« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月28日 (金)

はじめてのロードサービス

今日は仕事納め。あまりまくっている年休も今日までに使わなければ来年リセットされてしまう。せめて半休をと思って昼に帰ろうと駐車場に着いたら、キーのドアロック解除のボタンを押してもロックが解除されない。おかしいと思ったら、エンジンもかからない。ヘッドライトを消し忘れてバッテリーがあがってしまった。

どうしたらよいかわからないので、まずディーラーに電話で相談した。そうしたら、ホンダトータルケアに加入してるからそこに電話しろという。ところが、ホンダトータルケアになかなか電話がつながらなくて、昼ご飯のお弁当を食べながら待った。ようやく電話がつながったら、どこの任意保険に加入しているか聞かれたけど、以前加入していた間違った保険会社名を伝えてしまった。その間違えた保険会社から連絡があり、実際に契約している保険会社の緊急受付に電話しろとの指示。

財布に担当営業の名刺を入れてあることを思い出し、ここから事態が一気に進展する。保険会社の緊急窓口に電話するとすぐにつながり、SMSでネット受付のURLが送信されてきて、ナンバーやGPS位置情報などを送信することで、簡単にロードサービスを手配することができた。ちなみに損保ジャパン。

ここで、ふと気が付いた。最初から保険会社に電話すりゃよかったんじゃね?

ロードサービスは40分ほどで来て、こんな小さな道具(バッテリー)で本当にエンジンがかかるのかと思ったけど、簡単にエンジンがかかった。ロードサービスのお兄さんが天使に見える。バッテリーが上がったのは免許を取ってから初めてだったけど、ケーブルさえあれば知り合いの車に助けを求めることができることをあとで知った。

以前JAFの永年会員だったのに妻に年会費がもったいないという理由で、一度もJAFのお世話になることなく勝手に解約された。今回は任意保険会社のロードサービスに助けられた。任意保険は高いけどいざというとき頼もしい。ちなみに、ロードサービスは無料。今回はバッテリーの劣化が原因ではないけど、ディーラーで念のため新品のバッテリーに交換して2万2千円だった。ホンダトータルケアは疑問だけど、仕事納めにもかかわらず、すぐにバッテリーを交換してくれたホンダディーラーにも感謝。

1/48 In the happy corner その4 またパーツ紛失

またパーツをなくしてしまった。しょうがないので作ることにした。

図面をコピーしてなかったけど、同じキットを2つ買ってあったので救われた。ボードはプラバンから切り出してフラットアースで塗装した。やっぱり図面はコピーしておくにかぎる。

Dsc04265

黒だと見えづらいかと思って、コントラストを上げすぎた。

Dsc04266

無くさないうちに取り付け。

Dsc04269

ベーカリーのパーツも追加。フランスパンに見えるかな?あとでつや消しクリアを筆塗りしようと思う。

Dsc04262

Dsc04264

つぎは花や草木の飾りつけをしないといけない。これが一番面倒でセンスが問われる。

Dsc04272

2018年12月27日 (木)

1/48 In the happy corner その3 LED配線

位置を確認しながら、LEDを配置して接着。

Dsc04258

熱収縮チューブの長さがビミョーに足りなかったorz やり直した方が良いかな?

Dsc04259

点灯テスト。

Dsc04260

あとは、ひたすら小さいパーツを組んでいく。量が多くてゴールが見えない。

Dsc04261

2018年12月26日 (水)

今日の3Dプリント 接着剤スタンド

ドールズハウスを組んでいて、あると便利だと思ったものを作ってみた。

データはこちら、「bond_stand_v4.stl」

Holder1

ぴったりのサイズでプリントしたら、ビミョーに収縮していて完全にははまらない。サイズを102.7%に拡大して再プリント。

Dsc04256b

追記:

ファミマにスタンド付きが180円で売ってた。木工用ボンドってどれも一緒だと思っていたけど、複数社から販売されていたとは知らなかった。スタンド付きのふたは特許を取っているから他社では出せないとかあるのかな?

Dsc04257

1/48 In the happy corner その2 コーヒーショップの組み立て

使われているコードが硬めで、電池交換の際に切れたら修復は困難なので、スイッチの配線を熱収縮チューブをかぶせてやり直しておいた。

Dsc04246

最大の難関。ねじって短く切った針金を立てて接着しなければならない。

Dsc04248

Dsc04249

壁のパーツ類。間違えてカーテンを表に貼ってしまった。やり直し。

Dsc04252

コーヒーショップの組み立てがほぼ完了。わずかにねじれて傾いているかも。

Dsc04255

1/48のスケールではないけど、本。

Dsc04250

2018年12月25日 (火)

1/48 In the happy corner その1 作製開始

ホビーゾーンにペンケース缶の中に作りこんだ小さなドールズハウスが展示してあった。LED照明も組み込んであり、すごい精密で、こんなのが作れたらいいなあと眺めてた。展示品のようで、周りを探してみたけど売り物ではなさそうだった。(追記:よく探したら、日本語パッケージが3800円で売ってた。アマゾンが安すぎるだけで、適正価格だと思う。)

家に帰って、アマゾンで調べたら売ってた。しかもあの精密さで値段がたった1680円とは予想外に手ごろ。さっそく買ってみた。最初注文しようとしたら、なぜかクレジットカードナンバーを入力する画面が現れた。怪しいのでそこの業者はやめて、アマゾン発送の別のマーケットプレース業者を探して発注した。中国発送だといつ届くかわからないけど、アマゾン発送なのですぐ届いた。

Dsc04241

4つ買ったつもりが、同じものを2つ買ってしまった。理由は、In the happy corner を、幸福な街角とコーヒーショップと2種類の訳があったから。でもノープロブレム。できれば全種類ほしい。横が3種類、縦が3種類の計6種類あるらしい。

Dsc04240

パーツは結構細かい。初心者向けと書いてあったけど本当かいな。結構、大変そう。インストは英語だけど、アマゾンには日本語解説付きもある。ちょっと値段が高いけど。

Dsc04243

さっそく作製開始。プラモとはまた違った楽しみがある。色を塗らなくてよいのでどんどん組んでいけるのが楽しいかも。帰省した時暇なので、暇つぶしにちょうど良さそうだけど、工具を一式忘れずに持って行かないといけない。

Dsc04245

1/24 Lancia Stratos turbo あっという間に完成

ボディー塗装しなくていいので、3連休の3日間であっという間に完成。

Dsc04227

Dsc04237

Dsc04228

Dsc04234

Dsc04235

Dsc04238

2018年12月23日 (日)

1/24 Lancia Stratos turbo パーツ紛失

フロントのアップライト(?)のパーツをぽとんと落としただけなのに、必死に捜索しても発見できない。

さくっと組むつもりだったのに、3Dプリンターで複製するハメに。腹立たしい。

Stratos3

久しぶりのIdbox!。まあ、たまには使ってやらないと。

久しぶりに調べてみたら、以前はできなかったFlashAirのIPアドレス固定化が可能になってた(コマンドが公開された?)

Dsc04222

ABSでプリント。なんとか複製できた?

Dsc04223

やれやれ、なんとか紛失したパーツの復活成功。必要ないけど、ちゃんとステアする。強度的にも問題なさそう。

Dsc04224

1/24 Lancia Stratos turbo TAMIYA

1つはそのまま組む用、1つは積む用、もうひとつはいつかアリタリアカラーで塗る用。そんな日が来るかどうかはわからないけど。

Dsc04215

パーツ数はすごく少ない。

Dsc04216

Dsc04221

ボディーを塗装しなくてよいし、エンジンもないので、せめてフィギュアくらい塗装しようかと。

Dsc04218

ホイールのメッキは、キッチンハイターではびくともしなかったのであきらめてプライマリーサフを吹いてから塗装してやった。

Dsc04219

2018年12月19日 (水)

3Dプリント:スマホホルダー

安物車載用スマホホルダー奥行きがありすぎ。そんな分厚いスマホ見たことない。おさまりが悪く、振動で倒れてしまうので、スペーサーを作製してみた。ちゃんとしたやつを買えばいいだけなんだけど。

Dsc04212

Dsc04211

スペーサーは両面テープで固定。PETGの押出抵抗にエクストルーダーが負けていて、インフィルがスカスカ。ちょっと力を加えたら層間で割れたので瞬着を塗ってみた。でふにゃふにゃの強度なし。

Dsc04210

エアコン排気口から取り外すときに爪を折ってしまったので複製。強度が欲しいのでインフィル100%にしてみた。冬は良いかもしれないけど、夏にPETGが車内の高温に耐えられるか心配。PLAだと確実に溶ける。

Dsc04209

ちょっとだけ改良

Dsc04214

2018年12月15日 (土)

久しぶりの飛行機

子供のころ空母のプラモデルを作った記憶がかすかにある。それがニミッツだったかエンタープライズだったかは覚えてない。アマゾンで調べたら、甲板?に載せる飛行機があったので安かったし買ってみた。1/350だけど、予想以上にでかい。てことは、1/350の空母ってかなり大きいということが実感できた。あと、車輪とか意外と細かい作業だった。まだ塗装はしてない。

Dsc04206

2018年12月11日 (火)

3Dプリンタ故障

3Dプリントしようとしたら、原点復帰でガガガーッとすごい音が。エンドリミットが検出できていないことはすぐに想像がつく。見てみたら、やっぱり割れてた。

Dsc04202

Z軸も割れてる。力のかかるところにPLAを使ってはいけないということか。

Dsc04204

アクリサンデーで割れたとこ接着しても良いけど再発しそうなので、PETGで作り直すことにした。Thingiverseで探してみたらやっぱりあった。コメントにすぐ壊れたと書いてある。

Dsc04203

PETGフィラメントは送り出しに抵抗があるのか、たんにノズルが詰まっているのか、エクストルーダーが空回りしてカチカチ音が出ている。

とりあえず応急処置して様子をみる。

Img_20181210_192429b

2018年12月 9日 (日)

スマホ買い替え

これまで、ASUSのZenfone 3を使ってきたけど、画面を押していないつもりなのに、クリックした反応したりと、いまいちな点があった。そのZenfone 3 のイヤホンジャックが壊れた。1年くらいしか持たなかった。

副社長が逮捕されたり、今アメリカで不買運動が起こったりしているファーウェイだけど、性能の割に値段が安いので買っちゃうよね。盗聴チップが付いているとかついていないとか言われているけど、別に中国政府に盗聴されても困らないし。iPhoneが欲しいけど10万円は出せないし。

Dsc04198

ZenfoneとP20 liteを並べてみると、P20 liteの方が圧倒的に色が鮮やか。いままで使っていたZenfone3のほうが色が黄色っぽくて、いわゆる尿液晶であることが判明。並べてみないと気が付かなかったけど。

自作PCでASUSのマザーボードをずっと使ってきたので、ASUSのイメージはよかったけど、スマホを比べると残念ながらファーウェイよりもかなり見劣りする。

Dsc04201

2018年12月 8日 (土)

初めてのPETGフィラメント

アマゾンがサイバーマンデーとかやっているけど、欲しいものリストの液晶モニタが値上がりしてた。すべての商品が安売りというわけじゃないのね。

いま使っているPLAフィラメントがなくなったらPTEGを買うつもりで一年以上経過してしまった。フィラメントの種類(メーカー)も色数も増え、値段もさがって3千円ちょっとで買えるようになった。購入したPETGフィラメントは、「RepRapper もつれ無し PETG樹脂製 3Dフィラメント 1.75mm径 1kg 靴の中敷きの注文生産に適した高い研磨性能 (ブルー)」というやつ。中敷きって?

Dsc04187

船をTronxy X5でプリント。条件は、積層0.2mm、ノズル温度235℃、ベッド70℃。

PETGというと、ベッドへの定着や、糸ひきが心配だったけど、特にPLAと大きな違いはなさそう。Curaの最新バージョンでPETGの設定を使ったのが良かったのかもしれない。ポリカーボネートシートを貼ったガラスベッドにちゃんと定着して、はがすのも問題ない。糸ひきもPLAより少ないくらい。

Dsc04191

Dsc04192

ところが、積層間の接着が弱いようで、強い力を加えたつもりはないのに簡単に割れた。PETGって強度があるときいていたのに期待外れ。ノズル温度が足りないのかな?

Dsc04190

どうやら、吐出不良でフィラメントの量が足りていないのが強度不足の原因っぽい。そのうちに、ノズルがつまったようでフィラメントがほとんど出なくなった。エクストルーダーがカチカチ音を出して空回りしている。

Dsc04196

フィラメント掃除がしにくい構造で、idbox!で使っていた掃除用の棒がささらない。PLAがまだ残っているのにPETGフィラメントを差し込んで235℃と高温にしたのがノズルが詰まった原因かもしれない。

コンロでノズルを焼いてみた。カチカチ音がしなくなったので、なおったように見える。強度はかなり改善した。こわくてあまり強い力を加えていないけど、PETG本来の強度が得られたかもしれない。

Dsc04197

そういえば、idboxでもPLAとABSを交互に使っていてよくノズルを詰まらせた。今後は、Tronxy X5はPETG専用、idbox!はABS専用で運用していく。そうすると、PLA専用機も欲しくなる。2万円以下で買えるAnet A8くらいがいいかな?置く場所がないけど。

P.S.

外人のYouTuberは、PETGを「ピーティージー」と言ってる。てっきりペットジーだと思ってた。

2018年12月 6日 (木)

1/12 Honda RC213v 2014 タイヤの組み立て

苦手だったタイヤデカールを無難に貼れるように成長した。211Vでは失敗して予備も含めてタイヤデカール2セット取り寄せたというのに。

Dsc04186

2018年12月 5日 (水)

1/12 Honda RC213v 2014 スイングアームの組み立て

当然だけど、塗装ブースの排気ダクトを直したら、匂わなくなった。

スイングアームの組み立て。YouTubeの動画ではカーボンデカールを貼っていた人がいたけど、難しそうで真似できないので、黒鉄色で塗装。インストの塗装指示はセミグロスブラックだけど。

Dsc04180

2018年12月 4日 (火)

エアブラシホルダー

タミヤのエアブラシ台にクレオスの0.2mmのエアブラシは収まりが悪く不安定。そのうち落ちそう。そこで、エアブラシのホルダーを作ってみた。

Model3d

サイズを測って設計したつもりだったけど、やっぱり最初のプリントは小さすぎた。現物合わせで少しサイズを大きくして、2回目で完成。ただし、ねじ穴は2つ必要だったので、あとでドリルで穴を追加した。使った3DプリンターはTronxy X5。

Dsc04179

エアブラシを安定して固定できるようになったので、落とす心配がなくなった。

Dsc04177

半年放置したPLAフィラメントが、湿度のせいかぶちぶち切れる。今使っているのを消費したらPETGを試してみるつもり。PLAだと溶剤で劣化しそう。

2018年12月 3日 (月)

1/12 Honda RC213v 2014 リアスプリング

なんか部屋が臭いと思ったら塗装ブースの排気ダクトが外れてた。

バイク模型の小さい部品の塗り分けがめんどくさい。

Dsc04175_2

クリアーオレンジを塗装したが、ディテールアップパーツよりかなり濃くなってしまった。スプリングは念のためマルチプライマーを吹いてから白サフと黄色で塗装した。

Dsc04172

今回はカウルでやらかしているので、ディテールアップパーツは使わずに組む。

Dsc04176

2018年12月 2日 (日)

1/12 Honda RC213v 2014 エンジンの組み立て

全然進んでないけど、エンジンを組んだ。

Dsc04167

Dsc04169

Dsc04171

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ