カテゴリー「パソコン・インターネット」の39件の記事

2016年11月10日 (木)

PSメモリーカードのデータをPCに移す

PCのPSエミュレータに、PS実機のメモリーカードのセーブデータを移してみた。意外とてこずった。

15年くらい前に買ったメモリーカードリーダはなんとパラレルポート接続。ところが最近のPCにはパラレルポートがない。

Dsc02868

久しぶりにLibrettoを出してきてセーブデータをメモリーカードから無事に取り出した。ところが、LibrettoにはUSBがない。ネットワークアダプタも今は手元にない。かろうじてPCMCIAのフロッピードライブがあったので、一旦、フロッピーディスクにセーブデータを保存した。

Dsc02870s

次に問題となったのは、最近のPCにはフロッピードライブがついていない。屋根裏で2台のフロッピードライブを探してきて、接続してみたけど、残念ながら2台とも故障しているのか、フロッピーを読めなかった。

Dsc02873s

引き出しを探したら、USBのフロッピードライブを発見。ところがドライバーがWindows10に対応していない。そこでWindows7の古いPCを起動して無事にセーブデータをゲットできた。

Dsc02874s

そこまでしてほしかったPSのセーブデータというのは、16回クリアしたパラサイトイブ2のデータ。これで、実機のゲームの続きをPCのエミュレータですることが可能になった。

Savedata2

Savedata1

2016年11月 7日 (月)

iPhone更新、やっぱり失敗

この前、更新に失敗したばっかりなのに、新しいiTunesとiOSが来てたので、懲りずに更新してみた。

今度は修正されたかと期待したけどやっぱり駄目だった。何度やっても更新に失敗する。

頻繁にバージョンアップしてるにもかかわらず、Windows10での更新に失敗し続けるとは、やっぱりWindowsユーザーは見放されたのか。またWindows7のマシンを引っ張り出してきて、工場出荷状態に初期化する羽目に。バックアップ取ってから更新試すべきだったけど、アップルを信用したのがいけなかった。

Dsc02863

2016年9月20日 (火)

ATX電源の電解コンデンサ交換

ブルスクで再起動するようになったPCは、電源を新品に交換した。取り外した問題のある電源は、見た目には異常は見られない。だめもとで、2次側の12V系と5V系の一部の電解コンデンサを交換してみた。2次側をすべて交換したいところだけど、秋月で調達した電解コンデンサが太くて、奥の部分の交換が困難そうだったので、試しに簡単に交換できそうな5個を交換してみた。

Dsc02731

取り外した電解コンデンサは、見た目には異常が見られない。液漏れや妊娠があれば一目で不良とわかるけど、そんな単純な故障ばかりとは限らないらしい。容量を測定するのもあまり意味がないらしい。

電圧の異常を検出するために、下記URLの電源チェッカーを作ってみた。一瞬でも12Vを下回ると音が出るので、テスターで測ってもわからない電源の異常がわかるらしい。

http://wikiwiki.jp/disklessfun/?ps-chkr

オリジナルは3.3Vだけど、手持ちの78L05で作製した。分圧用の抵抗値を47kと68kに変更し、LEDも追加した。

Dsc02735

Dsc02736

電解コンデンサを交換したATX電源と、この電源チェッカーをPCに組み込んでみたところ、オーバークロックでは起動しなかったのが問題なく起動した。今のところチェッカーは異常電圧を検出することもないので、電解コンデンサの交換は効果があったということだろうか。

低ESRの電解コンデンサを使わないとすぐにまた壊れるらしいので、しばらく様子を見ることにする。現時点で電圧チェッカーを2個作ったけど、もし電圧の低下を検知することができたらすべてのPC分の電圧チェッカーを作ることにする。

2016年9月 7日 (水)

仕事用PCのATX電源また故障

仕事のメインPCが突然ブルスクで起動しなくなった。BIOSでクロックを1.8GHzまで落としたところ、起動はするがやっぱり負荷がかかるとブルスクで再起動する。どうも電源が怪しいので、交換してみたところ直った。

前回は異音がして電源交換してから、この電源は3年半使った。別のPCでは火を噴いたり、ヒューズが切れたりと、2~3年で壊れているけど、ATX電源って3年くらいで壊れるのは逆に寿命の管理ができているということなんだろうか。5000円クラスの電源だとこんなものなのかもしれないと諦めている。

Dsc_0162

中身を見てみたけど、妊娠しているコンデンサは見つけられなかった。見た目には異常はない。コンデンサを全交換すれば直るかもしれないけど、仕事用PCなので安定と時間の面で、電源そのものを交換した。外した電源はどうしよう?

Dsc_0163

現在は夜間はスリープするようにしたけど、寿命が伸びたようには思えない。また2、3年後に交換することになると思う。

気のせいかもしれないけど、動作が遅くなったような気がする。定格2.4GHzを2.7GHzにOCしても、フォルダーを開くだけでも2呼吸程度待ち時間が発生する。ウェブのページ移動とか印刷になるとしばらく反応がなくなる。Q6600のG0ステッピングは3GHzで動作すると当時人気だったようだけど、マザボのせいかうちのQ6600は2.7GHzが安定動作の限界だった。OSをインストールした直後はもう少しきびきびと動作したような気がするけど、OSって気のせいじゃなくて絶対だんだん遅くなると思う。Q6600を10年くらい使ったけど、ついに更新の時期が来たということで、アマゾンンにi5-6600を発注した。マザボとかOSとか全部で10万コースになる。本当は冬のボーナスでノートPCが欲しかったんだけど。

20160907_cpuz

追記:

あまりに動作がもっさりなので、システムの復元で3日前のポイントに戻したら、復活した。ブルスクの原因がまだ電源だと疑う前に、ネットで調べていろんなコマンドを試しているうちに、なにか間違った操作をしたらしい。これならまだcore i5を発注しなくてもよかった。

2016年7月16日 (土)

Eyefi mopi pro 購入

これまでブログの写真をカメラからPCに転送するのに使っていたEye-fiカードが9月から使えなくなるとメールが来た。カメラをPCに接続しなくても撮影後に自動的にPCに転送されるのは、便利すぎて使えなくなるのは非常に困る。

一方的にサービス停止だなんてもうEye-fiは使わない、と思っても代替手段がない。flashairも検討したけど、安いのはいいけど転送にひと手間必要。

しょうがないので、7000円もしたけど Eyefi mobi pro カードを購入した。パソコンがWifi接続なら 安いEyefi mobi カードでも大丈夫らしい。残念ながら有線接続の場合は、インフラストラクチャーモードが必要とかで、値段の高いproが必要らしい。5000円分のクラウドサービスがつくらしいけど、使わない。

セットアップには相当てこずった。うちではないよりまし程度のセキュリティーのためMacアドレス制限をしているので、EyefiカードのMacアドレスが知りたいけど、その方法がHELPにも公式HPのFAQにも、ネットで調べてもヒットしない。しょうがないので、アクセスポイントのMacアドレス制限をいったん解除してみたけど、アクセスポイントにつながらない。ツールで電波を調べたら、隣の家のアクセスポイントの方が電波が強くて、しかも同じチャンネルでかぶっているのが原因なんだろうか。何度か接続を試みて、ようやくつながって、無事Macアドレスが判明。

集合住宅の時もWifiのアクセスポイントが混雑していたけど、なぜか戸建でも混雑は変わらない。隣の家の電波の方が強いのは勘弁してほしい。

なかなか接続できなくて、いったんはただのバッテリーバカ食いのSDカードを買ってしまったかともあきらめかけたが、時間がかかったけど無事にこれまで通り、撮った写真を自動でPCに転送することができた。接続するまでの時間や転送速度は、相変わらず気長に待つ必要があり、旧カードと変わらないように感じる。

Dsc02671

Dsc02670

2016年6月 7日 (火)

C++ builder を久々にバージョンアップ

16年くらいバージョンアップせずに使ってきたC++BuilderがついにWindows10でインストールすら拒否されてしまうようになったので、久々にバージョンアップしてみた。といってもすでにボーランドという会社はなく、Embarcaderoという会社になっていて、ソフトもRAD Studioという名前になっている。

値段は一番安いやつで3万円もするけど、期間限定で1万円くらいで買えた。マニュアルもインストールメディアも何にもなくて、メールでシリアルキーが送られてきて、数ギガのファイルをネットでインストールした。

残念ながら今までのプロジェクトファイルはバージョンが違いすぎてインポートできない。新規プロジェクトを作ってソースをコピペしてみたけど、文字列の扱いが変わっていてエラーの嵐でコンパイラが通らない。なんとか型変換でごまかしてコンパイラを無理やり通したけど、今度はなぜかatof()で落ちる。scanf() でも落ちる。

power_rms = atof("10.0");

Atof_error

いったんあきらめて、原因を追究しようと思って、後日ビルドしてみたら、何も変更していないのに今度はリンカーがエラーで通らない。

ilink32 Warning] Warning: unknown heap name   : 0x08000000 / 0x08000000
[ilink32 Warning] Warning: Error detected (LME288)
[ilink32 Error] Error: Unable to perform link

ネットでググったら、パッチをあてた ilink32.exe がアップロードされていたので、怪しいけど置き換えてみたらなんとかリンクはできるようになった。今時こんなexeダウンロードして使っていいものか。

http://stackoverflow.com/questions/28929516/c-builder-xe7-lme288-error

前途多難。

(追記)

atof()が access violation で落ちる理由は

setlocale( LC_CTYPE, "jpn" );

が原因だったみたい。意味も分からずネットのサンプルをコピペしたのがいけなかった。使えないかと思ったけど、少しずつ動くようになってきている。

2016年6月 3日 (金)

似て非なるもの

Win8まで使用頻度が高かった、最近使ったフォルダがWin10ではなくなって、クイックアクセスって似ているようで、使い勝手が全く違う。特に、新しいファイルを保存しようとするときに不便。

エクスプローラのアドレスバーに

shell:::{22877A6D-37A1-461A-91B0-DBDA5AAEBC99}

を入れると、最近使ったフォルダになるけど、ファイルを保存するときに使えない。

と思ってたら、最近使った項目というのを偶然見つけた。これで何とかなるかな?

2

2016年1月 6日 (水)

ネットにつながらない

帰宅してスリープしているPCを起こしたらネットにつながらない。

Network


診断をクリックすると、「このコンピューター上で一つ以上のネットワークプロトコルが不足しています 」とのこと。別に何か設定を変えた覚えはないけど。

最初、またADSL回線のトラブルか、ルーターの故障かといろいろ調べても原因がわからない。どうもWindows10のPCだけつながらないので、最悪PCの故障かとも考えた。

ネットワークアダプタのドライバーの更新をしても最新だと言われるし、何回再起動しても治らない。ドライバの更新だと変化がなかったけど、ダメもとで削除してみたらドライバが再インストールされあっさり治った。いったい何だったんだ、時間を返せ、マクロソフト。

Networkadopter

2016年1月 3日 (日)

またradikaが使えなくなった

radikaが12/30には使えたのに、今日1/2は
「aythkeyget alternative 2 は動作を停止しました」
とのエラーで動作しなくなった。

こういう時にはなんだかんだ言ってもやっぱり某掲示板がたよりになる。
昨日1/1のWindows Updateが原因らしく、KB3132372をアンインストールしたら復活した。ラジコの仕様変更でなくてよかった。
Radika_recovery2

Windows10って、今までのようにインストールするアップデートを選択できないし、勝手にアップデートをインストールするし、更新のために勝手に夜中に再起動することも知らなかった。夜中にPCが時々再起動することがあって、マザーボードを交換したためハードウェアのトラブルなのかと思っていた。親切なんだかよくわからん。セキュリティーホールの怖さもいまいち理解できない。

あと、Windows10にしてから、今まで使ってきたソフトでインストーラーが起動しないものがいくつかあって困っている。代替ソフトはないことはないけど、また1から使い方を習得しなおすのはハードルが高い。若い時は新しいソフトを習得するのが楽しくさえあったのに。

追記:

Windows10だと、削除してもまた勝手にインストールされてしまうorz
対策は、某掲示板によれば、wushowhide.diagcab をダウンロードすれば良いとのことで、KB3132372 をインストールしないようにできた。

2015年11月 7日 (土)

サブPC復活

メインPCのマザボをそっくり入れ替えたので、ジャンクPCを買ってきて、余った旧マザボでサブPCを1台組んだ。かかった費用は、ジャンクPCの980円のみ。HDDも以前使っていたものをそのまま使うので、使い慣れた環境が完全復活して、IEのクッキーもちゃんと残っている。Core2Quad Q8400なので、まだまだメインPCとしても使える。逆に言えば、最近はCPUの性能向上が緩やかになってきている。

ケースは、デザインが悪くても性能には関係ない。でもたまにはかっこいいケースも買ってみたい。
Dsc02043

Dsc02044

中にはマザボと電源が入っていたけど、使わない。メモリーもPC133 256Mとか、今となってはゴミでしかない。CPUは1GigaProという聞いたことないものなので、ネットで調べたら2002年ごろのもので、VIAのC3がベースらしい。
Dsc020462

使わない中身をとりだした。光学ドライブはベイのふたの代わりに使うかな。
Dsc02048s

逆さにしてみると、底がさびていた。Dsc02050

さび止めの効果があるかどうかわからないけど、気休めにサフのスプレー缶を吹いておいた。
Dsc02051

まだまだ十分メインとしても使えるCore2Quad Q8400のPCが完成。電源は以前自分で修理したもの。焼けたマイラコンデンサを交換したけど、このコンデンサが焼けた原因がわからないので、完全に治っているのかどうか不明。火事が怖いので連続運転はやめておこう。
Dsc02052s

完成。5インチベイの真空管アンプと光学ドライブはダミーで電源はつながっていない。真空管アンプに電源をつなぐと針がカチカチと振り切れるので、壊れているのかもしれない。見た目はダサいけど、中身は使い慣れた環境で、年賀状ソフトもデータもまだこのPC(のHDD)に入っている。2台もPCはいらないんだけど、ソフトやデータなど環境を全部引っ越しするのはとっても大変でやる気が起こらない。
Dsc02053

その他のカテゴリー

1/100 リックドム MS-09RS | 1/12 Fairlady240ZG | 1/12 Ferrari 312T4 | 1/12 Honda NSR250 2001 | 1/12 Honda RC211V No.26 2006 | 1/12 Porsche 935 | 1/12 Williams FW14B | 1/12 YAMAHA YZR-M1 '04 No.17 | 1/12 YAMAHA YZR-M1 '05 No.46 | 1/12 YAMAHA YZR500 OW48 | 1/12 タイレルP34 | 1/20 Beneton Ford B192 | 1/20 Brabham BT46 | 1/20 Brabham BT46B | 1/20 Ferrari 312T2 | 1/20 Ferrari F10 | 1/20 Ferrari F2001 Full View | 1/20 Ferrari F2003 GA | 1/20 Ferrari F2012 | 1/20 Honda RA272 | 1/20 Lotus 25 | 1/20 Lotus78 | 1/20 McLaren Honda MP4-30 | 1/20 McLaren Honda MP4-31 | 1/20 McLaren M23 | 1/20 McLaren MP4-13 | 1/20 McLaren MP4-27 | 1/20 McLaren MP4/4 | 1/20 McLaren MP4/5 | 1/20 McLaren MP4/5B | 1/20 McLaren MP4/6 | 1/20 Porsche 928s | 1/20 Red Bull RB6 | 1/20 Renault RE30B | 1/20 Sauber C30 | 1/20 Sauber C31 | 1/20 Tyrell Honda 020 | 1/20 Tyrrell 003 1971 | 1/20 Williams FW11 Honda | 1/20 Williams FW14B | 1/20 Williams FW14B 2nd | 1/20 Williams FW16 | 1/20 Williams FW24 | 1/20 タイレルP34 1976 | 1/20 タイレルP34 1977 | 1/20 タイレルP34 1977 US GP | 1/24 BMW Z4 GT3 2011 | 1/24 Castrol Tom's Supra GT | 1/24 Celica GT-Four | 1/24 Countach LP400 | 1/24 Dome-0(Zero) | 1/24 Fairlady S30Z | 1/24 Fairlady Z31 300ZX | 1/24 Ferrari 288GTO | 1/24 Ferrari 328GTB | 1/24 Ferrari 512BB | 1/24 Ferrari Enzo | 1/24 Ferrari F10 | 1/24 Honda New NSX | 1/24 Honda NSX Type R | 1/24 Honda Prelude | 1/24 Honda Prelude XX | 1/24 Honda S800 Racing | 1/24 Lancia Stratos | 1/24 Lexus LFA | 1/24 Lexus LFA Full View | 1/24 Mazda 787B No.55 | 1/24 McLaren MP4-25 | 1/24 Nissan R390 GT1 | 1/24 Porsche 935-78 | 1/24 Porsche 936-78 | 1/24 Porsche935 | 1/24 Subaru BRZ | 1/24 Subaru Impreza WRC2001 | 1/24 TOYOTA GT-ONE TS020 | 1/24 Toyota TE71 カローラ | 1/24 Wolf Countach | 1/35 King Tyger Ardennes front | 1/35 M106A1 モーターランチャー | 1/35 Tyger I Late Version | 1/35 戦車 | 1/350 H-II B ロケット | 1/6 Suzuki GSX1100S KATANA | 3Dプリンター | RaspberryPi | TDF-MRI マグマライザー | その他 | カブトムシ | ゲーム | ジャンクパーツ | パソコン・インターネット | ラジコン | 世界の昆虫 DATA BOOK | 和風ドールズハウス | 家を買う | 日記・コラム・つぶやき | 育児 | 資格 | 赤毛のアンの家 | 週刊マイ3Dプリンター | 週刊マクラーレンMP4-23 | 電子工作 | 音楽

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ