カテゴリー「ジャンクパーツ」の10件の記事

2016年1月 5日 (火)

大型3ウェイスピーカーがほしい

今使っている2ウェイスピーカー(D-302e)の音に不満はないので、3ウェイスピーカーがどうしても必要なわけではないけど、どんな音が出るのか、1度は所有してみたいと思っている。でも置く場所がなくて購入には至っていない。

帰省の際にもハードオフに行ってみたけど、20年以上も前の当時10万円台の3ウェイスピーカーが3万~4万円と結構な値段がついていた。エッジがガチガチに硬化したものでも17000円もした。でもネットで検索したら、硬化したエッジはオイルである程度軟化できるようなので、朽ち果てたウレタンエッジよりはマシかもしれない。

昨年末、近所のリユースショップで、3万円弱の3ウェイスピーカーを買うか迷っているうちに売り切れてしまったけど、最近また別のDブランドの3ウェイスピーカーが27000円で売っている。さぞかし30センチウーハーはすごいんだろうと思っていたら、ネットのレビューで見た目ほどの迫力はなく、今どきの小型の2ウェイに迫力で及ばないとのことだったので、衝動買いしそうになったけどぐっと我慢した。帰省先のハードオフでデモで鳴っていた外国製の超大型スピーカーもそれほど低音が出ているようには聴こえなかった。

1万円くらいなら試しに買ってみたいけど、置き場所が確保できそうにないので、昨年買ったジャンクよりもう少し高級なサブウーハーの中古が出てくるのを狙っている。

2015年12月20日 (日)

TC-V910WR 再調整

結局ジャンクで買ったTC-V910WRは、2000円もしたのに音が悪すぎて使えない。ヘッドホン出力の音はそうでもないけど、ライン出力は1kHz以上の高音が出ていないので、こもったように聞こえる。Bad_sound

あきらめきれずに、ヘッドの消磁をしてみたけど、たぶん変化はない。次に、555ES II で録音したホワイトノイズを再生しながら、PCでFFTのスペクトルを見てヘッドの角度を調節してみた。昔は自分の耳を頼りに調整していたけど、PCでスペクトルが見られると調整が楽にできる。

調整後に、手持ちのテープの中で一番音がよいテープを再生してみると、14kHzまで再生できている。これ以上の周波数は、テープの音源自体に含まれていない可能性があるので、これで十分かもしれない。一度はあきらめたV910WRだけど復活した。

Tcv910wr_head

ついでに、ホワイトノイズを録音してPCでFFTしてみた。予想外にちゃんと録音できたことがまず驚きで、ちょっと高域が足りないけど、予想以上に良いので得した気分。結局、ジャンクで買ったカセットデッキは両方とも録音再生ができて、値段が2000円と5000円で違うけど、特性はどちらもどんぐりの背比べだった。
部品取りようにするつもりだったV910WRだったけど、キャプスタンモーターが入手できればデッキBも治せるかもしれないと欲が出てきた。

Tcv910wr_

TC-K555ES II のヘッドの消磁

TC-K555 ES IIの電解コンデンサを交換してみたけど、録音の周波数特性が悪いのは治らなった。そこで、消磁器をアマゾンで購入してみた。アマゾンのレビューには日本のコンセント100Vでは使えないと書いてあった。説明書に電源は110V~120Vと書いてある。でもこれってスイッチすらないただのコイルのようなので、電圧は重要でないと思う。

Dsc02129_2

使用方法では、コンセントにつないでヘッドに近づけてゆっくり離すように書いてあるけど、スライダックで電圧を下げていく方法も試してみた。結論としてはどっちも違いがわからなかった。

Dsc02132_2

消磁前

Tape_c_2

消磁後は、自分の耳では聴こえない20kHzが持ち上がったけど、10kHzが前より落ち込んでいるように見えなくもない。何度か消磁を繰り返したら、消磁前の特性に戻ったので、結論としては、周波数特性は帯磁の影響ではなかったと思う。Head_2

再生の音質をチェックしたくて、ハードオフでテープを買ってみたけど、レンタル用だったようで、テープは結構劣化していた。結局、自分が持っている20年以上前に録音したテープの方が音がよかった。たぶんYAMAHAの中古のデッキで録音したと思う。引っ越しのとき捨てたけど後悔している。
Dsc02127_2

カセットテープにホワイトノイズを録音しているときに2秒間隔で右チャンネルのみに音量が微妙に変化していた。走行系にムラがあるのかと思って調べていたら、どうもテープ自体にしわがあって、それが影響しているらしい。テープはハードオフで買った未開封のソニー製。手持ちのテープは、ほとんどがこうした音量の変化があって、テープの弱点かもしれない。

これで、一通り、自分でできることはすべてやってみた。コンデンサ交換とヘッドの消磁を試してみたけど、劇的には改善しなかった。再生は、ちょっと高音が足りないような気がするけど、手持ちのテープをPCに取り込むのには十分かもしれない。

2015年12月19日 (土)

TC-K555ES II のコンデンサー交換

TC-K555ESの録音で周波数特性が悪くて高音が出ていない理由を確かめるために、電解コンデンサを交換してみた。

秋月電子から注文していたパーツが届いた。Dsc02122

手の届きにくいところ6個くらいを除いて、50個くらい取り外した。
Dsc02123

裏が汚れていて、液漏れが疑われるのは数個あったけど、容量をチェックしてみたら、容量は問題がなかった。
Dsc02126

電解コンは、赤からメタリックグリーンに変わった。Dsc02124

結局、容量がおかしな電解コンデンサはなく、録音の周波数帯域が悪い問題は解決しなかった。音の違いは、あるようないような、少なくとも悪くはなっていない。

FFTの結果も交換前と少し違うけど、録音の高域が落ちていることは変化がない。再生の周波数特性については、機械の問題か、音源の問題か切り分けができていない。
Tape_c

2015年12月17日 (木)

TC-K555ES II コンデンサ交換の準備

せっかくエブロのMP4-30が届いたというのに、いまは興味がジャンクパーツに移ってしまって模型は全く手つかず。

ジャンクのTC-K555ES IIの録音の音が悪い原因を確かめるためにコンデンサを交換してみることにした。本当は、先にヘッドの消磁をためしてしてみたいんだけどヘッドイレーサーとか入手は難しい。

底板を外すとプリント基板にアクセスできるので、分解しなくてもコンデンサの交換は簡単にできそう。

Dsc02121s

まずは、どんなコンデンサが使われているか録音と再生部分についてリストを作成。黒丸がマイナスの極性で、黒丸がないのは両極性コンデンサ。Topview

パーツ配置が左右対称なら、パーツナンバーも左右対称に割り振られている。
Listofcapacitor2

このリストをもとに秋月電子にオーディオ用コンデンサを発注。全部で52個と送料で2000円くらい。今週末には届くだろうから交換作業ができそう。

Listofcapacitor_2

2015年12月14日 (月)

SONY TC-K555ES II のジャンク購入

結局ジャンクで買ったTC-V910WRは、2000円もしたのに音が悪すぎて使えない。そこで懲りずにまたジャンクを買ってきた。

値札には、録画できませんと書いてあった。まあ、カセットだし録音のことだと思うけど、5000円もするんだから、きっと再生はできるんだろうと期待してしまう。

Dsc02119

SONY TC-K555ESIIは、1984年発売で定価は99,800円もしたらしい。ソニーのデッキはあこがれだったけどとても手が出せなかった。Walkmanですら2万円もしたことを考えると家電のデフレははんぱない。IC化されて部品点数は減っていて、メカも比較的シンプルなので、これが10万円で売れたんなら利益は出たんじゃないかな。ソニーはアンプでもそうだったけど、部品が左右対称にレイアウトされている。

Dsc02120s

電源を入れて試運転してみた。ちょっとは期待したけど、やっぱり音は出なかった。テープはやたら高速で回るけど、VUメーターはピクリともしない。でもサーというノイズは出ているので、ひょっとしてヘッドがテープに接してなんじゃないかと思った。ヘッドはソレノイドでガッチャンコと上下しないといけないのに、やっぱり再生ボタンを押してもテープが流れるだけでヘッドは上下していない。

ソレノイドのあたりのメカをいろいろと押したりしたら、ヘッドが動いて音が出るようになった。PCに取り込んでFFT解析したら、ちゃんと14kHzまでフラットに出ている。どうせ自分の耳は14kHzまでしか聞こえないのでこれで十分。今回は、5000円も出費して賭けに出たけど、最悪の事態は回避できたかもしれない。

Good_sound

DigiFiのDACはハイレゾでPCに取り込むこともできるので、すでに何本かのテープはTC-V910WRで取り込んで、足りない高域をソフト的に補正していた。でも、この特性なら補正が必要ないので、またPCに取り直し。結構音が良いので、手持ちのテープを聴いていると、結構劣化しているテープもあれば、非常に高音質のテープもあることがわかった。

時々再生できなくなるけど、なんとかメカの掃除とグリーシングで治したい。グリースは関東化成工業のFLOIL(フロイル)機構グリスといのが業界では使われるらしいけど、アマゾンではヒットしないので、手元にあるデアゴスティーニのマイ3Dプリンタのグリースを使ってみようかな。

オブジェ覚悟で、あこがれのソニーの高級機を買ってみたけど、満足する音が出たのでよかった。ちなみに、録音はできるけど、高音成分が欠落している。

2015年12月12日 (土)

ダブルカセットデッキ SONY TC-V910WR

YouTubeによると、カセットデッキの故障の多くはゴムベルトの劣化らしいので、ジャンクのカセットデッキを2000円で買ってみた。最悪、修理ができなくても使えるように、ダブルカセットの片方は動作すると書いてあるのを選んで買ってきた。
Dsc02104

最近のCDプレーヤーは、中身がスカスカなのに対して、中身はぎっしり部品と配線が詰まっていて、ちょっと分解修理するのは素人にはハードルが高そう。

Dsc02115s

世の中やっぱりそんなに甘くない。

デッキBのゴムベルトは異常がなさそうなのに、キャプスタンモーターが回っていない。
モーターへのコネクタが、AとBの2つあるので繋ぎ変えてみる。モーターAはどちらのコネクタでも回転するけど、モーターBはどちらのコネクタにさしても回転しない。どうやら、モーターBが死んでいるらしい。キャプスタンモーターは、再生してなくても電源が入っているときはずっと回りっぱなしなので、壊れていても不思議ではない。型番でググって1件ヒットしたけど在庫なしだった。

Dsc02105s

Dsc02106s

とりあえず、デッキBはあきらめて、デッキAを使うことにする。
ところが、なんか音がこもっている。明らかに高音が出ていない。ジャンクの説明に片方動作しないと書いてあれば、もう片方は動作すると勘違いするじゃない。でもこのひどい音質だととても動作するとは言えない。

ヘッドの調整をしようと思ってみたら、ヘッドの角度がおかしい。しかもオートリバースの再生方向を変えてもヘッドが回転しないことが判明。どうやらオートリバースのヘッドの回転機構もデッキABの両方とも故障しているらしい。

Dsc02111s

再生して音を聞きながら棒でつついて角度を修正してやると、カセットデッキらしいなつかしい音色が出た。ヘッドは毎回再生停止するたびにもとの変な角度に戻ってしまうので、そのたびに棒でつついて角度を修正してやらないといけない。

フロントパネルを外して下から覗いてみると、ヘッドを回転させる樹脂製のギアが割れて外れている。ピンセットでギアを動かすと、1mmくらいのベアリングのボールがぽろぽろと落ちてきた。さすがにここは修理は難しそう。

Dsc02116s

せめて、ヘッドをまっすぐに固定できればと思って、スポンジでヘッドを固定してみた。音を聞いてみると高音が出て、カセットデッキらしいいわゆるドンシャリの音が出るようになった。

Dsc02118s

ダブルデッキの片方だけ、オートリバースのフォワードだけなら、使えるようになった。でも巻き戻しは両方ともできるので、デッキAで再生が終わったら、デッキBで巻き戻しをしながら、次のテープをデッキAで再生できる。20年~30年前の手持ちのテープを聴いていたら、気が付いたら日付が変わっていた。

音質的には、カセットデッキとしてはこんなものだと思うので、これ以上の音質を求めてもしょうがないけど、欲が出てガラクタじゃなくてもっと良いカセットデッキもほしくなる。
当たりが出るまで修理して使えるかわからない安いジャンクを買い続けるか、ちょっとだけ高くてもそれなりに動作するのを1つ買うか迷うところ。

今回は2000円で十分楽しめた。次にジャンクのカセットデッキを買うときは、オートリバースはやめておこう。このダブルデッキは部品取り用にして、次は3ヘッドのを試してみたい。

追記:
見た目がきれいだったけど、ネットで調べたらもう30年も前のモデルだった。今組み立て中の328GTBとほぼ同い年。

2015年11月15日 (日)

ジャンクのサブウーハーを買ってみた

ジャンクのサブウーハー ONKYO SWA-V20Xを2980円で買ってきた。電源が入りましたと書いてあった。
Dsc02076

家に持ち帰って、コンセントをつないでみたけど電源がはいらない。そもそも、電源スイッチがどこにも見当たらない。SUBWOOFER CONTROLが怪しいことはすぐに想像がつく。SUBWOOFER CONTROL端子をショートしてみたけど電源が入らない。抵抗値は無限大なので単なるメカニカルリレーではなさそう。端子のキャパシタンスを測定すると、30pFと非常に小さい。
Dsc02073

ネットで調べたら、本体から制御するからスピーカー単体では使えないとの書き込みが数件あったけど、結論としては、SUBWOOFER CONTROLに単に電圧5Vを与えてやるだけで電源が入った。内蔵の6chのアンプはゲインも固定で、コントロール端子は電源をオンオフするだけみたい。IPODをSUBWOOFER INPUTにつないでみたけど、ローパスフィルタが入っているような感じはしない。重低音が出ている感じもしない。ゲイン調整と、周波数の分離が必要なので、これだけ買ってきてもあまり役に立たない。でも動作することはわかった。消費電力は、カタログ値が80Wだけど、無音時は18Wだった。
Dsc02078

次に、サブーハー出力のあるアンプにつないでみた。
ズンズン重低音を期待していたけど完全に期待外れ。この小さなエンクロージャーに重低音を期待するほうが無理なのかもしれない。サブウーハーに過度な期待は禁物という良い勉強になった。
用途としは小型スピーカーと組み合わせて省スペースのシステムとして使うのがよさそう。6ch分のアンプが内蔵されているので、小型スピーカーを追加で買ってきて、パソコンで5.1chを再生するのによいかもしれない。
(追記:低音が出ていないように感じたのは、ソース自体に重低音成分が含まれていなかったのかもしれない。)
Dsc02079

2015年11月14日 (土)

ハードオフで中古オーディオをゲット

ハードオフでONKYO D-152 と A-905TXの中古を買ってきた。まだ初心者なので、ジャンクではなくて3か月の保証付きを買ってきた。ちな、スピーカーが8k、アンプが7k。
Dsc02066

ウーハーの中心部の接着剤が黄化しているけど、エッジの劣化はないように見える。
Dsc02067

デジアンのA-905FXだったらよかったんだけど、こちらは旧式のアンプ。重いコーンのD-152を駆動するには力不足かもしれない。A-905FXは中古があったとしてもまだ安くないかもしれない。
Dsc02069s

アナログ部のパーツは非常に少なくてシンプルな回路。最終段は2SA1726と2SC4512のコンプリ。30分再生してもあったかくもないので、バイアス電流は小さそう。消費電力は、スタンバイで5W、パワーオンで10W、通常の音量ではほとんど変わらず10W、30Hzを再生したら30Wくらいまでいった。
Dsc02068

普段使っているこれらの上位機種のD-302とA933の音に慣れているせいか、予想以上に差は大い。アンプのせいかスピーカーのせいかはわからないけど、あまりぱっとしない。中低音はボンボン元気よく出ているけど、さすがにバスドラとか重低音は迫力不足。

このサイズなので、さすがにD-302の音は期待していなかったけど、普段PC用スピーカーとして使っているBose AM5にも負けている。逆に言えば、このAM5は設置スペースが小さいし、見た目以上に音が良くて、値段も手ごろなので、コストパフォーマンスは良いことが再確認できた。

初めての中古オーディオは、得したとも損したともいえない、値段相応の音だった。コレクションのつもりで買ったので後悔していない。良いものを安く手に入れる上級者の道はまだ遠い。

2015年11月 9日 (月)

久しぶりのプレステ

読めなくなったDVDドライブはピックアップの半固定抵抗を調整すると治るという動画をYouTubeで見たので、押し入れで眠っているDVDを読めないノートPCでやってみたらDVDを再生できるようになった。ただし、半固定抵抗の向きと角度は何度も試行錯誤して根気よく最適値を探す必要があった。

だったら、ジャンクのプレステを安く買ってきて試してみたいところだけど、安いジャンクにはコントローラーもケーブルも付属していない。物置を調べたけど、メモリカードとマザーボード以外は全部捨ててしまったようなので、しょうがないので、安くはないけど、全部そろった動作確認済みの中古をハードオフで買ってきた。

Dsc02055

ぼくの夏休み2で動作確認したら、ちゃんと起動できたけど、40インチのテレビに映し出されたドットの汚い画像に唖然。

ところが、問題が発覚。PlayStation2のソフトはちゃんと動作するが、PS1のソフトは、起動するがメモリカードを読めない。この薄型モデルって初代PSソフトとの互換性がなかったのか、単に故障なのかと思ってネットで調べてみたら、PS1用ソフトでPS2専用メモリカードは使えないことが判明。そんなことすっかり忘れてたけど、手持ちのPS2専用メモリカードにPS1のソフトのセーブデータがバックアップしてある。
必死に探したけど、PS2用は3枚見つかったのに、PS1用は見つからない。10年もたっているからしょうがないか。

Dsc02056

昔、FFXで100回連続で雷を避けるとか、むだなことを真剣に徹夜でやってた。

追記:
リユースショップで1枚100円のメモリカードを3枚買ってきた。アマゾンよりも安かったと喜んでいたら、そのうち1枚しか認識しない。Dsc02058

から割りして端子にコンタクトZを塗ってみたところ、1枚は復活、もう1枚はスロット1では認識しないがスロット2なら認識するようになった。
Dsc02061

財布に1万円札しかもっていなかったので、万札で300円の買い物は気が引けるので、一番価格の安いスケモを一緒に購入した。
Dsc02059

レジンの人形がついている。たぶん組み立てる時間はないと思うので、これは積み専用。
Dsc02060

その他のカテゴリー

1/100 リックドム MS-09RS | 1/12 Fairlady240ZG | 1/12 Ferrari 312T4 | 1/12 Honda NSR250 2001 | 1/12 Honda RC211V No.26 2006 | 1/12 Porsche 935 | 1/12 Williams FW14B | 1/12 YAMAHA YZR-M1 '04 No.17 | 1/12 YAMAHA YZR-M1 '05 No.46 | 1/12 YAMAHA YZR500 OW48 | 1/12 タイレルP34 | 1/20 Beneton Ford B192 | 1/20 Brabham BT46 | 1/20 Brabham BT46B | 1/20 Ferrari 312T2 | 1/20 Ferrari F10 | 1/20 Ferrari F2001 Full View | 1/20 Ferrari F2003 GA | 1/20 Ferrari F2012 | 1/20 Honda RA272 | 1/20 Lotus 25 | 1/20 Lotus78 | 1/20 McLaren Honda MP4-30 | 1/20 McLaren M23 | 1/20 McLaren MP4-13 | 1/20 McLaren MP4-27 | 1/20 McLaren MP4/4 | 1/20 McLaren MP4/5 | 1/20 McLaren MP4/5B | 1/20 McLaren MP4/6 | 1/20 Porsche 928s | 1/20 Red Bull RB6 | 1/20 Renault RE30B | 1/20 Sauber C30 | 1/20 Sauber C31 | 1/20 Tyrell Honda 020 | 1/20 Tyrrell 003 1971 | 1/20 Williams FW11 Honda | 1/20 Williams FW14B | 1/20 Williams FW14B 2nd | 1/20 Williams FW16 | 1/20 Williams FW24 | 1/20 タイレルP34 1976 | 1/20 タイレルP34 1977 | 1/20 タイレルP34 1977 US GP | 1/24 BMW Z4 GT3 2011 | 1/24 Castrol Tom's Supra GT | 1/24 Celica GT-Four | 1/24 Countach LP400 | 1/24 Dome-0(Zero) | 1/24 Fairlady S30Z | 1/24 Fairlady Z31 300ZX | 1/24 Ferrari 288GTO | 1/24 Ferrari 328GTB | 1/24 Ferrari 512BB | 1/24 Ferrari Enzo | 1/24 Ferrari F10 | 1/24 Honda New NSX | 1/24 Honda NSX Type R | 1/24 Honda Prelude | 1/24 Honda Prelude XX | 1/24 Honda S800 Racing | 1/24 Lancia Stratos | 1/24 Lexus LFA | 1/24 Lexus LFA Full View | 1/24 Mazda 787B No.55 | 1/24 McLaren MP4-25 | 1/24 Nissan R390 GT1 | 1/24 Porsche 935-78 | 1/24 Porsche 936-78 | 1/24 Porsche935 | 1/24 Subaru BRZ | 1/24 Subaru Impreza WRC2001 | 1/24 Toyota TE71 カローラ | 1/24 Wolf Countach | 1/35 King Tyger Ardennes front | 1/35 M106A1 モーターランチャー | 1/35 Tyger I Late Version | 1/35 戦車 | 1/350 H-II B ロケット | 1/6 Suzuki GSX1100S KATANA | 3Dプリンター | RaspberryPi | TDF-MRI マグマライザー | その他 | カブトムシ | ゲーム | ジャンクパーツ | パソコン・インターネット | ラジコン | 世界の昆虫 DATA BOOK | 和風ドールズハウス | 家を買う | 日記・コラム・つぶやき | 育児 | 資格 | 赤毛のアンの家 | 週刊マイ3Dプリンター | 週刊マクラーレンMP4-23 | 電子工作 | 音楽

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ