« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月30日 (水)

ギラファノコギリクワガタ

ギラファノコをPhotonでプリントしてみた。

露光時間は12秒。

Setting_20191030165101

大きさ的にはギリギリで、プレビューでは気が付かなかったけど、脚の先っぽが切れてた。

Dsc04939

はら(?)がラフトとくっついてる。露光時間が長すぎたかな?

Dsc04940

Dsc04941

サンドペーパーで軽く表面処理して、ラッカークリア塗装したら、なんとクリスタル。

Dsc04942r

Dsc04945

2019年10月29日 (火)

アマミノコギリクワガタ

Screenshot02_20191029050701

AnyCubic Photon 水洗いレジンの透明、0.05mm、

今回は露光時間を少し増やして12秒にしてみた。違いはよくわからんので10秒でも良いのかな?

Setting

これくらい小さいモデルだと、造形物が造形バットからはがれる音がほとんど聞こえないので、ちゃんとできているか心配だった。

Dsc04937r

表面を2000番で処理してからクリア塗装したけど、けっこう柔らかい。

Dsc04938r

 

2019年10月26日 (土)

水洗いレジンを試してみた

水洗いレジンを試してみた。苦手な臭いの種類は他のレジンと同じだけど、臭いは明らかに少ない。造形物だけじゃなくて、造形プレートとかも水洗いで済むのは楽ちんすぎる。

Dsc04928

露光条件を検索する前に、デフォルトの設定で印刷してしまった。

https://3dprinteronline.shop/basic-knowledge/parameter-values

レイヤーごとの露光後にはがれる音は、露光面積が大きいと確かにカチンと聞こえる。サポート材を印刷している時は音がほとんど聞こえない。

Screenshot01_20191025195401

露光時間が推奨値の半分しかないけど、造形自体はできた。露光時間のせいか、レジンの性質か、柔らかくてゴムっぽい。

Dsc04929

Dsc04931

写真ではわかりづらいけど、水洗いレジンの方がちょっと赤っぽい。通常のレジンの方が硬い。

Dsc04930

ラッカークリア塗装してみた。普通に色を塗るよりもこっちの方が良いかも。

Dsc04934

Dsc04933

Idbox!の予備部品たくさん買い込んだけど、これだけきれいに造形できるのならもう必要ないかも。

2019年10月25日 (金)

Anycubic photon が届いた

AnyCubic Photonが大雨の中アマゾンから届いた。アリだと1万円安かったけど破損せずに届くか心配。本体は予想以上に小さくてびっくり。フットプリントはIdbox!より小さい。

Dsc04923

ネットでは透明グリーンのレジンが250g付属するという記事もあったけど、レジンは同梱されていなかった。純正のレジンは納期がかかりそうだったので、納期が早いアマゾン発送のレジンを事前に買っておいてよかった。最近マケプレで到着予定日を大幅に(4~5日)遅れることが連続であったので、マケプレの納期はあてにしないことにしているけど、マケプレのSK本舗に発注した水洗いレジンはすぐ届いた。

Hiehaというレジンは、吐き気をもよおしそうな強烈なケミカルの臭いがする。書斎兼、寝室に設置するのは厳しいけど、換気しながら使うしかない。

さっそくスライスしようとしたけど、マイナーなレジンのためか、露光データがネット上で見つからない。まずはスライサーソフトのデフォルトの露光時間でプリントしてみた。

Firstsetting

これくらい高さが小さいと、造形中は隠れて全く見えないので、ちゃんと造形できているか不安だった。ちゃんと造形できていれば各レイヤーごとにパリッとはがれる音がするという情報があったけど、音はかすかに聞こえるけどよくわからなかった。動作音はFDM式に比べると非常に静かで、振動はほとんどないので深夜でも問題ない。

3時間後プリント終了。IPA洗浄やあまったレジンの片づけが超面倒。こぼしまくり。

クオリティーはFDMとは別次元。サポートの除去もFDMより簡単。

Dsc04924s

ぬれた状態ではクリスタルのようにきれいだけど、乾かすと半透明になる。写真ではわからないけど、サポートより胴体が微妙に黄色っぽい。2次硬化でさらに黄変するらしい。

Dsc04926

ラッカークリア塗装してみた。クリア悪くない。時間がたつと黄変するのかな。

Dsc04932

FDMでは積層割れや積層ずれなど、ありとあらゆるトラブルを経験したけど、SLAはどうだろう?

2019年10月23日 (水)

Tronxy X5 エクストルーダのモーター交換

PETGフィラメントの粘度が高くて、Tronxy X5のエクストルーダのモーターのトルクが負ける件、ドライバの電流を増やしてみたり、冷却ファンをつけてみたり、いろいろやっても解決しなかった。最後にダメもとでステッピングモーターを交換してみた。

ちなみに、モーターのトルクが不足するとフィラメントが十分送られないので、強度が落ちるし、最悪の場合ふわふわの造形物が出来上がる。

https://ja.aliexpress.com/item/32722953463.html

同じ型番のものに交換するので性能は同じはずなのに、カクンカクンいわなくなった。プリント速度はまだ30mm/sと遅めだけどトルクが弱い問題は解決したみたい。モーターはかなり発熱するので劣化してトルクが減少していたのかもしれない。直ってうれしい。

今は、40mmの空冷ファンで冷却しているので、モータの発熱を防止でき寿命が延びてくれることを期待。

Dsc04920

比較的粘度が低いSainSmart PETG, 255℃, 30mm/s、カチカチの強度のある造形物が出力できた。

Dsc04922

試しに、粘度が高い3D bestのPETGで試してみた。温度を260℃まで上げてみたけど、やっぱりカクンカクンとモータが空回り orz

モーター交換でトルクが改善したと思ったのは勘違いだったのかもしれない。

Dsc04921

追記:

モーターを交換してトルクがアップしたと思ったのは勘違いだった。同じ型番のモーターに交換してトルクがアップするわけがない。そこで、アリで明らかにサイズが大きいステッピングモーターを買ってみた。

Dsc04964

モーターが長すぎてホームポジションで、y軸のベルトに干渉しそう。

Dsc04965

今度こそ、明らかにトルクがアップした。PETGフィラメントでも全然カクンカクンいわない。PETGフィラメント捨てなくてよかった。

でもモーターが逆回転するorz

コネクタを逆にしたら回転を反転できることは確認できたけど、コネクタが合わないので無理やりさして仮運用。接続を逆にするためにコネクタとソケットをアリに発注した。

 

2019年10月22日 (火)

光造形3Dプリンター発注

光造形の3Dプリンターがいつの間にか、3万円台にまで値下がりしてた。買わない手はない。ということでアマゾンに発注し、金曜日に届く。FDM式では、昆虫や戦車なら積層痕が気にならないけど、カーモデルの部品を作る気にはならない。やったことあるけど、後処理が面倒すぎる。光造形なら、ホイールやエンジンのパーツが作れるのではないかと期待している。

けど、置き場所がない。匂いがきつい(らしい)。

モノが多すぎるのに断捨離ができない。とりあえず、荷物を右から左へ移動し、押し入れにスペースを確保。ダイソーでIPAを入れるビンも買ってきた。

現在使っているFDM式もエクストルーダのトルクが弱すぎてPETGフィラメントを押し出せないので、新しいの(i3 Mega)が欲しい。

Dsc04919

2019年10月21日 (月)

腕時計の電池交換

腕時計の電池がなくなったので、ダイソーで買った治具でふたを開けようと思ったけど、ねじが硬くて開かない。

フタを開けるには力が必要で、そのために時計を固定する台を、3Dプリンターで作ってみた。

Cad

寸法を間違えて2回目で完成。EDIFICE用に作ったけど、ベルト幅22mmで直径が42mm なら別の時計でも使える。

Dsc04918

2019年10月20日 (日)

今日の3Dモデリング サバゲノコギリクワガタ

ビソンのアゴを修正して完成。ボディーも少し平らにした。

Screenshot2

Dsc04911

Dsc04913

光造形の3Dプリンタが欲しくなった。アマゾンの欲しいものリストにIPAとかレジンとかどんどん増えていく。

FDM式も新しいのが欲しい。価格的には安くなったので買えないことはないけど、換気と置く場所がない。

2019年10月14日 (月)

ビソンノコギリクワガタのモデリング

先月に続いてまた大型台風。今回はずいぶん遠いうちから雨がすごかったので、水害があるだろうと予想できた。幸い、うちには被害はなかった。せっかくの3連休も、どこにも出かけることなく、家でゴロゴロしていた。ビソンノコギリクワガタをちょっとモデリング。デアゴのモデルは、アゴが非対称でちょっとカッコ悪いので、自分の好みの顎の形にしてみた。

今プリント中で、今週末までには色を塗ってアップロードしたい。

Screenshot01_20191014220101

追記:

色を付けた。黒サフとオキサイドレッドサフで基本塗装して、Mr.Color 119にオレンジを混ぜた塗料を筆塗りした。

体長72mmでプリント。足を含めると85mm。

ちょっとスリムすぎて迫力がない。ネットの写真をトレースしたのになぜ?もうちょっと平べったくて太い方が良いかもしれない。

Dsc04907

さらに追記:

体がスリムに見えたのは脚が大きすぎたせいかもしれない。アゴをちょっと開いて、脚を小さくしてバランスを修正。脚を修正しただけで体が太っちょに見えるのは不思議。このあと、プリントはしていないけど、胴体(腹?背?)をもう少し平べったいように修正してThingiversへアップロードした。

Screenshot02_20191015194601

Dsc04909

久しぶりにThingiversへアップロード https://www.thingiverse.com/thing:3915608

2019年10月 8日 (火)

1/12 Runault RE20 ステアリングまわりの続き

ネット上の作例を見てしまうと手が止まる。あと仕事で疲れて、すぐ寝てしまうからなかなか進まない。

Dsc04904

前回の写真と比べてもどこが進んだのかよくわからん。

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ