カテゴリー「1/20 Lotus78」の13件の記事

2011年7月 1日 (金)

1/20 Lotus78 ケース

黒のボディーはホコリが目立つのでケースに入れたい。
ダイソーのケースはちょっと小さくて入らないので、タミヤのケースを初めて買ってみた。
当たり前だけど、ピッタリだった。

あれ、左リアタイヤ浮いてる(爆)。
いつもは暗い部屋で蛍光灯の下で画像を撮っているけど、自然光だとちょっと違った雰囲気の画像が撮れた。
Img_7015 Img_7026b

高層階じゃないので、普段は戸もカーテンも閉めっぱなしなんだけど、
プラモの撮影にベランダ使えるな。でもベランダ掃除したほうがいいな。

2011年6月30日 (木)

1/20 Lotus78 完成

サイドパネルを取り付。
Img_6999

タイヤを取り付けて完成。シフトノブの所の出っ張りを忘れているけど。
もう黒のボディーとストライプのデカールはこりごりだけど、Type79の方が完成された
かっこよさがあるので、市場に在庫があるうちに買っておいて、
いつかType79の方も作ってみたい。
Img_7003 Img_7006

312T2(1976)、P34(1977)、Type78(1977)と、中年おやじの好物 3ショット。
312T2はボディーにまだ細かい傷が残っているので、今回入手したコンパウンドで研いてみる。
Img_7009

今月号のModelGraphixにドイツレベルF1の作例が3つ載っていたけど、
カーボンデカールにマクラーレンのメッキ調塗装など、超難易度高そう。
2010年のマシンはいまいちかっこ悪いなあと思っていたけど、ダブルディフューザ
とかFダクトとかの特徴もあるし、作らなくても良いから欲しくなってしまった。
てか、もうF10売ってない。W01はアマゾンで買えたけど。

2011年6月29日 (水)

1/20 Lotus78 ボディーの取り付け

研ぎ出しをしながらボディーを組み立てていく。ゴールまでもう少し。

リアウィングの組み立て。接着剤はセメダインSuperXGを使った。
Img_6971

ボディーの取り付け。瞬間接着剤で接着。やけに縦方向に長いボディーのように感じる。
Img_6962 Img_6959

サイドパネルの研ぎ出し。リベットのモールドがあってみがきづらい。
Img_6989_2

2011年6月27日 (月)

1/20 Lotus78 研ぎ出し

ペーパーの傷がなかなか消えてくれないので、粗、細、極細の3種類のコンパウンドを買ってきた。
すでに持っていた仕上げを含めて4種類のコンパウンドを粗いほうから順番に使った。
最終的にはクレオスの極細で細かい傷は消えてくれて期待通りの結果だった。
10枚付属の不織布が使いやすい。どこで買えるんだろう?
たけど、今度はほこりが目立つ。黒のボディーにケースは必須のよう。
多分ダイソーのケースには入らないのでタミヤのを買ってみたい。
Img_6918 Img_6954_2

メーターのデカールをデジカメで撮ってみてビックリ。こんなにいい加減だったとは。
ハセガワの312T2は同じ1/20のスケールでちゃんと(拡大すれば)数字が読めるのに。
もちろん、肉眼では両者の違いはわからないんだから問題ないんだけど。
Img_6927

ハンドルもデジカメで取ってみて初めてムラ(塗り忘れ)だらけなのがわかった。
もう視力の衰えが悲しい。
Img_6929

エンジンとシャーシを取り付けて、フロントサスを組み立てた。
ケース固定用のナットも取り付けて、シャーシの組み立てはほぼ完了。
Img_6916

2011年6月24日 (金)

1/20 Lotus78 デカール貼り

キットのデカールはJPSもGYもないので使えない。TABU Designのものを購入した。
最初に貼ったのがリアウィングで、ほぼ全体の1枚のデカールなのでこれは楽チン。
半年前はP34のelfのデカールですら気泡が入ったり敗れたりしていたのに、
これだけ大きなデカールが気泡なしで貼れるようになったのは進歩かもしれない。
Img_6890 Img_6900

ストライプは予想通りか、それ以上に難しかった。
難しさの種類が異なるが、Porsche935なみの難易度だった。
デカール自体は厚みがあり丈夫なのだけど、
これだけ細くて大きなわっか状のストライプはやっぱり切れた。
細いストライプをまっすぐ貼るのが難しい。ロゴとストライプが1枚のデカールだと楽なんだけど。
Img_6898 Img_6885

フロントの翼端板も調達したデカールと形状が異なることが今になってわかったので、
デカールに付属のエッチングパーツを使うことにして、キットの翼端板を切り離した。

追記:
翼端板を塗装し、デカールを貼った。ストライプとロゴが1枚のデカールなので楽チン。
Img_6901

2011年6月23日 (木)

1/20 Lotus78 ボディー塗装

クリア塗装してからデカールを貼ろうと思っていた。
日曜に黒塗装してからずっと湿度が高くて、今日になってようやく湿度が50%にまで下がった。
大慌てでクリア塗装。ようやくデカールが貼れる。
Img_6883

デカールを貼ろうとしたら、調達したデカールとキットの翼端版の形が違う。
エッチングパーツは使わないつもりだったけど、ここは使わざるおえないので、
翼端版の追加塗装をしないといけなくなった。
Img_6884

2011年6月22日 (水)

1/20 Lotus78 タイヤとホイールの組み立て

たまに天気が良い日はあるけど湿度が下がらない。
しょうがないのでホイールとタイヤの塗装。

ホイールのシルバーとゴールドの塗りわけをどうしようか考えていた。
ハセガワの312T2は塗りわけしやすい分割なのに、
このキットはその辺がまったく考慮されていない。
Img_6842

せっかくのピカピカのめっきを落とすのももったいないので、ゴールドを筆塗りすることにした。
ただ、めっきの上に塗料はのりにくいし剥がれ易いので、
下地としてプライマリーサーフェーサーを筆塗りしてみた。
効果があったのかどうかはわからない。
タイヤのGYロゴはロータス79用エッチングパーツのテンプレートを使用した。
312T2,M23,Type78と使ってきたので十分もとはとったと思う。
Img_6873

ドライブース(食器乾燥機ともいう)を導入して初めての電気料金明細が来た。
YAMAZEN YD-180 の消費電力は取説によると180Wと結構大きい。
今月は結構使用頻度が高かったにもかかわらず、今月の電気使用量は、
昨年より約10%も小さかった。
自分を含めて家族がテレビを見なくなったのと節電効果かな?

2011年6月19日 (日)

1/20 Lotus78 シートベルの取り付け

ボディー塗装で止まっているので、シートベルトの取り付けくらいしかできることがない。
近所の模型店で調達したタミヤのシートベルトキットを使用した。
紙のシールなので、耐久性は期待できないかもしれない。
Img_6859 Img_6861

昼過ぎにかろうじて湿度が55%になったときにようやくボディー塗装ができた。
しかし、その後また徐々に湿度が上昇して再び70%くらいになってしまった。

小1の長男用に1/32 オーナーズクラブのフェアレディ240Zをアマゾンで調達したら、
ほしいのはこれではなかったらしく激しく文句を言われてしまった。
ホンダのN360が欲しかったらしい。彼の趣味がわからん。
今回もボディー塗装を手伝って、内装は自分でやらせた。
汚い仕上がりだけど完成すれば本人は満足している。
ただ、親の作った悪魔のZを見て何でこんなにきれなの?と、仕上がりの違いには気づいているらしい。
Img_6867_2

2011年6月18日 (土)

1/20 Lotus78 ボディー下地

かろうじて湿度が55%の時にサフを吹いたが、今日は70%近いので、ボディー塗装はできない。
Img_6852 Img_6854

2011年6月17日 (金)

1/20 Lotus78 エンジンの組み立て(3)

カムカバーに、いかにもパイプをつなげてくださいっていうピンが出ている。
ウェブでロータス78の作例をググってみても、出てくるのは79の作例ばかり。
(実車画像ではなく模型の作例ばかり探しているのは邪道かもしれないけど。)
でもどうやらカムカバーとブレーキがパイプでつながっているらしい。
ようやく、先日買ったMFHのメタルメッシュホースの出番となった。
参考にした作例では、黒のジャバラホースだったけど、実車に忠実でなくても良い。
Img_6845b Img_6849

消火器とファンネル近くの円盤に、ウェブで見つけた他の人の作例をまねして
パイピングを追加してみた。
コネクターは伸ばしランナーで適当に作って、消火器のテグスは長女のものを拝借。
Img_6857b Img_6857c

ウィングステーもつけて、エンジンはほぼ完成。
エンジンの組み立てはメカニックエンジニアになった気分でたのしい。
次は苦手のボディー塗装といきたい所だけど、とても塗装できるような湿度ではない。
せっかくの週末は、また長男のプラモデルに付き合うしかない。
Img_6857

その他のカテゴリー

1/100 リックドム MS-09RS | 1/12 Fairlady240ZG | 1/12 Ferrari 312T4 | 1/12 Honda NSR250 2001 | 1/12 Honda RC211V No.26 2006 | 1/12 Porsche 935 | 1/12 Williams FW14B | 1/12 YAMAHA YZR-M1 '04 No.17 | 1/12 YAMAHA YZR-M1 '05 No.46 | 1/12 YAMAHA YZR500 OW48 | 1/12 タイレルP34 | 1/20 Beneton Ford B192 | 1/20 Brabham BT46 | 1/20 Brabham BT46B | 1/20 Ferrari 312T2 | 1/20 Ferrari F10 | 1/20 Ferrari F2001 Full View | 1/20 Ferrari F2003 GA | 1/20 Ferrari F2012 | 1/20 Honda RA272 | 1/20 Lotus 25 | 1/20 Lotus78 | 1/20 McLaren Honda MP4-30 | 1/20 McLaren M23 | 1/20 McLaren MP4-13 | 1/20 McLaren MP4-27 | 1/20 McLaren MP4/4 | 1/20 McLaren MP4/5 | 1/20 McLaren MP4/5B | 1/20 McLaren MP4/6 | 1/20 Porsche 928s | 1/20 Red Bull RB6 | 1/20 Renault RE30B | 1/20 Sauber C30 | 1/20 Sauber C31 | 1/20 Tyrell Honda 020 | 1/20 Tyrrell 003 1971 | 1/20 Williams FW11 Honda | 1/20 Williams FW14B | 1/20 Williams FW14B 2nd | 1/20 Williams FW16 | 1/20 Williams FW24 | 1/20 タイレルP34 1976 | 1/20 タイレルP34 1977 | 1/20 タイレルP34 1977 US GP | 1/24 BMW Z4 GT3 2011 | 1/24 Castrol Tom's Supra GT | 1/24 Celica GT-Four | 1/24 Countach LP400 | 1/24 Dome-0(Zero) | 1/24 Fairlady S30Z | 1/24 Fairlady Z31 300ZX | 1/24 Ferrari 288GTO | 1/24 Ferrari 328GTB | 1/24 Ferrari 512BB | 1/24 Ferrari Enzo | 1/24 Ferrari F10 | 1/24 Honda New NSX | 1/24 Honda NSX Type R | 1/24 Honda Prelude | 1/24 Honda Prelude XX | 1/24 Honda S800 Racing | 1/24 Lancia Stratos | 1/24 Lexus LFA | 1/24 Lexus LFA Full View | 1/24 Mazda 787B No.55 | 1/24 McLaren MP4-25 | 1/24 Nissan R390 GT1 | 1/24 Porsche 935-78 | 1/24 Porsche 936-78 | 1/24 Porsche935 | 1/24 Subaru BRZ | 1/24 Subaru Impreza WRC2001 | 1/24 Toyota TE71 カローラ | 1/24 Wolf Countach | 1/35 King Tyger Ardennes front | 1/35 M106A1 モーターランチャー | 1/35 Tyger I Late Version | 1/35 戦車 | 1/350 H-II B ロケット | 1/6 Suzuki GSX1100S KATANA | 3Dプリンター | RaspberryPi | TDF-MRI マグマライザー | その他 | カブトムシ | ゲーム | ジャンクパーツ | パソコン・インターネット | ラジコン | 世界の昆虫 DATA BOOK | 和風ドールズハウス | 家を買う | 日記・コラム・つぶやき | 育児 | 資格 | 赤毛のアンの家 | 週刊マイ3Dプリンター | 週刊マクラーレンMP4-23 | 電子工作 | 音楽

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ