« バイオハザード RE3 | トップページ | テレワークのストレス »

2020年4月19日 (日)

3Dプリンタでマスクを作ってみた

マスクが手に入らない。昨年買った使い捨てマスクをずっと使いまわししていて、逆に健康に悪そう。

3Dプリンターでマスクが作れることは知っていたけど、あんな硬いものがマスクになるのか疑問だった。試しに、いまさらながら、PITATT 3D print mask をプリントしてみた。PETGフィラメントで0.2mmで7時間半もかかった。

意外にも、予想以上に顔にフィットして十分実用になりそう。フィルターも交換できるし、ゴムも交換できるように設計されている。もちろん隙間は若干あるのでウィルスの侵入を完全に防ぐことはできないけど、つばが飛ばないようには機能しそう。マスクしてないと変な目で見られるし。

Dsc05324

透明フィラメントしかなかったので色ムラがひどいけど、白のフィラメントをつかえば色ムラはなくなると思う。色ムラが気になるので白サフを吹きたい衝動を我慢している。

« バイオハザード RE3 | トップページ | テレワークのストレス »

3Dプリンター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バイオハザード RE3 | トップページ | テレワークのストレス »

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ