カテゴリー「3Dプリンター」の195件の記事

2019年12月25日 (水)

ヤンソニーテナガコガネのモデリング

Thingiverseにアップロードした人面カメムシのview数がいまいち。面白いと思ったんだけど、需要はなかった。今回のコガネムシも地味だから需要はなさそう。

 Screenshot_20191225210301

ぎりぎりPhotonでプリント可能なサイズ。

Setting_20191225210301

Dsc05037  

プリントして修正を繰り返して3つになった。

Dsc05039 

左が最初にFDMプリンターで試し印刷したもので、右がPhoton。FDMの凸凹の方が逆にリアルに見えないこともないかも。

Dsc05042 

デアゴスティーニのモデルも持ってる。それが左で、今回作ったのが右。

Dsc05041 

2019年12月21日 (土)

3Dプリンタで人面カメムシ作ってみた

クワガタはネタが切れつつあるので、別路線。

カメムシは臭いから大嫌い。実物を見たことないけど、実際にいたら気持ち悪い。

Screenshot_20191221113401

サイズを確認するためFDMプリンターで試し印刷。やっぱり脚とか触角がプリントできていない。

Dsc05020r

脚は電線で置き換えてみた。

Dsc05023

さすがに光造形プリンタでは足も触角も再現できている。スゲー。新しく買ったUVランプで2次硬化したら、ブリムが反った。

Dsc05021

Dsc05022

Dsc05025r

集団だとちょっとキモイ

Dsc05029

メリークリスマス

Dsc05027r

Dsc05028r

2019年11月29日 (金)

久しぶりの光造形プリンター

前回プリントしたときはまだ残暑が残る気温が高い時だったけど、今は室温がちょっと低め。とはいってもまだ20℃あるからそれほど条件に変化はないことを期待して、同じ条件にしてみた。

2個同時プリント。

Setting_20191128183701

換気扇とカーテンのおかげで臭いはほとんど漏れてこない。露光時間は10秒。もう少し短くできそう。次は9秒でやってみるかな?

Dsc04971

ほんのり赤っぽい。

Dsc04973

Dsc04976

サポート除去時に、右前足の先端ももげてしまった。

Dsc04975

塗装した。メンガタメリーは戦車の塗装みたい。アフリカ産らしいのでお目にかかる機会はないけど、めっちゃかっこいい。

Dsc04977r

スペキオスホソアカクワガタは、なかなか実物のような塗装再現ができない。本物を見たことないけど写真ではもっとメタリック感がある。

Dsc04978r

アップロード先

メンガタメリー

スペキオスホソアカ

2019年11月 2日 (土)

レジンの臭い対策

レジンが強烈に臭いので臭い対策をした。

まず、部屋についていた外気導入ファンを排気ファンに交換(3000円くらい)。(電気工事士の資格があるので自分でやった)

Dsc04953

プリンターを押し入れに置いて、その周りをカーテンで囲う。(6500円くらい)

Dsc04950

Dsc04951

Dsc04952

蚊取り線香の煙で効果を確認してみた。風量が頼りないファンだけど、ちゃんと煙を排気しているようでカーテンの外側へ臭いの漏れは少ないようだった。(ないとは言えない)

 

2019年10月26日 (土)

水洗いレジンを試してみた

水洗いレジンを試してみた。苦手な臭いの種類は他のレジンと同じだけど、臭いは明らかに少ない。造形物だけじゃなくて、造形プレートとかも水洗いで済むのは楽ちんすぎる。

Dsc04928

露光条件を検索する前に、デフォルトの設定で印刷してしまった。

https://3dprinteronline.shop/basic-knowledge/parameter-values

レイヤーごとの露光後にはがれる音は、露光面積が大きいと確かにカチンと聞こえる。サポート材を印刷している時は音がほとんど聞こえない。

Screenshot01_20191025195401

露光時間が推奨値の半分しかないけど、造形自体はできた。露光時間のせいか、レジンの性質か、柔らかくてゴムっぽい。

Dsc04929

Dsc04931

写真ではわかりづらいけど、水洗いレジンの方がちょっと赤っぽい。通常のレジンの方が硬い。

Dsc04930

ラッカークリア塗装してみた。普通に色を塗るよりもこっちの方が良いかも。

Dsc04934

Dsc04933

Idbox!の予備部品たくさん買い込んだけど、これだけきれいに造形できるのならもう必要ないかも。

2019年10月25日 (金)

Anycubic photon が届いた

AnyCubic Photonが大雨の中アマゾンから届いた。アリだと1万円安かったけど破損せずに届くか心配。本体は予想以上に小さくてびっくり。フットプリントはIdbox!より小さい。

Dsc04923

ネットでは透明グリーンのレジンが250g付属するという記事もあったけど、レジンは同梱されていなかった。純正のレジンは納期がかかりそうだったので、納期が早いアマゾン発送のレジンを事前に買っておいてよかった。最近マケプレで到着予定日を大幅に(4~5日)遅れることが連続であったので、マケプレの納期はあてにしないことにしているけど、マケプレのSK本舗に発注した水洗いレジンはすぐ届いた。

Hiehaというレジンは、吐き気をもよおしそうな強烈なケミカルの臭いがする。書斎兼、寝室に設置するのは厳しいけど、換気しながら使うしかない。

さっそくスライスしようとしたけど、マイナーなレジンのためか、露光データがネット上で見つからない。まずはスライサーソフトのデフォルトの露光時間でプリントしてみた。

Firstsetting

これくらい高さが小さいと、造形中は隠れて全く見えないので、ちゃんと造形できているか不安だった。ちゃんと造形できていれば各レイヤーごとにパリッとはがれる音がするという情報があったけど、音はかすかに聞こえるけどよくわからなかった。動作音はFDM式に比べると非常に静かで、振動はほとんどないので深夜でも問題ない。

3時間後プリント終了。IPA洗浄やあまったレジンの片づけが超面倒。こぼしまくり。

クオリティーはFDMとは別次元。サポートの除去もFDMより簡単。

Dsc04924s

ぬれた状態ではクリスタルのようにきれいだけど、乾かすと半透明になる。写真ではわからないけど、サポートより胴体が微妙に黄色っぽい。2次硬化でさらに黄変するらしい。

Dsc04926

ラッカークリア塗装してみた。クリア悪くない。時間がたつと黄変するのかな。

Dsc04932

FDMでは積層割れや積層ずれなど、ありとあらゆるトラブルを経験したけど、SLAはどうだろう?

2019年10月23日 (水)

Tronxy X5 エクストルーダのモーター交換

PETGフィラメントの粘度が高くて、Tronxy X5のエクストルーダのモーターのトルクが負ける件、ドライバの電流を増やしてみたり、冷却ファンをつけてみたり、いろいろやっても解決しなかった。最後にダメもとでステッピングモーターを交換してみた。

ちなみに、モーターのトルクが不足するとフィラメントが十分送られないので、強度が落ちるし、最悪の場合ふわふわの造形物が出来上がる。

https://ja.aliexpress.com/item/32722953463.html

同じ型番のものに交換するので性能は同じはずなのに、カクンカクンいわなくなった。プリント速度はまだ30mm/sと遅めだけどトルクが弱い問題は解決したみたい。モーターはかなり発熱するので劣化してトルクが減少していたのかもしれない。直ってうれしい。

今は、40mmの空冷ファンで冷却しているので、モータの発熱を防止でき寿命が延びてくれることを期待。

Dsc04920

比較的粘度が低いSainSmart PETG, 255℃, 30mm/s、カチカチの強度のある造形物が出力できた。

Dsc04922

試しに、粘度が高い3D bestのPETGで試してみた。温度を260℃まで上げてみたけど、やっぱりカクンカクンとモータが空回り orz

モーター交換でトルクが改善したと思ったのは勘違いだったのかもしれない。

Dsc04921

追記:

モーターを交換してトルクがアップしたと思ったのは勘違いだった。同じ型番のモーターに交換してトルクがアップするわけがない。そこで、アリで明らかにサイズが大きいステッピングモーターを買ってみた。

Dsc04964

モーターが長すぎてホームポジションで、y軸のベルトに干渉しそう。

Dsc04965

今度こそ、明らかにトルクがアップした。PETGフィラメントでも全然カクンカクンいわない。PETGフィラメント捨てなくてよかった。

でもモーターが逆回転するorz

コネクタを逆にしたら回転を反転できることは確認できたけど、コネクタが合わないので無理やりさして仮運用。接続を逆にするためにコネクタとソケットをアリに発注した。

追記:

このステッピングモーターはすごい。ノズルが完全に詰まってもカクンカクンと空回りしない。ノズルからフィラメントが一切出てこないのにフィラメントが削られるだけで、モーターは空回りしてない。すごすぎる。

 

2019年10月21日 (月)

腕時計の電池交換

腕時計の電池がなくなったので、ダイソーで買った治具でふたを開けようと思ったけど、ねじが硬くて開かない。

フタを開けるには力が必要で、そのために時計を固定する台を、3Dプリンターで作ってみた。

Cad

寸法を間違えて2回目で完成。EDIFICE用に作ったけど、ベルト幅22mmで直径が42mm なら別の時計でも使える。

Dsc04918

2019年9月11日 (水)

Idboxの脱調対策

今日は9月11日。昨日は36℃もあった。今日も30℃を超えた。

Idboxで8時間のプリントを実行したところ、7時間くらいでX軸が脱調を始めたので、あわててプリント中止。

Dsc04870

造形ボックスの中に制御回路があるので、熱が原因かもしれないと考え、造形部分と制御回路部分をもとのように区切って、制御回路部分にフレッシュエアーを取り入れるためのファンを取り付けてみた。

まずは型紙を貼りつけて、モーターツールで穴をあけた。

Dsc04871

Dsc04872

もともと造形部分と回路部分は部屋が分かれていたけど、電源がものすごく発熱するので排熱が足りなかった。電源を外に出して120mmファンで空冷、40mmファンを2個追加してフレッシュエアーを取り入れるようにした。

Dsc04873

制御回路部分の温度が47℃にまで到達していたのが、31℃まで下がり層ずれはなくなった。

Dsc04874

 

2019年8月17日 (土)

棚をDIY

3DプリンターでL型の治具をプリント。ホームセンターでも売ってる。しかも結構安い。プリントの手間を考えたら買った方が良いかも。

Dsc04845

板はt13mmの桐を買ってきたけど柔らかすぎる。素直にコンパネを自分で切ればよかったかな。

Dsc04843

壁の上部に棚を作った。試しにプラモを並べてみた。

Dsc04846

Dsc04844

Dsc04847

積みプラを押し入れにしまうんじゃなくて、見えるところに置くと、模型店に住んでるみたいでうれしい。けど、家族のひんしゅくをかいそう。

地震でプラモが降ってきそうだけど怪我はしないだろう。

お気に入りのプラモを並べていきたい。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1/100 リックドム MS-09RS 1/12 Fairlady240ZG 1/12 Ferrari 312T4 1/12 Honda NSR250 2001 1/12 Honda RC211V No.26 2006 1/12 Honda RC213V 2014 1/12 ITALERI RENAULT RE20 1/12 Porsche 935 1/12 Williams FW14B 1/12 YAMAHA YZR-M1 '04 No.17 1/12 YAMAHA YZR-M1 '05 No.46 1/12 YAMAHA YZR500 OW48 1/12 タイレルP34 1/20 Beneton Ford B192 1/20 Brabham BT46 1/20 Brabham BT46B 1/20 Brabham BT52 1/20 Ferrari 312T2 1/20 Ferrari F10 1/20 Ferrari F2001 Full View 1/20 Ferrari F2003 GA 1/20 Ferrari F2012 1/20 Honda RA272 1/20 Lotus 25 1/20 Lotus78 1/20 McLaren Honda MP4-30 1/20 McLaren Honda MP4-31 1/20 McLaren M23 1/20 McLaren MP4-13 1/20 McLaren MP4-27 1/20 McLaren MP4/4 1/20 McLaren MP4/5 1/20 McLaren MP4/5B 1/20 McLaren MP4/6 1/20 Porsche 928s 1/20 Red Bull RB6 1/20 Renault RE30B 1/20 Sauber C30 1/20 Sauber C31 1/20 Tyrell Honda 020 1/20 Tyrrell 003 1971 1/20 Williams FW11 Honda 1/20 Williams FW14B 1/20 Williams FW14B 2nd 1/20 Williams FW16 1/20 Williams FW24 1/20 タイレルP34 1976 1/20 タイレルP34 1977 1/20 タイレルP34 1977 US GP 1/24 BMW Z4 GT3 2011 1/24 Castrol Tom's Supra GT 1/24 Celica GT-Four 1/24 Countach LP400 1/24 Dome-0(Zero) 1/24 Fairlady S30Z 1/24 Fairlady Z31 300ZX 1/24 Ferrari 288GTO 1/24 Ferrari 328GTB 1/24 Ferrari 512BB 1/24 Ferrari Enzo 1/24 Ferrari F10 1/24 Ferrari Testarossa 1/24 Ford GT Le Mans 2017 1/24 Honda DAD Step WGN RF3 1/24 Honda New NSX 1/24 Honda NSX Type R 1/24 Honda Prelude 1/24 Honda Prelude XX 1/24 Honda S800 Racing 1/24 Jordan Mugen HONDA EJ10 1/24 Lancia Stratos 1/24 Lancia Stratos Turbo 1/24 Lexus LFA 1/24 Lexus LFA Full View 1/24 Mazda 787B No.55 1/24 Mazda Savanna RX-7 1/24 McLaren MP4-25 1/24 Nissan R390 GT1 1/24 Porsche 911 turbo'85 1/24 Porsche 935-78 1/24 Porsche 936-78 1/24 Porsche935 1/24 Subaru 360 1/24 Subaru BRZ 1/24 Subaru Impreza WRC2001 1/24 Suzuki Jimny JA71-JCU 1/24 TOYOTA Celica LB Turbo 1/24 TOYOTA GT-ONE TS020 1/24 Toyota TE71 カローラ 1/24 Wolf Countach 1/24 ギャラン ラムダ 1/24 マッハ号 1/35 King Tyger Ardennes front 1/35 M106A1 モーターランチャー 1/35 Tyger I Late Version 1/35 戦車 1/350 H-II B ロケット 1/48 ドールズハウス 1/48 飛行機 1/6 Suzuki GSX1100S KATANA 3Dプリンター RaspberryPi TDF-MRI マグマライザー その他 カブトムシ クワガタカブトムシのモデリング ゲーム ジャンクパーツ パソコン・インターネット ラジコン 世界の昆虫 DATA BOOK 和風ドールズハウス 家を買う 携帯・デジカメ 日記・コラム・つぶやき 育児 資格 赤毛のアンの家 週刊マイ3Dプリンター 週刊マクラーレンMP4-23 電子工作 音楽

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ