« ちょっと息抜きに警察署の鍵 | トップページ | バイオハザード RE3 »

2020年3月22日 (日)

警察署の鍵のプリント

 Blenderのレンダリングで本物みたいなきれいな画像が簡単に得られると、わざわざプリントして、サポートを除去して、表面処理して、塗装する手間を考えてしまう。

先週末は子供の都合で仕事を休んで時間があったので、そうはいっても試しに横にしてプリントしてみた。

Setting_20200319170601

なぜかサポートが消えた。これってひょっとしてPhotonのファームウェアのバグじゃないのかと疑っている。また、ちゃんとプリントできたものでも、2次硬化で変形して曲がってしまった。横にしてプリントしたのがいけなかったかな。

Dsc05310

時間はかかるけど、縦にしてプリントしてみた。

Settingvertical

Dsc05311

これだと2次硬化でも曲がることはない。

塗分け用にマスキングゾルを買ってみたけど、カッターでの切り出しはできませんとビンに書いてある。あの付属の太い刷毛で細かい塗り分けは不可能なので、マスキングゾルの使い道が謎。買ってみたけど、結局使い道が思い当たらない。

ガンダムマーカーのようなペンタイプでシルバーを塗ってみた。老眼だとよく見えないけど、写真にとると雑なのがわかる。

Dsc05318r

Dsc05319r

Dsc05317r

Dsc05316r

セリアの写真たては、ガラス入りで100円は安すぎる。

Dsc05315r

データをThingiversにアップロードしたけど、リニューアルされてから重すぎてまともにアクセスできなくなってしまった。

追記:

Thingiversはとうとうオワッタと思ったけど、速度は改善された。でもまだVIEWがゼロとかバグっている。軽量化のためかライクやダウンロードといったいろんな統計値が表示されなくなっているのは残念。

« ちょっと息抜きに警察署の鍵 | トップページ | バイオハザード RE3 »

3Dプリンター」カテゴリの記事

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ