« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月28日 (土)

1/12 Renault RE20 ステアリング周り

ピンぼけひどい。部品が細かくて、ランナーを探すのが大変。

Dsc04903

タコメータのmaxは12000rpmのよう。

Dsc04902

パイピングがちょっと太いような気がする。

Dsc04901

2019年9月26日 (木)

1/12 Renault RE20 アクセル・ブレーキペダル

パイピングの指示が細かい。

Dsc04899

2019年9月24日 (火)

1/12 イタレリ ルノーRE20 組み立て開始 #1

ボディーの表面処理を並行してやりながら、インストの1番目から組んでいく。パーティングラインの処理と、あまりにひどいひけを埋めておいた。(追記:ここは裏面だった。)

Dsc04897

パイピングのチューブが5種類くらいあるのに、インストにはどのチューブを使っていいか指示がない。いったいどうしろと。

Dsc04895

消火器とバッテリーは完成したらどうせ見えないんだろうなあ。

Dsc04896

 

2019年9月22日 (日)

ヤンマーコンバインようやく完成

RE20が届く前に完成させた。そのRE20は、18日に駿河屋によったらすでに店頭に並んでいたのに、アマゾンから届くのは23日の予定。

Dsc04892

Dsc04893

2019年9月20日 (金)

ヤンマーコンバイン

先週、息子が下妻のイオンに行きたいというので、連れて行く途中に、このコンバインを田んぼで見かけた。

大分前に注文したイタレリのルノーRE20を来週発送するとアマゾンから連絡があった。秋葉原の駿河屋ではとっくに店頭に並んでるのだから早く送ってほしい。駿河屋では1/12のフェラーリ312Tをゲット。1/12のMP4-6もあったけど、予算の都合で断念。

ルノーが届くまでになんとかコンバインは片づけたいので、外装までやっつけた。

まず履帯。戦車の要領で。

Dsc04885

Dsc04886

運転席の塗装はメインは黒サフ。

Dsc04887

もうすぐ完成。あとは細かいパーツのみ。

Dsc04890

2019年9月17日 (火)

パリーフタマタクワガタ

フタマタクワガタを2つ追加。

パリーフタマタクワガタ:https://www.thingiverse.com/thing:3854187

リノケラスフタマタクワガタ:https://www.thingiverse.com/thing:3852795

最近は手抜きで、胴体と足は使いまわし。

Dsc04880r 

Dsc04884r 

Dsc04882r 

ノコギリクワガタ系をもう少しやりたいけど、次はカミキリムシでもやってみようかと考え中。

マンディブラリスフタマタクワガタ

BioHazard RE:2は攻略動画を参考にしてもどうしても3時間切れない。修業が足りない。 RE:2で忙しかったので、約1か月ぶりの3Dスカルプティング。

Screenshot02_20190910200001

最近サムネが表示されないThingiversにアップロードしておいた。www.thingiverse.com/thing:3846592

 

いつもは左右にぶった切ってからプリントしてたけど、試しに分割せずにプリントしてみた。

サポートが倒れてアゴが途切れてる。裏側は見えないからいいけどひどい状態に。表面はこちらの方がきれいかも。

Dsc04865

いつものように左右分割してプリントしてみたけど、こちらは裏側がきれいだけどどうせ見えないし、サポート除去が面倒。

Dsc04866 

左が、分割しない方。クリア塗装してるのでわかりづらいが、分割しない方がきれいかもしれない。

Dsc04869

 

2019年9月11日 (水)

Idboxの脱調対策

今日は9月11日。昨日は36℃もあった。今日も30℃を超えた。

Idboxで8時間のプリントを実行したところ、7時間くらいでX軸が脱調を始めたので、あわててプリント中止。

Dsc04870

造形ボックスの中に制御回路があるので、熱が原因かもしれないと考え、造形部分と制御回路部分をもとのように区切って、制御回路部分にフレッシュエアーを取り入れるためのファンを取り付けてみた。

まずは型紙を貼りつけて、モーターツールで穴をあけた。

Dsc04871

Dsc04872

もともと造形部分と回路部分は部屋が分かれていたけど、電源がものすごく発熱するので排熱が足りなかった。電源を外に出して120mmファンで空冷、40mmファンを2個追加してフレッシュエアーを取り入れるようにした。

Dsc04873

制御回路部分の温度が47℃にまで到達していたのが、31℃まで下がり層ずれはなくなった。

Dsc04874

 

2019年9月 2日 (月)

1/35 ヤンマーコンバイン 本体

ボディーを取り付けた。黒サフ吹いただけ。

Dsc04859

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ