« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月25日 (日)

久しぶりにプラモ 1/35 ヤンマーコンバイン

久しぶりにプラモを組んでる。ヤンマーの稲刈り機。昔は刈った稲を束ねていたのでコンバインと呼んでいたけど、いまはその場でモミを取って稲をばらばらに切り刻んでしまうので、厳密にはコンバインしなくなって何十年もたっているのにいまだにコンバインって呼んでるのか。

子供のころ実家にあったのは4条刈りだったかな。 今はエアコン装備で農業も労働環境がずいぶん良くなっているのかもしれない。稲刈りの順は富山は右から左へ往復が主流だと思うけど、隣の新潟では四角を描くように外周から内側へ稲刈りをしているのが新幹線の車窓から分かった。

成型色のままで塗装なしでも組めるようになっているけど、黒は黒サフ、白は白サフ、赤はハーマンレッドを塗った。

Dsc04855

2019年8月24日 (土)

PETGフィラメント交換

PETGフィラメントの粘度が高く、エクストルーダのステッ ピングモーターがカンカンと脱調する件、3つめのフィラメントを試してみた。

これまでのフィラメントだと、ノズル温度を260℃まで上げる必要があったが、SainSmartのPETGは250℃でもカンカン音がしない。たった10℃の違いだけど、これが大きい。ただ、透明フィラメントは失敗だった。これまで1層目のスカートやブリムの量でノズルとテーブルのギャップを調整していたけど、透明なので1層目が全く見えない。SainSmartのPETGは使えそうなので、次は黒か青を発注したい。どうせ塗装するのでフィラメントの色はなんでもいい。

Dsc04853

Dsc04850

透明フィラメントはきれい。さすがPETG、強度はすごい。

あいかわらずリトラクト後の押し出しでカツンと音が出るけどしょうがない。

Dsc04854

2019年8月17日 (土)

棚をDIY

3DプリンターでL型の治具をプリント。ホームセンターでも売ってる。しかも結構安い。プリントの手間を考えたら買った方が良いかも。

Dsc04845

板はt13mmの桐を買ってきたけど柔らかすぎる。素直にコンパネを自分で切ればよかったかな。

Dsc04843

壁の上部に棚を作った。試しにプラモを並べてみた。

Dsc04846

Dsc04844

Dsc04847

積みプラを押し入れにしまうんじゃなくて、見えるところに置くと、模型店に住んでるみたいでうれしい。けど、家族のひんしゅくをかいそう。

地震でプラモが降ってきそうだけど怪我はしないだろう。

お気に入りのプラモを並べていきたい。

2019年8月14日 (水)

Tronxy X5 エクストルーダの脱調(自分用メモ)

Tronxy X5のエクストルーダのモーターのトルクがPETGフィラメントの粘度に負けてカクンカクンと脱調する件、フィラメントを別のメーカー製に変えてみたけどほとんど変わらず。

モーターを触ってみるとすごく発熱しているようなので、モーターに手持ちのヒートシンクを貼ってみたけど脱調は変わらず。

40mmファンをつけてみたら、モーターの温度が下がったけど、カクンカクンと脱調は改善せず。

モータードライバーの半固定抵抗を回してドライブ電流を増やしてみたけど解決せず。

結局、プリントスピードを落とすしかない。層間0.2mmで、30mm/sが限界のよう。

Dsc04835

Dsc04840

 

2019年8月 9日 (金)

オオクワガタとヒラタクワガタ

オオクワガタもヒラタクワガタも、コクワガタさえも、学名はDorcusという同じ仲間だった。知らんかった。どうりで似てるわ。

ボディーはほぼ同じなので流用。足も触角も同じ。

アップロード先はThingivers www.thingiverse.com/thing:3794207

Dsc04822r

気に入らないところを修正したり、3Dプリンターにトラブルがあったりと、どんどん数が増えていく。

Dsc04823r

どれもDorcusという種類なのに、和名は〇〇ヒラタクワガタだったり、〇〇オオクワガタだったり。興味がない人から見ればGとさえ区別がつかないかもしれない。

〇アルキデスヒラタクワガタ (Dorcus Alcides)

こんな大きなヒラタクワガタ見たことない。インドネシアにいるらしい。

Dorcusalcides

〇オオヒラタクワガタ (Dorcus Titanus Titanus)

これもインドネシア。

Dorcustitanustitanus

〇アンタエウスオオクワガタ (Dorcus Antaeus)

インドとか南アジアにいるらしい。

Dorcusantaeus

〇いわゆる日本のオオクワガタ(DorcusHopeiBinodulosus)

オオクワガタはネットの画像を下絵にしてトレースしても、やっぱりイメージと違う。実物を見たことないからわかんないけど。

Dorcushopeibinodulosus

2019年8月 5日 (月)

Idboxまた不調

先週末はZBrushCoreでデザインしたクワガタを試しプリントしたけど、いろいろ調子が悪かった。しばらく調子がよかったのに、一旦調子が悪くなると次々にトラブルが連続する。

1.サポートが倒れる

 初めて買ったAnyCubicのABSフィラメントが悪いのかと思って、SainSmart製に変えたけど変化なし。Z Hop をオンにしたらCuraのバグでプリントがとまる、CuraのバージョンアップでZ Hopが正常に機能し、サポートが倒れる確率が減少。

2.フィラメントが出てこない

 フィラメントが途中からでなくなったと思ったら、ノズルの温度が上がらない。まず最初にヒーターの断線を疑ったけど、テスターでチェックしたら問題なし。ターミナルの電圧を測定したら12V来てる。でも基板の裏を見たらはんだが割れてる。はんだを追加したらパターンが焼けたのかランドがなくなった。やべー。ターミナルの足に銅線をはんだ付けして、別の同電位パターンにはんだ付けして応急処置。アマゾンに基板のバックナンバーを発注。

3.積層ずれ

 いわゆる脱調ってやつ。Curaのバージョンを変えた以外は何も変えてないはずなんだけど、久しぶりに発生した。3回やってほぼ同じところで積層がずれる。モータードライバーの半固定抵抗を30度ほど時計方向に回して電流を増やしてみた。でも脱調って、トルク不足でも起こるけど、電流が多すぎると発熱でも起こるので、調整が難しい。ヒートシンクと空冷ファンを追加してあるので、熱が原因とは思えないんだけど。別の解決策として、トラベルの速度を落とすと良いらしいけど、デフォルトの120mm/sからすでに100mm/sに減らしているんだけど、さらに80mm/sまで落とさないとだめかな?

Dsc04811r

週末、昼も夜もずっとABSプリントしてたら部屋が臭くなって頭が痛くなってきた。健康に悪そう。電流値を増やしたのと、トラベル速度を80mm/sに落としたので、どちらが効果があったのかは不明だけど、積層ずれは治ったぽい。

Dsc04816r

Dsc04821r

2019年8月 3日 (土)

3Dプリンター:印刷が途中で止まる

何度やり直しても同じところでプリントが止まってしまう。

プリンターはIdbox、スライサーはCura 4.1.0

どうやら、Z Hop When Retract をオンにするとリトラクトしたとたんにプリントが停止するらしい。スライサーのバグかな?

ノズルがサポートにぶつかって倒れないようにしたいんだけど。

Zhopwhenretract

そこのgcodeは次の通り。フィードレートの値がおかしくないか?

G1 F1500 E-6.5
G1 F17987547480000 Z0.5
G0 F3000 X72.7 Y67.3 Z0.5
G1 F17987547480000 Z0.2
G1 F1500 E6.5

Cura4.2にバージョンアップしたら正しいコードを吐き出したみたい。これに気づくまで何時間もかかった。時間返して欲しい。最新バージョンが良いとも限らないから難しい。

G1 F1500 E-6.5
G1 F600 Z0.5
G0 F3000 X72.7 Y67.3 Z0.5
G1 F600 Z0.2
G1 F1500 E6.5
 

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ