の作例ような色にはならない。この辺で妥協する。

Dsc03862

2018年7月 1日 (日)

1/24 ギャラン ラムダ 青島

近所のホビーゾーンではなぜか青島のキットが充実している。前回なかったけど、今回行ったらなつかしのギャランラムダが売ってた。しかも税抜きで2200なら安い。

なぜ今頃ギャランラムダが再販?ターゲットは50歳以上向けだと思う。小学生のころ1/20のキットを組んだ。もちろん塗装なしで。

Dsc03854

まずは下地処理のために黒サフを吹いた。ボディー色はインスト通り、ミスターカラーの7番8番を6:1で混色することにしたいけど、7番持ってない。ボディー塗装は来週までお預け。

Dsc03855

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ